タグ:

「ベーシックハウス」建て方作業

2017.07.14

「ベーシックハウス」いよいよ建て方が始まりました。「建て方」とは、工場で予め加工を施した柱梁を現場に搬入し、クレーンを使って組み上げていく作業のことを言います。今まで基礎しか無かった場所に突如、建物の骨組みが現れていく瞬 …

「与板の平屋」コンクリート受入れ検査

2017.06.29

「与板の平屋」いよいよ基礎コンクリート打設です。鉄筋を組み込んだ型枠の中へコンクリートを流し込んでいきます。 モルタルと水、砂利、砂を混ぜ合わせたジェル状のどろどろのコンクリートを生(なま)コンクリートと呼びます。生とい …

「与板の平屋」地盤改良工事

2017.06.19

「与板の平屋」基礎の掘削工事が始まりました。工事に先立って地盤調査を行った結果、地盤面下数m付近まで軟弱地盤が確認されたため、地盤改良を行っています。 今回地盤改良に採用したのは、木製杭を一定の間隔で打ち込む改良工法。セ …

「上越高田の平屋」表情を豊かにする外壁板金の張り方

2015.11.18

「上越高田の平屋」年末の完成まで、後1ヶ月を切りました。先日まで暑い暑いといって汗をかいて現場作業していたのが、気がつけば朝夕、肌寒ささえ感じるようになりました。ここ上越は新潟県内でも雪の多い地域。例年であれば12月にな …

「新潟浦山のコートハウス」ブックマッチのフローリング

2015.10.15

「ブックマッチ」という言葉、皆さんは聞いたことがあるでしょうか?建築や家具業界で、もともと1枚の板材を2枚にスライスし、両側に開いた状態の木のことを云います。左右に開いて置いた本のようであることからこのような名称がついて …

上越高田の平屋 伝統的な建築技法

2015.09.21

上越高田の平屋、継ぎ手(接合部)の写真です。梁の側面から小さな木の棒が飛び出ているのが見えるかと思います。こちらは「込み栓」と呼ばれるものです。 柱と梁の接合部は、ホゾと呼ばれる差し込み穴と差し込み口によって組み合わされ …

上越高田の平屋 棟上げ

2015.09.19

上越高田の平屋、建て方工事が進行中です。既に加工を終え現場に運ばれた柱梁などの材料をクレーンで吊り上げ、組み立てていきます。複雑な角度で取り合っている材料同士がスポッと気持ちよく嵌まっていきます。(この建物には直角で納ま …

上越高田の平屋 板描きと墨付けと手刻み

2015.09.16

上越高田の平屋。大工さんの加工場へ打合せにいってきました。近年、柱梁や垂木などの構造材の加工はプレカット工場と呼ばれる機械加工工場で加工をすることが主流となっています。パソコン上で図面を作成すれば、その図面を機械が読み取 …

上越高田の平屋 仕口原寸模型

2015.08.11

上越高田の平屋。現場配筋検査の後、加工場へ移動して大工さんと打合せ。今回の建物はクネクネと角度を持って折れ曲がっている平面形状をしています。そのため、直角で交わらない部分が各所に現れてきます。取り合いが直角で無い上、更に …

ぎんなん保育園 曲面納まり加工

2014.03.28

ぎんなん保育園、改築工事現場へ。 現場では床フローリングの張り付け工事の真っ最中。 壁が曲面を描いているため、床材の切断角度は一定ではなく、 取り合う部分によって様々な角度で加工をしなければいけません。 職人さん達が一枚 …

「東三条まもる眼科」基礎配筋工事

2011.12.29

定例打合せのために「東三条まもる眼科」の現場へ。冷たい雨の降る中、職人さんたちが黙々と鉄筋を組んでいます。年上の職長が、若い職人に鉄筋の組み方を細かく教えています。 「鉄筋の定着長さってのは、な、、、」 「だめだめ。番線 …

「矢代田の家」ちょうな(手斧)仕上げ柱

2010.07.08

「矢代田の家」の加工場へいってきました。現場から施工を請け負っている新発田屋までは、車で20分。加工場では、明日建て込む屋根垂木を大工さんが加工中でした。設計図面を確認しながら、1つ1つ垂木を釘で留め付けています。 今回 …

「矢代田の家」少し角度を振った基礎

2010.07.08

矢代田の家の現場へ。 現場では基礎工事が完了し、明日の棟上げに備えて すでに土台が敷き込まれていました。 今回の建物は2棟の建物を、10度角度を振って並べた配置としました。 そのため、土台にも微妙な角度の取り合いが現れま …

「柳橋のコンクリートボックス」型枠建て込み工事

2007.12.15

鉄筋コンクリート造の作り方って、皆さんご存知でしょうか?鉄筋コンクリート造の現場の中に入る事は稀でしょうから、現場の中を紹介します。 コンクリートは固まると強固な物体となりますが、固まる前はどろどろの泥のような半液体状態 …

「柳橋のコンクリートボックス」基礎配筋工事

2007.12.14

「柳橋のコンクリートボックス」工事は着々と進んでいます。現在、3階床の鉄筋を組んでいるところです。敷地の両側とも隣地建物がぎりぎりまで迫っています。隣地外壁との隙間は約50センチ。その隙間に足場を立て、型枠の建て込みを行 …

「柳橋のコンクリートボックス」基礎配筋工事

2007.10.26

「柳橋のコンクリートボックス」基礎配筋工事が始まりました。改めて見ると本当に、敷地いっぱいいっぱいに建物が建ち上がるということが分かります。敷地境界ぎりぎりまで鉄筋が組まれているのが見えています。 この狭い隣地との隙間に …

「柳橋のコンクリートボックス」屋根配筋工事

2007.01.18

「柳橋のコンクリートボックス」屋根の配筋工事のチェックをしてきました。いよいよ今回が、最後のコンクリート打設となります。設計図面通りに鉄筋が配筋されているか、メジャーを当てて鉄筋の太さ、間隔、継ぎ手寸法などを確認していき …

江ノ島小屋 大型ガラス「気合い」の取り付け作業

2005.07.08

江ノ島小屋の河川に面した側は、景観を臨むために全てガラス面となります。柱の他は全てガラス面で構成されます。今日は、そのガラスを留め付ける工事が行なわれています。こちらの複層ガラス、高さが2.6mもあるので、かなりの重量に …

江ノ島小屋 柱梁の仕口納まり

2005.05.25

江ノ島小屋、建て方工事が始まりました。今回、柱梁を通常とは異なる組み方をしているため、上手く作業が進むか心配していましたが、思った以上にスムーズに作業が進んでいます。先日ブログに書いた特殊形状の仕口金物も難なく納まり、ほ …

江ノ島小屋 特殊形状金物の登場です

2005.05.23

建て方工事を目前に控えた、江ノ島小屋。土台の設置工事が行なわれています。で、こちらの写真の金物、なんだか分かりますか?普通の木造の現場では、目にすることは無いかと思います。 こちらの金物、上の写真は柱の下部に取付けるのに …