カテゴリー: 建築設計

「上越滝寺の店舗併用住宅」基礎施工図チェック中

施工図チェック

「上越滝寺の店舗併用住宅」先日、工事がスタートします!、と書きましたが、実はまだ現場では工事は始まっていません。(と言っても、さぼっている訳ではありませんので、ご心配なく。)水面下では、施工図の検討、各種計算書の確認、仕様書のチェックなどなど、机の上での確認作業が着々と進んでいます。

当然のことながら、建設現場というのは、何も手がかり無いまま、闇雲に建物を作っていく訳ではありません。どのような仕様の建物を作りなさいと示した設計図面があり、その設計図面を基に、施工図や製作加工図を作成し、その施工図に沿って現場で工事が行われていきます。ですので、工事が始まる前には、施工図・製作加工図というものが必要になってきます。その施工図は現場監督なり、各施工業者さんが作成することになります。

設計者は、現場から送られてくる施工図に間違いが無いか、意図しているモノに即しているか、性能は基準を満たしているか、などをチェックして確認していく責任があります。このような確認チェック作業を行っていくのが、設計監理という業務になります。(設計事務所によっては、現場設計監理をしないというパターンも、あるかもしれません)

施工者から送られてきた施工図を設計図面と照らし合わせて、不都合がないか、机の上で赤ペンチェック中。言葉だけでは伝えにくい個所は、図面の端にスケッチを描いて、設計意図を施工者へ視覚的に伝えたり。施工図に赤ペンチェック→施工図修正→更にチェック→施工図修正、と何度も何度もやり取りを繰り返していきます。現場に入ってから間違いが見つかって手直し、とやっていたら、建物本体にダメージがあるだけでなく、建物を作っている職人さんのモチベーションも下がってしまいますから。

事前のチェックが最終的な建物の良し悪しを決めるといっても過言ではありません。昔から「段取り8分(ぶ)、仕事2分(ぶ)」という言葉もある訳ですから。

「岩室の平屋」施工図チェック

「岩室の平屋」柱・梁の加工作業を前に、工務店より施工図面が送られてきました。設計図でも架構図面を描いてあるのですが、加工を行う工務店や加工業者さんは、それとは別に、実際にどのように加工を行うかを検討するため、加工図(施工図)を作成します。

設計者は、作成された加工(施工)図を、設計図に取らし合わせ、設計図と異なる点は無いか、組み上がった際に見え方が変でないか、接合強度に問題ないか、金物や接合部が隠れているか、などなど、様々な観点から施工図をチェックしていきます。

設計図面はあくまで、どのように作りたいか、どのように表現したいのか、を施工側へ伝える手段です。とは言え、2次元情報の図面だけでは、伝え漏れてしまう設計側の意図もあります。それらの漏れをできる限り減らすために、施工図のやり取りや打合せで互いの意図を確認しあう必要があります。

施工図に赤ペンでチェック。変更点したい個所には、スケッチなども書き込んで。できるだけ分かりやすく、意図を伝える事が大切です。

「岩室の平屋」スタディ模型完成

「岩室の平屋」スタディ模型が完成しました。太陽の光が当たる場所に、実際の方位に合わせて模型を置いて、中を覗き込みます。すると、室内にどのように陽の光が入ってくるかを疑似体験することができます。朝は、陽の光が東の窓から低い角度で差し込み、昼になると高い角度から落ちてくる光は庇で遮られ、床にバウンドした光が天井を柔らかく照らし、午後になると西へと光が移動していきます。

室内空間自体が、変形する訳ではないのですが、時間ごとや季節ごとに変化していく陽の光によって、室内空間の印象が刻々と変化していくのを感じる事ができます。窓の位置や大きさ、寸法に、少し操作を加えるだけでも多様な雰囲気の場が生まれてきます。窓一つとっても、その設ける位置には意味があるのです。その空間を生かすも、殺すも、窓次第。疎かにはできません。

模型内部写真

「岩室の平屋」建築模型作成動画

「岩室の平屋」現在、模型作成中です。実際にどのようにして模型を作っていくのか、建築業界にいる人でなければその作製現場を見ることはないと思います。そこで、模型作製作業をタイムプラス動画に撮ってみました。カッターでボードなどの材料を切り出し、ボンドで貼り付けて、という作業を繰り返して、次第に形が表れてきます。

「ユニベールハウス」スタディ模型作製

平面スタディし、おおよそのプランの方向性が決まりました。空間イメージをさらに広げていくため、スタディ模型を作っていきます。2次元情報の平面図よりも、模型で伝えた方がより直感的に、相手に空間イメージを伝えることができます。

模型を見ながら打合せを行い、細かなプラン調整を行っていきます。打合せを重ねながら、少しづつ現実的な案へと近づけていきます。

「岩室の平屋」プラン調整

「岩室の平屋」スタディ模型から得た情報を元に、プランを再度、調整中です。平面図の上に、トレーシングペーパーを重ね、その上にペンで修正を加えていきます。模型の中を覗いて感じた事を思い起こして、更に良い空間へと近づくよう、手を動かしていきます。

今回の調整では、中庭を中央に配置したコの字型の平面構成は変えず、各部分の空間バランスを調整していきます。やや狭く感じた部分は床面積を広げ、窓の大きさや配置を調整して中庭や外部との繋がりを修正、全体の建物高さを抑えて空間の重心を下げ、空間に落ち着きを与えていきます。

床面積を広げたことで、建築コストは上がってしまいますが、建物高さを低くすることで内外装の仕上げ面積を減らし、できる範囲で建築コストを相殺しようと考えています。

プラン調整

「岩室の平屋」スタディ模型内部写真

「岩室の平屋」スタディ模型、完成しました。縮尺1/50の模型ですので、内部の空間イメージを掴むため、椅子やテーブルやキッチンカウンターなど、細かな家具まで作り込んでいます。模型の中を覗き込み、室内空間の雰囲気を確認して、再度、細部の調整を行っていきます。

調整事項は、下記の通り。
・天井高さをもう少し下げて空間の重心を抑え目に、視線が水平方向へと広がっていくように。
・中庭から室内空間へと入ってくる光量を増すため、中庭スペースを広げる。
・ガラス開口部の扱いを再検討する。
・全体的に床面積を広げる。
これらの検討項目を盛り込んで、プランを含めた再検討を行っていきます。

スタディ模型写真
スタディ模型写真
スタディ模型写真

「岩室の平屋」スタディ模型作成

「岩室の平屋」現在、スタディ模型作成を作成中です。当然のことながら、平面図や立面図といった図面は、紙の上(またはモニタ上に)に表現される2次元情報です。しかし、実際に立ち上がってくる空間は、3次元であり、また、空間同士の繋がりを考慮すれば、時間軸を含めた4次元情報であると、言えます。

2次元の図面情報だけでは捉えきれない立ち上がってくる空間の質は、実際に模型や3Dモデリングなどを通してでなければ正確にイメージするのは難しいと思います。特に設計を生業にしているような技術者でない、普通の依頼者にとっては、図面だけでどんな空間が出来上がってくるのかイメージするのは至難の業ではないでしょうか。(私たち設計者でも、経験したことのない新たな空間を図面だけからリアルに思い描くのは難しいことですので。)

私の事務所では、その空間の質感を確認するため、スタディ模型を作ります。スチレンボードやバルサ板、色紙などをカッターで切って、ボンドで張り付けて、一つ一つ納まりを確認しながら、模型を作成していきます。模型を作りながら、窓の大きさや位置、天井高さ、床レベル、空間同士の繋がりなどなど、気がついた点や改善したい個所が見つかれば、再び図面に戻って、修正をしたり。行きつ戻りつの設計作業を繰り返しています。

模型作成

「上越滝寺の店舗併用住宅」確認申請許可証

「上越滝寺の店舗併用住宅」建築確認機関で審査をしていた確認申請の許可証が下りました。通常だと、木造2階建て規模の住宅は、確認申請提出してからおおよそ1週間くらいで許可が下りるのですが、今回は建物用途が店舗併用住宅であること、また、省エネ等級5の適合認定審査を同時に行うこと、などの条件から、予想していた以上の審査日数が掛かってしまいました。

申請提出してから、許可が下りるまで要した日数は、約3週間。建物の構成上、店舗と住居が複合しているのですが、その中から住居部分だけを抜き出して、各部分の省エネ計算をするとのことで、計算書を作る設計側も、審査する側も手間どってしまいました。法律が変わるたびに、計算方法や算定プログラム入力方法も、少しづつ変わってきており、その度に変更内容を把握して慣れるまでに時間が掛かってしまいます。日々、学ぶことを怠らず、知識を更新していくことが設計者には必要です。

許可証が下りたので、これで無事に工事がスタートできます。基本設計、実施設計と続いてきた設計業務はここまでで完了。ここから先は、現場をチェックしていく設計監理業務へと入っていきます。まだまだ設計者としての仕事は終わりません。

確認申請許可証

「上越滝寺の店舗併用住宅」建築確認申請書の作成

「上越滝寺の店舗併用住宅」工事をスタートさせる為に、建築確認の申請書類を作成しています。「建築確認」とは、何ぞや?とお思いの方も多いでしょう。建築を建てる機会がなければ、「建築確認」という言葉を聞く事はきっとないでしょう。

日本国内で建物を建てる際には、建築基準法という建物に関する法律に適合している事が証明された後でなければ、建物を建てることができません。各法律に適合しているかどうかを、役所の窓口や第3者機関に判定してもらう、その行為を「建築確認」と呼びます。

法律では、用途地域ごとに建てる事ができる床面積限度や高さ制限、採光規定や防火規定など、様々な規制が設けられています。図面や計算書類などで示すことによって、各法律に違反していません、と確認を取る、それが「建築確認」というモノです。建築基準法という法律書は、厚さ5センチを超える程、膨大な文字数が並んでおり、ページをめくるだけでも嫌になる設計者も多いことでしょう。図面に書き漏れが無いか、法令に抵触してないか、何度も何度も法令集を見返し、図面を修正していきます。

建築確認申請書類

「燕のガレージリノベーション」すのこ床のインナーテラス

「燕のガレージリノベーション」には、個室に面して、インナーテラスを設けています。こちらの物件、既存の建物を改修するリノベーション工事ですので、外壁を解体し、新たにバルコニーを設けようとすれば、多額の工事費が掛かってしまいます。しかし、ただ部屋に窓があるだけでは、面白みがない。外と連続した広がりのある空間を少しでも実現したいと、窓に面して屋内でありながら屋外ような雰囲気を持つインナーテラスを作りました。

インナーテラスの床は、簀の子(すのこ)貼りとして、階下へ光と風を落とすような仕掛けとしています。すのこ材には足触りの良い、杉材を選んでます。サッシ窓を全開に開いて、裸足で簀の子テラスに出れば、屋内に居ながら、外にいるような解放感を感じることができます。

インナーバルコニー インナーバルコニー

「東三条まもる眼科」小さな隠れ家のようなキッズエリア

「東三条まもる眼科」の待合室には、キッズエリアを設けています。眼科という診療所の性質上、小さなお子さん達が訪れることが多々あります。そんなお子さん達に、静かに落ち着いて待っていてもらうためにキッズコーナーを設けています。

入り口には、子供だけが通り抜けられるような高さの低い入口穴を設け、床はカーペット仕上げ、小さな机と椅子と絵本を置き、落ち着いて籠れるスペースとしています。丸く繰りぬかれた丸穴からは、中(いや、中からは外?)の様子を伺う事ができます。

ほんのちょっとした小さな隠れ家のようなスペースですが、子供だけでなく大人でも、ついつい入ってみたくなるような魅力があります。

東三条まもる眼科キッズエリア
東三条まもる眼科キッズエリア