CONCEPT 1

建てたい家は、カタログの中にありますか?

カタログだけで選ぶ家づくりに違和感を感じている方へ

渡されたカタログの中から選ぶ。選択肢は本当にそれだけでしょうか?無垢材のさらっとした手触りが好みだったり、漆喰のざらっとした表情が好みだったり。十人十色、みんな好みは異なります。自分にとって居心地よい空間を作るために、もっと多くの選択肢の中から自分に合った素材を選びたい。そんな自由がもっとあってよいと思います。

CONCEPT 2

快適な空間を探すお手伝い。それが設計の仕事。

どんな空間が合っているか、一緒に探しましょう。

設計事務所というものは現実にカタチになる前に、空気感や雰囲気を依頼者と共に探しているのです。最初からこのような間取りがほしいと、はっきり分かっている方であれば、設計を頼む必要は無いのかもしれません。依頼者がどのような空間にいるときに心地よいのか?どのような空間を求めているのか?を探すお手伝いしていく。それが設計の仕事だと思っています。

CONCEPT 3

何気ない会話の中にヒントがあるはず。

たくさん聞かせてください。あんなコトやこんなコト。

最初からこういう風したいと、明確に答えられる方は少ないと思います。まだイメージが固まっていない段階でも、気兼ねせず、なんでもお話ください。
具体的な建物の話だけでなく、普段考えていることやどこかに旅行した時の話、また趣味や料理の話など、いろいろ聞かせてください。その話の中にきっと、心地よいと感じる空間への大事なヒントが隠れているはずです。

CONCEPT 4

あなたの「快適」をつくるのは、あなたです。

出来るだけ分かりやすく、イメージ共有を。

残念ながらわたしは占い師ではなく、設計士ですので、依頼者と何度か会っただけで「あなたにとって快適な家はこんな家です」と断言することはできません。設計図面や模型などのコミュニケーション手段を使って、イメージを共有していこうと考えています。何度も話し合い、皆さんにとって快適な暮らしを見つけられればと思っています。