カテゴリー: 家具

CH24「Yチェア」ハンス・J・ウェグナー

ハンス・J・ウェグナーのデザインによる椅子「Yチェア」。インテリア雑誌などで目にした方は多いかと思います。正式名称はCH24ですが、Y字型に分かれた背の形状から、通称「Yチェア」と呼ばれています。背もたれと肘掛けが一体となった馬蹄形の笠木を始め、各部分とも丸みを帯びたデザインが特徴。曲線を各部に配した外見は、まさに優美。女性的な柔らかな印象を受けます。ちなみにこの優美な曲線、ウェグナーはチャイニーズチェアから着想を得たそうです。全世界で70万脚以上も販売されていることから、地域性を超えて愛されるスタンダードな形、まさにグローバルデザインだということが分かります。

実は私、お酒を飲む時やリラックスする時など、ちょっと行儀が悪いのですが、椅子の上にあぐらをかいて座りたい派。そんな私にとって、ペーパーコードで編み込まれた広い座面は、あぐらをかいても十分なゆとりがあります。日本人にとっては、やや大きめの作りですので、背もたれに寄りかかり、肘掛けに肘をつけば、ゆったりした時間が過ごせます。ペーパーコード座面自体は、以前に書いたJ39と座り心地は同じものの、座面がやや後方へ傾斜しているためか、よりくつろぎ度が高いように感じます。

余談ですが、こちらの椅子には、新、旧2つのモデルがあります。(間違いなく、どちらも正規品です)新旧2つの違いは何かといえば、背もたれの角度。新しいタイプは背もたれの角度が大きく斜めになっており、旧タイプは角度が小さく水平に近くなっています。個人的には旧タイプの水平に近い方が、落ち着きがあって好みなのですが、そこは使う人の好みによる所かもしれません。ウェグナーがデザインした当初の形は当然旧タイプとなります。ただし、旧タイプはビンテージ品などでないと手に入りませんのでご注意ください。現行品はすべて新タイプが販売されています。

やや後方へ寄りかかるような姿勢となるため、デスクワークや食事をするのにはちょっと向かないのかもしれませんが(肘掛けが食事をしたり、作業する際にちょっと邪魔になります)、本を読んだり、映画を見たり、お酒を飲んだりと、くつろいだ時間を過ごすのには最適な椅子だと思います。

椅子の座り心地というのは、実際に座ってみなければ分かりません。その人の体格やどんな時に座るのか、によっても座り心地や評価は変わってきます。できれば購入前に実際に一度座ってみることをおすすめします。ブログで紹介している椅子は、事務所に来ていただければ実際に座ってみることができます。新潟近郊の方でぜひ体験してみたいという方は、事務所までご連絡ください。

CH24 Y-Chair
デザイナー:ハンス・J・ワグナー(デンマーク)
発表年:1950
販売メーカー:カール・ハンセン&サン
サイズ:W550×D520×H730 SH420 (mm)
価格帯:9万円〜

Yチェア Yチェア Yチェア Yチェア

「J39」チェア ボーエ・モーエンセン

ボーエ・モーエンセンのデザインによる椅子「J39」。無駄を削ぎ落としたシンプルな外観でありながら、温かみのある表情を持っています。すとんとした丸い線材によってフレームが構成されています。唯一特徴的なのは、ゆるくカーブを描いた背もたれ。座面にはペーパーコードが編み込んであります。ペーパーコード座面といえば、ついハンス・ウェグナーのYチェアをイメージしてしまいますが、J39の1947年発表に対して、Yチェアの発表は1950年。J39の方が先にデザインされていたんですね。骨格となっている丸い線材は加工機の加工性能によって決定され、また座面のペーパーコードは、地元の人々がが手作業で編み込み、収入を得るために決定されたそうです。目の前にある技術を使い、一般の人たちにも手に届く価格を目指したことから、別名「ピープルズチェア(民衆のための椅子」とも呼ばれていました。

広い座面の座り心地は、ゆったりとしています。座面のペーパーコードが体重で少し沈み込み、お尻を柔らかく包みこんでくれます。背もたれの幅は大きく、長時間背中を当てていても痛みを感じません。シェイカー家具を参考にしたというだけあって、質実剛健、実用的でありながらも、座り心地に全く妥協はありません。椅子は座っている際の背面の姿が美しいことが大切だと思いますが、その点ではこの椅子は申し分ない美しさです。

「J39」は価格帯を含めて、Yチェアと比較されることが多いのですが、一番の違いは座っていない時にテーブルの下に収まるということです。Yチェアは肘掛けアームが当たってしまいテーブルの下に収まりません。それに対し、こちらはコンパクトにテーブルの下に収まる。また背もたれが比較的前傾して取り付けてあるため、座る姿勢が前傾し、デスクワーク時や食事の時などとても座りが良いと思います。見た目の派手さはないのですが、これくらい控え目な方がどんな空間にも合い、飽きがこず、良いと思います。座ってみて、長く使ってみて、じわじわとくる味わい。

椅子の座り心地というのは、実際に座ってみなければ分かりません。その人の体格やどんな時に座るのか、によって座り心地や評価は変わってきます。できれば購入前に実際に座ってみることをおすすめします。ブログで紹介している椅子は、事務所に来ていただければ実際に座ることができます。新潟近郊の方でぜひ試してみたいという方は、事務所までご連絡ください。

J39 The People’s Chair
デザイナー:ボーエ・モーエンセン(デンマーク)
発表年:1947
販売メーカー:フレデリシア
サイズ:W480×D420×H760 SH445 (mm)
価格帯:7万円〜

J39ボーエ・モーエンセン J39ボーエ・モーエンセン J39ボーエ・モーエンセン J39ボーエ・モーエンセン

椅子選びについて

食事をしたり、本を読んだり、毎日の生活に欠かせない道具としてある「椅子」。日本人といっても1日の間1回も椅子に座らずに生活する人は稀かと思います。それほど椅子というものは今の私たちの生活と切り離せない必需品となりました。私は住宅を主に設計しているのですが、住宅ができた後、その空間にどんな椅子を置くか、みなさん頭を悩ませるようです。すでに気に入った椅子がある人はよいのですが、家をつくった時に初めて椅子選びをする方が多いのではないでしょうか。そこで少しでも椅子を選ぶ際の参考になればと、ブログの中に椅子のカテゴリーを作ってみました。格好は良いのだけど、実際の座り心地はどうなんだろう。使い勝手はどうか、メンテナンス性はどうか、など実際に椅子を使ってみた個人的な印象を盛り込んでコラムを書いてみようと思います。

椅子というのは、そこに座る人のキャラクターを表しているのだと思います。そこにその人が座っていなくともその人の存在感をそこに表している、というような。安い椅子であれば数千円から手に入れることができますが、椅子は毎日一度は座るもの。あまり安価な椅子では、そこで過ごす時間も寂しくなってしまいす。少し贅沢して良い椅子に座る。そこに座って過ごす時間が心地よいものであれば、毎日が楽しくなるに違いありません。

数万円の椅子が高いのか、安いのか、実際にそこで過ごす日数で割ってみると良いかもしれません。その椅子に20年座るとして365日×20年=7,300日。例えば7万3000円の椅子であれば1日10円。毎日を心地よく過ごす対価として、決して高い金額ではないと思います。それに良い椅子は20年どころか、もっと長い年月の使用にも耐えてくれます。

ぜひみなさんも自分の暮らしに合った理想の一脚を見つけてください。きっと楽しい暮らしが実現できると思います。

椅子選び