タグ:

「上越高田の家」平面スタディ

2018.05.05

「上越高田の家」施主さんとの打合せ内容を元に、平面案を練り直しています。一つの案だけでは、その案が本当に、施主さんの生活イメージに合った空間となっているかは分かりません。そこで前回の提案とは異なる方向性で改めて平面案をス …

「上越高田の家」平面スタディ

2018.02.16

「上越高田の家」現在、先日作成した周辺模型を眺めながら平面をスタディ中です。最近は図面をパソコン上で(つまり、図面作成ソフト=CADで)書く事が多いのですが、最初の段階だけは、敷地図の上にフリーハンドで描き始めます。 な …

「寺尾西の家」長いスパンで考えること

2017.07.08

たまたま近くを通りかかったので「寺尾西の家」にちょっと寄り道。こちらの住宅、2009年竣工ですので、改めて考えると竣工から7年半の時が過ぎているんですね。建築のプロジェクトは、始まってから終わるまで、短くとも1年、長けれ …

「ベーシックハウス」プレカット図チェック

2017.06.09

「ベーシックハウス」いよいよ現場での作業が始まりました。設計者は、基本的に設計図面を描くだけで、現場が始まれば後は黙って待つだけでよい、なんて事には当然なりません。現場の進行に先立って、様々な書類や施工図をチェックしてい …

「与板の平屋」実施図面、作製中

2017.05.30

「与板の平屋」模型によるプレゼンも無事終わり、プレゼンを行った当初の方向性は変えずに進めることになりました。が、当然そのままの平面で、という訳にはいきません。お住まいになる方も、模型や図面を見ることで、初めて具体的な生活 …

2世帯住宅を設計する上で最も大切なポイントは

2015.12.22

2世帯住宅の設計で最も大切なポイントは、世帯間(世代間)の距離を設定することです。2世帯と一言にいっても、その関係性は多種多様。距離の近い世帯もあれば、距離の離れた世帯もあります。100世帯があれば、100通りの解がある …

「上越高田の平屋」雪国で平屋を設計する際に考えたこと

2015.12.04

「上越高田の平屋」完成見学会に先駆け、設計コンセプトなどについて質問を受けましたのでこちらに再録します。雪国で平屋!?とお思いになるかもしれませんが、あちこちにアイディアを盛り込んだ、雪国らしい素敵な空間が出来上がってい …

調査鑑定書の作成業務について

2015.11.28

建築関係の訴訟や調停において必要となる「私的(調査)鑑定書」。私の事務所では、このような調査鑑定書の作成業務も行なっています。設計事務所といっても、建物の設計業務だけを行なっている訳ではないのです。現地調査や報告書の作成 …

「上越高田の平屋」製作家具のラフスケッチ

2015.11.27

「上越高田の平屋」家具の製作図面が現場より届きました。キッチンカウンターや洗面台、壁面収納など、今回は既製品を使わず、全て特注で製作を行ないます。カタログから既に出来上がった製品を選ぶ訳ではないので、仕上材やカウンター高 …

「上越高田の平屋」仕上材を決める際のポイント

2015.11.23

現場打合せのため「上越高田の平屋」へ。現場では天井や壁の下地材の取り付け工事の真っ最中。施主さんと現場の中を歩き回り、実際に空間の雰囲気を確認しながら、最終的な仕上げ材の色目や質感を決めていきます。 図面上で想像していた …

「岩室の家」町並みに溶け込む建ち方

2015.11.16

「岩室の家」の外観は、一見すると普通の家に見えるかもしれません。それくらい町並みに溶け込んで見えます。こちらの家の設計条件は「瓦屋根をのせること」でした。学生時代からモダニズム建築を学んできた私にとって、この設計条件は非 …

「ぎんなん保育園」保育園を設計するにあたって考えたこと

2014.01.28

ぎんなん保育園の建て方作業。すべての梁が組み上がり、無事に上棟を迎えました。力強い構造梁に支えられた、木造の大空間。中に入ると理由無く、そのスケール感に圧倒されます。大屋根の下には、曲面壁に囲われ、流れるように奥へ奥へと …

模型をつくること

2013.05.01

エスキスで大まかなのプランの方向性を決めた後は、 1/100模型を作りながらプランの詳細を詰めていきます。 空間の繋がり方や部屋同士の見え方など、2次元の平面図では見えてこなかった 色々な事象が3次元の模型を作ることで見 …

設計エスキスとは

2013.05.01

平屋住宅のプランをスタディ中。 パソコンで書いたベース図面の上に、トレーシングペーパーを敷いて、 その上から、いろんな色のペンでイメージを書きこんでは消し、 消しては書きという作業を繰り返していきます。 この作業を、設計 …

燕ぎんなん保育園 スタディ模型の内部

2013.04.24

円形壁に囲まれた柔らかな空間。 実際にどんな空間になるのか、スタディするために模型を作成中。 局面壁を建て込んで、模型の中を覗いてみます。 そこには、既存にある空間とは全く異なる、とても楽しく創造的な空間が現れていました …

燕ぎんなん保育園 平屋案スタディ

2013.04.22

燕ぎんなん保育園計画。 2階建て案を検討してきましたが、最終的には、平屋案に戻す方向に。 2階建て案では、1階と2階の子供が離れてしまい、触れ合う機会が少なくなること。 また非常時の避難のし易さという点で、平屋案の方が避 …

2世帯狭小住宅 模型作成

2013.01.13

プランスタディで大まかな方向性を決定した後は、 模型を作りながら、考えを進める。 私の場合、空間構成の検討を進めていく際、 平面図を書きながら検討をするよりは、 模型を作りながら検討をしていくことが性に合っているのか、と …

2世帯狭小住宅スタディ

2013.01.08

狭小住宅をスタディ中。 さらに条件が一つ、加わりました。 親世帯、子世帯が同居する「2世帯住宅とすること」 生活時間帯や趣向が異なる世帯(世代)が同居をしていくためには、 お互いが気にならない適度な距離感を実現することが …

狭小住宅スタディ

2012.12.24

狭小敷地に住宅を建てるプロジェクトが始まりました。 まずは、間口4m×奥行き12mのいわゆる うなぎの寝床と呼ばれる敷地でプランを考え中。 道路面以外の3方向からの採光が期待できないため、 トップライトからの光を階下へと …

燕ぎんなん保育園 2階建て案スタディ

2012.11.20

燕ぎんなん保育園計画。 保育園スタッフと打合せを行い、要望や意見を反映し、 プランを作り直し、再び打ち合わせ、という工程を何度も何度も繰り返す。 今回のプランスタディで13案目。 現在は、2階建て案を検討中。 園舎プラン …

「鵠沼のオフィスリフォーム」仕上材の質感で変わる空間の雰囲気

2012.11.19

仕上げサンプルを睨みながら、製作家具図の確認中。家具面材の着色した風合いと他の内装材とのバランスを考えながら、最終的な仕上材の色を決めていきます。 仕上げ材の質感や色目は、スケール感とともに、空間の雰囲気を決めるのにとて …

鵠沼の家 1/50模型

2012.11.12

こちらは、内部の空間スケールを検討するために作った1/50模型です。 設計図面というものは2次元ですが、私たちが実際に設計しているのは3次元の空間です。柱梁などの構造体やサッシ、仕上げ材などの物質を組み合わせることで空気 …

診療所リフォームの提案

2012.07.25

友人より相談を受けた診療所のリフォーム計画。 エントランスと受付スペースの印象を、がらっと変えたいとの要望。 患者さんがリラックスして診療所を訪れる雰囲気が作れないか、と。 さっそく内装模型を作って、雰囲気をシュミレーシ …

「鵠沼のオフィスリフォーム」空間という抽象的なモノを共有するために

2012.07.20

オフィスの改装提案。今回はインテリア、つまり、内装の改装提案のため、いつもより模型をスケールアップして作製しています。家具などもより精巧に作り、スケールを確認していきます。打合せではクライアントにも模型の中を覗いてもらい …

そりっどハウス 季節とともに変化する空間

2012.07.07

打合せのためにそりっどハウスへ。 ちょうど夕陽が差し込んでいる。 ほんの一瞬、家の中がオレンジ色の空気に包まれる。 季節や時間の移り変わりに従い、表情を変えていく空間。 変化しない建築というものに、太陽が生命力を吹き込ん …

「花ノ牧の2世帯住宅」スタディ模型作成

2012.06.18

現在、基本設計を進めている住宅のスタディ模型を作製中です。2次元で書いた平面図を、模型として3次元に立ち上げてみることで次々と見えなかったことが見えてきます。光の入り方や空間のスケール、視覚的な繋がり、各部屋同士の関係な …

東三条まもる眼科 模型作成

2012.04.26

今週末の完成見学会に向け、東三条まもる眼科の模型を作成中です。 検討(スタディ)模型ではなく、完成模型ということで、内部の仕上げの質感や、家具まで出来る限り正確に実際の建物と同じ表情となるよう、作り込んでいきます。 最後 …

東三条まもる眼科 アフォーダンスをデザインに

2012.04.09

東三条まもる眼科。いよいよ内装工事も終了がみえてきました。仕上げ工事はほぼ完了し、後は細かい納まりを調整するのみです。こちらの建物、各部屋の壁仕上げが異なっているのが特徴です。 暗検査室は、濃いグレーの左官仕上げ。 診察 …

そりっどハウス 包容力のある建物を

2012.04.02

そりっどハウスへ。 「そりっど=無垢」というだけあって、こちらの住宅、素材で溢れています。 外壁のレッドシダー張りや墨モルタル塗り、 内部の無垢カウンターや無垢フローリングなどなど。 自分の設計する建築は、本当に様々な素 …

東三条まもる眼科 スタディ模型作製

2012.03.15

東三条まもる眼科は工事は着々と進行しています。 工事に平行して設計では、最終的な受付カウンターの形状を決めるための模型を作製中です。 何パターンかのカウンター模型をつくり、模型の中に置き、何度も覗いては、少しづつカタチを …

松庵の家 様々な角度・方向から樹々の緑を楽しむ家

2012.02.01

今日から2月。 気がつけば、年が明けて、もう1ヶ月が過ぎています。 「松庵の家」の工事も残すところ、あと数週間。 工事が進み、建物の全貌だいぶ見えてきました。 こちらの建物、既存の敷地内に多くの樹木があったため、 その樹 …

東三条まもる眼科 ロゴ検討

2011.08.27

東三条まもる眼科の設計打合せのため、新潟へ。 建物プランも概ね決定し、打合せの内容は、内部仕上げの仕様など、 更に詳細な方向へ話が進んでいく。 設計打合せの合間に、ロゴのデザインの方針を検討。 今回のロゴやHPのデザイン …

東三条まもる眼科 打合せ

2011.07.09

新潟県、東三条駅前に計画中のまもる眼科。 今日は、敷地周辺の模型を眺めながら、クライアントと打合せ。 敷地模型を上から眺め、互いに意見を交わす。 模型を目の前にすると、敷地に立った視点(印象)とは、 また違った視点を得る …

千葉大の設計授業へ

2011.05.31

先日、千葉大2年生の設計授業に参加してきました。 生徒にとっては、ほぼ初めての住宅設計。 一人一人からプレゼンを聞き、率直な感想を伝えていきます。 相手に何を伝えればよいか。一つ一つ言葉にして伝えることで 自分の普段思っ …

現地調査

2011.05.24

計画地を訪れる。 敷地周辺の交通量や人通り、街の雰囲気や音など。 建物を構想する前には必ず現地を訪れ、 住宅地図や検索したデータでは掴めない情報を自分の体で確認する。 車を降りその街を実際に歩いたり、人と話をしてみたり。 …

穀町の家 リフォーム打合せ

2011.05.12

友人から住宅リフォームの依頼があった。 早速、友人宅を訪れ、打合せ。 図面を眺めながら、ヒアリングをし、 図面に色鉛筆で要望を書き入れていく。 話すこと、手を動かすことで、思考が整理されクリアになっていく。 図面を見るこ …

スタディ模型製作

2011.04.03

現在、実施設計中の住宅のスタディ模型を製作中です。図面すべてを、CAD(パソコン上)で作図し、施主とのコミュニケーションはメールで行うようになった今でも、模型製作だけは、未だにローテク。カッターでパーツ一つ一つを紙から切 …

「松庵の家」樹々とともに暮らす家

2010.12.18

先日、新たに家を建てたいというご夫婦が事務所にいらっらいました。取りとめのない話しの中から、ご夫婦の人となりを自分なりに想像しながら、平面 をスタディをしています。どんな暮らしを求めているのか。普段、どんな時間を過ごてい …

「松庵の家」現地調査

2010.11.16

「松庵の家」プロジェクトがスタートしました。クライアントへのヒアリングを兼ねて早速、現地調査にいってきました。 敷地内には、空へと手を広げるように、先祖代々の樹々が堂々と立ち並んでいました。サクラ、紅葉、白樺などなど。住 …

「亀田東町のコートハウス」引き算のデザイン

2010.10.27

「亀田東町のコートハウス」も、いよいよ完成間近です。オープンハウスで、ある設計者から指摘されたのですが、私の設計した建物はどうやらディテールの繊細さにポイントがあるようです。確かに図面を書き進める際には、ごちゃごちゃとし …

亀田東町のコートハウス 実際に部屋の中に立ってみること

2010.10.18

亀田東町の家もいよいよ完成間近です。本日は、中庭に木の塀を建て込む工事を行なっています。 施主さんと一緒に実際にリビングの中に立ち、板の張り方や塀の高さなどを最終決定していきます。部屋の中に立ってみて、外には何が見えるの …

燕のギャラリーハウス その場所に実際に建つこと

2010.06.03

燕市長渡。プランニング中の住宅の建設予定地へ。 隣家との位置関係や、視線の抜け、陽の当たり具合など、 実際に敷地に立ち、その土地の雰囲気を体で感じ取る。 図面で書いた平面を、原寸で敷地に水糸を張って位置を確認する。 位置 …

「矢代田の家」H型平面プラン

2010.03.12

施主さんとのヒアリングを重ね、いよいよ最終案へと近づいてきました。 上から見るとH型平面となっています。LDKが納まるパブリックな平屋棟と個室を納めた2階建てのプライベート棟が並び、玄関エリアで2つの棟が繋がるという構成 …

「矢代田の家」プランスタディ

2010.02.01

矢代田の家のプランを再度検討中。 先日の打合せで施主さんから再度要望を受け、平面を調整中。プレゼンしたU字型平面のままでは全ての要望を満たすことは難しそう。今までの案をリセットし、まったく違ったアプローチから平面を検討し …

「矢代田の家」現地調査

2009.12.31

「矢代田の家」で住宅プロジェクトがスタートします。今日は大晦日。ですが時間を作って、敷地状況を確認するため、現地へと行ってきました。 実際に敷地に立って、その方角からどんな風景が見えるのか、どんな音が聞こえてくるのか、な …

ベーシックハウス07 こだわりを持つこと

2009.08.13

ベーシックハウス07。 コストを抑える色々な工夫を盛り込んだ住宅なのですが、 今回、外壁材に選んだのは、杉板貼り。 決して、安い材料ではありません。 合理化できるところは徹底的にコストを抑え、 こだわるところにはしっかり …

「見附の2世帯住宅」立体的な検討

2007.09.15

「見附の2世帯住宅」真ん中に中庭を配置するという方針は決まったのですが、その廻りを取り囲む各部屋の配置をどうするか、検討を進めています。玄関や浴室などの共用部分を介して一筆描きのように両世帯を繋げること、かつ、両世帯の生 …

「見附の2世帯住宅」プランスタディ

2007.07.02

「見附の2世帯住宅」施主さんの要望を踏まえ、平面をスタディ中です。周囲3方を建物に囲われた敷地。どのように採光と通風を確保するか、世帯ごとのエリアをどのように配置するか、考えれば考えるだけ、平面パターンが浮かんできます。 …