タグ:

「ベーシックハウス」自然素材仕上げ

2017.10.07

「ベーシックハウス」内装壁の塗装工事が完了しました。今回、壁塗装に採用したのは、ほたて貝殻塗装です。ほたての貝殻を焼成して作られた塗料で、漆喰壁と同様、調湿性、消臭性など機能があります。原料が天然素材ですので、シックハウ …

「江ノ島小屋」自然素材の耐候性

2017.06.16

「江ノ島小屋」こちらの建物、台風ともなれば屋根の上から波をかぶる程、海に隣接した敷地に建っています。潮に対する耐候性を考慮し、外壁にはパイン(松)の板を張り込んでいます。ステンレスでさえも、数年で腐食してしまうようなハー …

「新潟浦山のコートハウス」自然素材の風合い

2016.04.23

「新潟浦山のコートハウス」に、おじゃましてきました。つい先日、引き渡しをしたと思っていたのですが、気がつけばもう一年になるのですね。時が経つ早さに驚いてしまいます。設計という仕事は、最初の相談から竣工まで早くて1年、長い …

「上越高田の平屋」漆喰壁塗装工事

2015.12.24

「上越高田の平屋」内装壁の塗装工事に入りました。壁仕上げには、漆喰塗装を採用しました。つや消し仕上げのようなざらっとした質感が特徴です。室内に差し込んだ光が白い壁に反射して、部屋全体を明るく照らしています。下地ボードだっ …

「新潟浦山のコートハウス」ブックマッチのフローリング

2015.10.15

「ブックマッチ」という言葉、皆さんは聞いたことがあるでしょうか?建築や家具業界で、もともと1枚の板材を2枚にスライスし、両側に開いた状態の木のことを云います。左右に開いて置いた本のようであることからこのような名称がついて …

「岩室の家」6年目の杉板外壁の表情

2015.08.17

岩室の家の外壁は杉板貼りです。鉋を掛けずに板加工したままの杉板を塗装せずに外壁に張り込みました。竣工当初は肌色に近い明るい杉の色目は、6年の時を経て、落ち着いた灰色へと表情を変えていました。灰色の外壁が庭木の緑の背景とな …

新潟浦山のコートハウス 欅(けやき)洗面カウンター完成

2015.02.28

施主さんが自ら選んだ無垢の欅(けやき)板。加工を終えて現場へと据え付けられました。やや赤みの強い欅に黒の洗面器を合わせています。空間の所々に存在感のある無垢材を取り入れることで、日常生活にメリハリが生まれてくるのではない …

新潟浦山のコートハウス 足裏感覚をデザインする

2015.02.26

新潟浦山のコートハウス、大工工事はほぼ片付き、床を養生(保護)していた板が外されました。一旦床に貼ったフローリングは工事の途中で傷がつかないよう工事の最後まで保護材で隠してしまいます。今まで雑然としていていた現場が、床材 …

新潟浦山のコートハウス ホタテパウダー塗装仕上げ

2015.02.20

現場では壁の塗装工事が進んでいます。壁の仕上げは、私の事務所で定番となっているホタテパウダー塗装仕上げ。ざっくりとした独特の質感も良いのですが、塗装後の石油系のいやな匂いがしないのもこの材料を選定している大きな理由。塗装 …

「長岡希望が丘の平屋」ホタテパウダーの白壁塗装

2014.09.05

「長岡希望が丘の平屋」、壁塗装が完了しました。壁が白く塗られると、室内が急に明るくなったように感じます。今回、壁仕上げに採用したのはホタテの貝殻を砕いて焼成した塗料。ざらっとした独特の表情が窓から入る光を柔らかく反射し、 …

ベーシックハウス07 杉板外壁の経年変化

2014.05.29

ベーシックハウス07の外壁に貼られた杉板。 こちらの外壁は、杉の経年変化を楽しむため、敢えて塗装はせず、そのまま素地仕上げで貼られています。竣工から約5年。杉貼り外壁がどのように変化したか、確かめにいってきました。竣工当 …

「東三条まもる眼科」レッドシダー外壁の経年変化

2014.01.29

東三条まもる眼科。竣工から1年半の時が経ちました。こちらの建物の外壁は、レッドシダーで仕上げてあります。竣工した当初の濃茶に塗装されていたカッチリした表情とは異なり、程よい感じで色が抜け、なんだか優しい表情になっていまし …

「松庵の家」漆喰塗装仕上げの質感

2012.02.22

「松庵の家」最終段階に入った現場チェックに。こちらの現場も、竣工まで残すところ1週間となりました。現場では最後の追い込みとあって、あちこちに職人さん達が入り乱れて、作業中。その間を縫いながら、現場監督と一部屋づつ廻って、 …

岩室の家 再び小国和紙へ

2009.04.09

小国和紙生産組合を再び訪れ、岩室の家に使う和紙を追加購入。さらに生産組合の今井さんからは、紙に漉き入れる杉皮繊維のほぐし方を教わりました。今回、この杉皮繊維を壁に塗るホタテパウダーへ塗り込もうと考えています。杉皮入りの障 …

岩室の家 小国和紙 手掻き和紙工場へ

2009.04.01

岩室の家の障子戸へ張り込む手掻き和紙を購入しようと長岡市小国町へと車を走らせる。新潟県内で手掻き和紙といえば、小国和紙と門出和紙が良く知られています。小国和紙生産組合を訪れ、代表の今井さんに手掻き和紙作りの行程を一つ一つ …

岩室の家 新潟という風土に合った素材とは?

2009.02.13

朝から岩室の家の現場へ。外壁工事がそろそろ終盤に差しかかっています。外壁にはスギ下見板貼り、屋根には安田瓦。新潟という地域に昔からあった素材を採用したことで、まるで以前からあった建物のように周囲の環境と馴染んでいます。こ …