「江ノ島小屋」構造形式スタディ その2

柱梁の架構形式の検討を進めています。前回、柱1本に梁2本を抱き合わせる案の検討を進めていましたが、今回は単純に梁を同じ間隔で並べる案です。梁のリズムが一定になり、前回に比べて軽快な雰囲気が出たように思います。最終的に今回は、こちらの方向で決定していこうと思います。ただし、この形式を採用する場合、柱梁を金物でどうやって緊結するかが問題になってきます。方向は決まったと云いながら、まだまだ検討事項は少なくはありませんので、ひとつづつ慎重に決めていきたいと思います。

構造形式スタディ 構造形式スタディ 構造形式スタディ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です