カテゴリー: 2012 鵠沼のオフィスリノベーション

鵠沼のオフィス 大人の隠れ家のようなオフィス空間

昨年末に内装工事が完了し、引き渡しを行った鵠沼のオフィス。
無事事務所の引っ越しも終わり、少し落ち着いてきたということで
竣工写真の撮影に伺ってきました。
表情のあるタイルや、ざっくりとした布クロス貼仕上げがとても印象的で、
しっとりとした落ち着いた空間となっています。
オフィスというと、ついつい書類が積み上がった
効率的で真っ白な空間をイメージしてしまいますが、
このような大人の隠れ家のような、ちょっとひっそりとした
落ち着いた雰囲気のオフィスというのも、また魅力的ではないかと思います。
ここにいるだけで創造力が広がり、いろいろなアイディアが生まれてきそうです。
小型で高性能なパソコンが普及し、データ通信速度が飛躍的に向上したことで、
現代のオフィスに求められている労働の質は、
経理や発注などの情報を処理する効率的労働から
生産的で創造的な労働へと変化しつつあるように感じます。
そのような時代の流れから考えると、今後は鵠沼のオフィスのような
創造力・発想力を刺激してくれるオフィス空間が求められていくように感じています。
鵠沼のオフィス

011 102 103

鵠沼のオフィス 物が置かれてはじめて生命力を持つ空間

鵠沼のオフィス改装工事。
無事に工事が完了し、引き渡しを行いました。
年末ということもあって、引き渡しと同時にオフィスの引っ越し作業。
次々と書類やパソコンなどが運び込まれました。
様々なもの達が運び込まれるに従い、
何も無いガランとした殺風景な空間が、生き生きとした空間へと変わっていきました。
モノが何も無い、静的な空間も確かに良いのですが、
私自身は、ものが置かれて初めて生命力を持つような
動的で強度のある空間が好みなのだなあと、改めて感じました。
引っ越しでばたばたしていたため、竣工写真の撮影は改めて、後日。
まずは、クライアントの皆さん、工事関係者の皆さん、
お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。
鵠沼のオフィス竣工写真はこちら

001 002 004

鵠沼のオフィス 圧迫感を軽減する天井格子

現場は天井造作工事の真っ最中。
もともと、このスペースは天井高が低くやや圧迫感がありました。
その圧迫感を軽減するため、天井には格子ルーバーを採用しました。
一旦、天井仕上げを解体し、天井高さを稼ぎ、
その後、配管等を隠すため木製ルーバーを設置します。
ここで、トラブル発生。
現場に届いた木製ブラインドが発注していた寸法よりも大きくて、納まらない。
新築とは異なり、リフォームの現場は、既存の建物に合わせて工事を行っていくため、
図面に書いた寸法通りには納まらないことがあります。
よって、現場で確認し、微調整をしていくことが大事。
また、工種や職種も多岐にわたるため、連絡事項の伝達確認が重要となります。
現場で協議した結果、残念ながら今回はブラインドの製作直し。
竣工目前。問題がこれ以上起こらないことを祈るばかり。

001 002

鵠沼のオフィス モザイクタイル張り柱の存在感

引き渡しまで残り1週間。
現場は造作工事の真っ最中。
工事工程上、何か漏れが無いか、ひとつずつ最終工程を確認。
いよいよラストスパート。
今回はタイルを多用し、内装を仕上げています。
モザイクタイル張りの柱が存在感をもって仕上がっていました。
どんな雰囲気のオフィスになるか、最終仕上がりをお楽しみに。

001 002 003

鵠沼のオフィス 布クロスのざっくりとした仕上がり

鵠沼のオフィスの現場へ。
先週に引き続き、内装工事が進行中。
壁と床にはタイルが貼られ、
そのすぐ隣ではクロス屋さんが天井にクロスを張り付け中。
ラフな表情のタイル壁と布クロスの質感が相まってざっくりと、とても良い感じ。
職人さんの作業の合間をぬって、細かい納まりを最終確認。

001 002

鵠沼のオフィス 家具設置

鵠沼のオフィス内装工事。
頭を悩ませて色を選んだ製作家具が現場に搬入されました。
家具が並んだ瞬間、空間に息が吹き込まれ、
その空間での働き方というか過ごし方というものが
現実味をもってイメージできるようになります。
来週からは、タイル貼り工事も入り工事は最終追い込み。
現場は多くの職人さん達が所狭しと駆け回っています。

001 002 003

「鵠沼のオフィスリフォーム」仕上材の質感で変わる空間の雰囲気

仕上げサンプルを睨みながら、製作家具図の確認中。家具面材の着色した風合いと他の内装材とのバランスを考えながら、最終的な仕上材の色を決めていきます。

仕上げ材の質感や色目は、スケール感とともに、空間の雰囲気を決めるのにとても重要な要素です。仕上げ材の色目は、皆さん良く気にされるのですが、この質感というものは見過ごされがち。つるっとしてるのか、ざらっとしているのか、重いのか、軽いのか、それだけでも見えているモノの雰囲気は変わってしまいます。

仕上げ材を選ぶ時には、カタログだけで選ぶのではなく、実際のサンプルを手に取って眺め、決めていくことをお勧めします。現物サンプルを机の上に並べ、素材に触れて、出来あがる空間のイメージを膨らませていきます。

dsc_0590

「鵠沼のオフィスリフォーム」石膏ボードに落書き

「鵠沼のオフィスリフォーム」打ち合わせのため現場へ。現場では下地の石膏ボード貼り工事が進行中。ボードを貼る作業のすぐ隣で、今後の仕上げ材の納まりについて、監督さん、大工さん達と打ち合わせ。

行き当たりばったりの工事では、最後になって寸法が納まらない箇所が出てきます。工事の最初の段階で綿密に打ち合わせをすることで手戻りなく、美しい納めが実現できるのです。石膏ボードの上に詳細な原寸図を書き込み、真剣な面持ちで、ああでもないこうでもないと、納まりを検討中する面々。

001

「鵠沼のオフィスリフォーム」改装工事開始

かねてより設計を進めていた鵠沼のオフィスリフォーム計画、内装工事がいよいよ着工いたしました。既存の間仕切り壁を解体し、新たに壁下地を立て込んでいきます。建築の工事とは異なり、内装リフォームはスピードが勝負。あれよあれよという間に工事が進んでいきます。

工事が始まるなり設計の方も、仕上げ材の色の決定や、詳細の納まりなど、検討事項が山のように積み重なっていきます。一つ一つを瞬時に判断し、現場へ返していく反射神経が重要。例えるなら、建築工事がマラソンなら、内装工事は短距離走。竣工まで1ヶ月。いっきに駆け抜けていきます。

001_2 002_2

「鵠沼のオフィスリフォーム」実施図面完成

「鵠沼のオフィスリフォーム」実施設計図面がまとまりました。家具の詳細図から解体指示図、設備図や電気図まで内装工事を進めていくためには、かなり詳細な図面が必要となってきます。一式揃った実施図面を元に、工務店へ工事見積もり依頼します。工務店はこの図面を睨みながら、ひとつひとつ材料を拾い、工事金額を算出していきます。工事金額がまとまれば、いよいよ工事スタートです。

内装実施図面 内装実施図面

「鵠沼のオフィスリフォーム」空間という抽象的なモノを共有するために

オフィスの改装提案。今回はインテリア、つまり、内装の改装提案のため、いつもより模型をスケールアップして作製しています。家具などもより精巧に作り、スケールを確認していきます。打合せではクライアントにも模型の中を覗いてもらい、どんな空間になるのかを頭の中にイメージしてもらいます。

建築というものは、壁や床、家具、素材など、具体的なモノを使って、空間という抽象的なモノを作り上げていく作業です。例えていえば、その場の空気感を作り上げていくとでもいうような。模型は、その抽象的なモノをクライアントと共有していくための、とても有効な手段だと感じています。

001_4 002_2