カテゴリー: 照明

「花ノ牧の2世帯住宅」黒皮スチール製照明器具

「花ノ牧の2世帯住宅」のダイニングテーブルの上には、黒皮スチールで製作した照明器具が吊り下がっています。トーンを抑えた室内の雰囲気に合った照明器具が、既製品ではなかなか見つからなかったため、特注製作してみました。

黒皮仕上げの艶やかな黒い箱。黒皮鉄板をそのまま溶接して製作しているためか、見た目からもその重厚な雰囲気が感じられます。所々に溶接跡が残る無骨な作りですが、その荒々しさがかえってこの空間に合っているような気がします。薄いアルミで作ったものとは、やはり存在感が違います。

照明器具の上部は箱状に加工してあるため、照明器具の上に様々な小物やグリーンを置くことができるようになっています。こちらのお施主さんは照明の上にグリーンを置いて、空間をアレンジしていました。飾る小物でまた違った雰囲気を作り出すことができそうです。

黒皮スチール照明 黒皮スチール照明 黒皮スチール照明

「矢代田の家」杉板+黒皮鉄板製の手作り照明器具

「矢代田の家」のダイニング照明器具は、大工さんによる手作りです。この空間に馴染む照明器具を照明メーカーで探しましたが、既製品のメーカーではなかなか良いものが見つかりませんでした。それなら、いっそ作ってみてはどうか、と考えて製作図面を描いたのが、こちらの照明器具です。

天井に張った杉板に合わせて、側面には杉板、端部にはポイントとして黒皮スチール板を組み合わせました。シンプルで、ほどよい存在感のある照明器具ができあがりました。杉の柔らかな表情とスチールの硬質な質感。素材のコントラストを強調したデザインです。

落ち着いた雰囲気を作り出すため、照明をやや低めに設置して、明かりの重心を下げています。

100
101
102

矢代田の家 杉板とスチールで作る照明

矢代田の家では今回、照明も木を使って製作してみました。
既製品の中からいろいろと探してみましたが、
シンプルでありながら、格好の良いものが見つからず、
オリジナルでデザインして作ってみることに。
材料は、杉の柾目板と黒皮スチール板。
大工さんが一つ一つ丁寧に加工して組み立てていきます。
果たしてどんなものが出来るのか。楽しみです。

100 101