カテゴリー: 2017 標準化住宅ベーシックハウス

「ベーシックハウス」スタディ模型完成

「ベーシックハウス」スタディ模型、切っては貼っての作業の末、完成しました。建物の高さを抑えた、コンパクトで可愛らしい外観にまとまっています。室内側は、片流れ屋根に沿った勾配天井とすることで、コンパクトな住宅ながら、広がりのあるリビング・ダイニングスペースを実現しています。

1階には天井高さを抑えた寝室、子供部屋、水回りなどの個室群を配置し、2階には天井高さのある広々としたリビング・ダイニング空間を配置しています。1階は囲まれた安心感のある落ち着いた空間、2階は開放感のある明るくのびのびとした空間と、1階と2階で空間の雰囲気を明確に変えています。

延べ床面積105.98㎡(32.05坪)。この中に、面積の大小、天井の高低、様々なスケールの部屋を用意することで、コンパクトな住宅ながらも、多様な場を体験することが可能となっています。変化に富んだ空間を用意することで、床面積の小ささを感じさせない、そんな住宅にしていければと考えています。

スタディ模型完成
スタディ模型完成
スタディ模型完成
スタディ模型完成

「ベーシックハウス」スタディ模型作製

「ベーシックハウス」のスタディ模型を作製中です。スタディ模型というのは、プレゼン模型や完成模型とは異なり、作っては壊し、壊しては作りを繰り返しスタディするための模型。平面図などの図面ではつかめない、外観の佇まいや内部空間のスケールなどを模型を作りながら確認していきます。

作製途中の模型を少し離れて眺めたり、近づいて中を覗いたり。外観のバランスが悪ければ、屋根勾配を作り直して調整したり、内部空間が狭かったり、広過ぎたりバランスが悪ければ、窓の位置や大きさを変えたり、天井高さを変えたり。作って壊しを何度も重ねていきます。

現実に建物が建ち上がってから、屋根勾配が急過ぎた、天井高さが低過ぎた、なんてことの無いように。建ち上がってから間違えましたでは、あとの祭りです。特に天井高さを低く抑える時や、部屋を最小限にする時には、最新の注意が必要。

今回はコストを抑えるため、なるべく建物高さを低く、天井高さも低く抑えたい。しかし、コストを抑える為に居心地の悪い空間ができるのでは、意味がありません。低く抑えることで、落ち着きのある空間を実現していくことを目標にしています。デメリットと思われる事を逆手に取って、メリットに変える。そんなプロジェクトにしていきたいと考えています。

ベーシックハウススタディ模型作製
ベーシックハウススタディ模型作製

「ベーシックハウス」プロジェクト、再始動します

2005年に始動した標準化住宅「ベーシックハウス」プロジェクトを再び始動します。

「ベーシックハウス」とは、設計者が全て設計を行なうフルオーダー住宅ではなく、平面、断面、仕様などを標準化したセミオーダーメイドの住宅のこと。設計・施工の標準化を行うことで、住み心地や空間の快適さを保ちつつ、建設コスト抑えるというプロジェクトでした。当初の目標は、延べ床30坪、建設費1200万円台を目標にしていました。実績として、新潟県内に9軒のベーシックハウスが実現した、その後、しばらくプロジェクトが途絶えていました。

そのプロジェクトをこのたび、再開していきたいと思っています。当時、標準仕様として決めた仕様は、耐震性能や断熱性能に関する法律改正や、設備システムや通信設備の技術革新、流通システムとインターネット情報の変化に伴い、すでに時代遅れのものとなっています。そこで、すべての仕様を見直し、新たなベーシックハウスを実現していきたいと考えています。どんな建物が現れてくるか、どうぞお楽しみに。

ベーシックハウス ベーシックハウス