カテゴリー: 西日本

大高正人設計「坂出人工土地」を訪れて

「坂出人工土地」と読んで、いったい何のことなんだ?と、お思いになったかもしれません。そう今回は、建物だけではなく、土地自体から設計したという例を紹介します。場所は、香川県坂出市。駅前商店街の一角に、この人工土地はあります。

そもそも人工土地というのは何かというと、50m×150mの1街区を丸ごと地面から持ち上げ、人工的に作り出した土地(地面)のことです。高さ6mほど持ち上げられた人工土地の下には、柱の区画に嵌るように商店街が入っています。電車の高架の下に入ったお店の並びをイメージすると分かりやすいかもしれません。持ち上げられた人工土地の上には、中層の市営団地がランダムに建っています。

表通りから見ている限りは、なんの変哲もない建物に見えます。しかし、階段を上り、人工土地の上に出ると、驚きの風景が現れます。階段を上ったのに、また地面がある。。。持ち上げられた人工土地の上では、自動車が走り、地面から樹々が生い茂り、自転車に乗る人が目に入ってきます。先ほどまで家々が立ち並ぶ駅前商店街にいたのに、階段を上った途端、ゆったりとした郊外団地の風景が目の前に広がります。近年であれば、人工的に持ち上げた地盤は多々見る事はあるのですが、それはあくまで地盤であって、土地ではありません。「坂出人工土地」は地盤ではなく、土地となっています。個々の玄関の前には、自転車や自動車が置かれ、緑の樹々が育ち、地面の舗装も程よく色褪せ、時を経てまさに人々の生活が根付いた土地となっていました。

人工土地のレベルは均一ではなく、場所ごとに高くなったり、低くなったり階段状になっています。さらに各住棟がランダムに配置されているため、住棟間にはとても複雑な空地が生まれています。人工土地の上を歩いていると、上がったり下がったり、ぐるっと回って元の場所に戻ったり、迷路状の回遊動線となっていて、ぐるぐると歩き回ると、とても面白い空間体験ができます。

坂出人工土地(市営京町団地)
住所:香川県坂出市京町
竣工:1968年
設計:大高正人
※住民の方がお住まいですので、見学の際にはプライバシー等に充分配慮ください。

坂出人工土地
坂出人工土地
坂出人工土地
坂出人工土地
坂出人工土地

重森三玲作庭「重森三玲庭園美術館」を訪れて

京都、重森三玲庭園美術館を訪れてきました。こちらは作庭家、重森三玲の自邸。そこは重森三玲が自ずからの世界感を表した庭がありました。

こちらの邸宅は、京都の昔ながらの町の中に位置しています。気をつけていなければ、庭園美術館とは気がつかず、通り過ぎてしまいそうなほど、素っ気ない外観。が、一歩その塀の中へ足を踏み込めば、驚くような庭が眼前に広がります。

ごつごつとした荒々しい石が、あちらこちら無数に配置されています。大胆かつ繊細。一見、ランダムに並べられたかのように見える石は、見れば見るほど周到に考えられ、そこに必然性を持って、据えられたことが次第に分かってきます。これをバランスの妙というのでしょう。じーっと見ていると、動かない石が意思を持って動きだすかのような不思議な感覚を覚えます。

庭の奥行きは3〜4間程度。塀の直ぐ向うには前面道路。数m先の隣地には境界に隣接して隣家が迫っています。決して広くはない敷地の中に、これでもかと思いを詰め込んだ重森三玲の想い。その想いゆえか、実際の広さ以上の奥行きを感じる空間となっています。この庭を見ていると、まさか塀の外に普通の町並みが広がっているなどとは、想像もつきません。

住宅街の中、塀の中に一歩入ると、そこに広がる小宇宙。小さな中に自ずからが考える世界観を表現する。これが作庭の真髄なんだと、私は理解しました。狭小空間の中に世界感(時間)を表現する茶室と同様に、庭も世界感(空間・時間)を作り出すという意識を持つことが大切なんですね。

重森三玲庭園美術館
住所:京都府京都市左京区吉田上大路町34
電話:
※見学には事前予約が必要です。

重森三玲庭園美術館 重森三玲庭園美術館
重森三玲庭園美術館 重森三玲庭園美術館
重森三玲庭園美術館

横河工務所設計「京都伏見稲荷大社儀式殿」を訪れて

伏見稲荷大社の境内を歩いていると、ふと目にとまる外観。建築に関わっている者であれば必ずや脚を止めてしまうことでしょう。私もその外観に一瞬で心を引かれてしまいました。参道をそれ、ふらふらと吸い寄せられるように建物の方向へ。

細長い板を互い違いに積上げたような外観。プレキャストコンクリートを使っているのでしょう。積上げられた板は薄く、とても華奢な印象を受けます。板同士の隙間からは空が見えています。境内の中にあって高さもボリュームもある建物です。外観をルーバー状にすることで存在感を少しでも希薄にしようという意図なのでしょうか。建物ボリュームを一つとせず、構成をいくつもに分けている所をみると、その予想は間違いでないように思えます。これだけのボリュームにそのまま外壁材を貼ったら、きっと圧迫感が生まれたでしょう。とても効果的な処理に思えます。

横ルーバーは建物の外観に影を生み、彫りの深い表情を生み出しています。ルーバー同士の納まりはとても美しく、見れば見るほど興味深い建物。googleマップで航空写真を見ると、2つの正方形の一つを45度ズラしたような八角形の星形平面をしています。内部は見れませんでしたが、機会があればぜひ内部も見てみたいと思いました。ネットで検索してみると、設計者は横河工務所とあります(現、横河建築設計事務所)。1968年竣工。

京都伏見稲荷大社儀式殿
住所:京都府京都市伏見区深草藪之内町68
開館時間:伏見稲荷大社は24時間開館(建物の一般公開はしていません)
参考:伏見稲荷大社web

伏見稲荷大社儀式殿 伏見稲荷大社儀式殿 伏見稲荷大社儀式殿 伏見稲荷大社儀式殿

京都詩仙堂を訪れて(その2)

京都詩仙堂へ行ってきました。ここを訪れるのは6年ぶりです。訪れる度に違った印象を受ける建物というものがあります。ここ詩仙堂もその一つ。訪れる季節や気候によって見える風景が異なることがその大きな要因でしょうが、その時の自分の気持ちによっても見える景色が違ってくるのだと思います。心がざわついている時に感じる景色、心が落ち着いている時に感じる景色。同じ物を見ても感じ方は少しづつ変わってくるもの。今回はどのように見えるでしょうか。

以前は建築が庭の自然の増幅装置として作用していると感じました。あくまでも庭が主役だと。しかし今回は庭よりも建物自体に目が引かれました。一見、建物は控えめな設えに見えますが、よくよく目を凝らしてみると、場所毎に様々な素材を使い、かなり凝った意匠をちりばめています。竹の雨樋や蛍壁仕上げなど、かなり凝った意匠がそこかしこに見られます。それが庭よりも目立たないよう上品に上手くまとめている。庭と建物、どちらが主張しているではなく、ちょうど良い強度でお互いにバランスしているように見えます。

ただ、建物が自然の増幅装置になっているという印象は、前回同様に感じました。建物があることで庭の緑がより強調されているように感じます。風や雲の流れ、梢の音、土の香りなど。室内に座っていると外にいる以上に自然の変化に敏感になります。室内でありながら、外にいるよりも外を感じる空間。目を閉じて座っていると心が落ち着いてきます。

詩仙堂web
住所:京都市左京区一乗寺門口町27番地
開門時間:9時〜17時(受付は16時45分まで)
拝観休止日:5月23日(詳しくはwebで確認ください)
拝観料:大人500円、高校生400円、小中生200円
電話:075-781-2954

京都詩仙堂 京都詩仙堂 京都詩仙堂 京都詩仙堂

アントニン・レーモンド設計「南山大学キャンパス」を訪れて

神言神学院に続いて、同じくアントニン・レーモンドが総合計画から建物の設計まで関わったという南山大学へ。南山というだけあって、こちらの大学は小高い丘の上に位置しています。キャンパスのメインロードは山の一番高い部分に設けられ、その部分を中心に山の斜面に沿う形でクラスター状(房状)に校舎群が配置されています。校舎内には山の傾斜がそのまま表れ、階段教室が出来上がっています。先ほど見た神言神学院では、構造的な力の流れがそのまま壁となり屋根となり、空間を造り出していると書きましたが、こちらのキャンパスでは、自然の地形がそのまま空間を作り出しているようでした。構造=即、空間に対し、こちらでは、地形(地勢)=即、空間。外壁には水平材や垂直材等のルーバー材が設けられ、外光を遮りながら教室内に一定の明るさを与えようと意図しつつ、その表情がそのまま外観の表情となるようなデザイン操作が行なわれていました。

南山大学HP
住所:愛知県名古屋市 昭和区山里町18
電話:052-832-3111(南山大学名古屋キャンパス)
※こちらは大学施設です。キャンパス内への立ち入りについてはご自身で確認ください。

南山大学 南山大学 南山大学 南山大学

アントニン・レーモンド設計「神言神学院」を訪れて

アントニン・レーモンドの設計した神言神学院(1966年竣工)へ。こちらの建物は名古屋大学から徒歩5分。坂を上っていくと独特の姿をした建物が次第に見えてきます。こちらの施設は、カトリックの司祭や修道者、宣教師になるための教育養成機関。中央に礼拝堂を置き、その廻りを事務室や教室等の建物が修道院の回廊のように取り囲んでいます。受付窓口に見学したい旨を伝え、礼拝堂を見学させてもらいました。正面の重厚な木製ドア開け礼拝堂へ。高さのある円錐形の鐘楼を中心に、5つのアーチ型屋根が掛かり、礼拝空間を作り出しています。コンクリート壁に穿たれた様々な形の窓には赤、黄、緑、青などの色ガラスがはめ込まれ、柔らかな光を堂内に落としていました。静寂の中に射し込む多彩な光はとても美しく、なんとも云えない荘厳な雰囲気で堂内が満たされていました。(堂内は撮影禁止のため写真はありません)
レーモンド建築を見ていつも思うのは、木造しかりコンクリート造しかり、構造的な力の流れが素直に建物の構成に現れているということです。構造=即、空間とでもいうような。即物的な形がつくった空間はとても力強く、率直に我々の心に訴えてきます。外観だけ見れば特異な造形に見えるかもしれませんが実際に内部空間を見れば、その形は構造的合理性から導いた素直な形なのだということが感じられると思います。内部は撮影禁止ですのでここには上げていませんが、写真では伝えきれない独特の静謐な空気が満ちています。ぜひ皆さんも実際にここを訪れ体験していただきたいと思います。

神言神学院
住所:愛知県名古屋市昭和区八雲町70
電話:052-832-2082
※一般公開はしていません。見学に関しては事務局へ問い合わせください。
※施設内での撮影禁止です。

神言神学院 神言神学院 神言神学院 神言神学院

槇文彦設計「名古屋大学豊田講堂」を訪れて

名古屋大学豊田講堂を訪れて。こちらの建物は1960年竣工、槇文彦が32歳で設計した建物です。内外とも打ち放しコンクリートの仕上げ、全体的にモノトーンでまとめられています。若々しさというよりも、どちらかというと成熟した落ち着きを感じる建物。意識的に派手さを抑制しているようにさえ感じます。
3層分の高さを持つエントランスポーチから玄関を入ると一転、天井の低いエントランスホール、その奥に再び大きく吹抜けたホワイエと、奥へ進むにつれて縦方向に伸びたり縮んだりと激しく空間が伸縮していきます。また今いる場所から奥の異なる空間が常に見え隠れし、吸い込まれるように建物の奥へと誘われていきます。
この建物の中を歩いて感じたのは、まるで街の中を歩いているのと同じような感覚でした。一見、人間的スケールを越えた冷たい建物のように感じますが中を歩けば、人間的な感覚から導き出した心地よい空間がそこに実現しています。都市的なスケールと人間的スケールの共存。この建物から受けたのはそんな印象でした。

名古屋大学豊田講堂
住所:愛知県名古屋市千種区不老町
電話:052-789-5111(代表)
※大学施設のため一般公開はしていません。見学に関しては大学へ問い合わせください。

名古屋大学豊田講堂 名古屋大学豊田講堂 名古屋大学豊田講堂 名古屋大学豊田講堂

菊竹清訓設計「東光園」を訪れて

「まるで戦艦のようだ。」これが建物を最初にみた印象だった。昔ながらの温泉街の中に、明らかに異質な存在としてその建物は建っていた。その建物の設計者は、菊竹清訓氏。メタボリズム、つまり、新陳代謝する建築という理論を展開した建築家だ。簡単にいってしまえば、スケルトン(構造体)とインフィル(内装・設備)を分け、構造体には、長い年月が経っても持つ耐用年数を設定し、内装・設備には、比較的短いスパンで更新できるようにし、建物が細胞のように新陳代謝を行ないながら、時代変化に対応してゆくというもの。

この理論に基づいて設計された建物は、ごつごつとした無骨な外観を持ち、まるで戦艦の艦橋のような、暴力的表情を見せていた。そのような感覚を抱いてしまうのは、人間のスケールを遥かに超越した構造体の大きさからくるのだろうか。それとも、コンクリート打放しというその無表情な素材からくるのだろうか。なんとも圧倒的な存在感を感じさせる外観だ。しかし、内部へと脚を進めると一転、繊細なディテールで作られた柔かな空間が広がる。この対比的な表現は一体、なんなのだろうか。

菊竹事務所は、事務所内の設計の部門を「か(思考や原理)→かた(法則性や技術)→かたち(感覚や形態)」とその思考する段階ごとに分けていたという。その設計の過程が、このような対比的な表現を生み出したのかもしれない。都市的スケールで考えられた構造体と、ヒューマンスケールで考えられた内部空間。設計者は相反するものを同時に持ちつつ、創造を深めていかねばならないと、菊竹氏は伝えているのかもしれない。

ARCHITRAVEL 菊竹清訓設計 東光園

皆生温泉東光園
住所:鳥取県米子市皆生温泉3-17-7
宿泊料:HPをご確認ください
電話:0859-34-1111

東光園 東光園 東光園

菊竹清訓設計「出雲大社庁の舎」を訪れて

菊竹清訓設計、出雲大社庁の舎を訪れる。こちらの建物は、あの伝統的な大屋根と〆縄で有名な出雲大社の社殿のすぐ隣に建っている。この現代的な建物が果たして、あの古風な景観の中でどのような姿をして建っているのか、以前よりぜひ目にしてみたいと思っていた。

大社を参詣した後、境内の中を見渡す。白砂利敷きの境内の隅に、異彩を放ちながらも、ひっそりと佇んでいる建物が目に入る。気に留めていなければ、通り過ぎてしまったかもしれない。私の予想に反し、その建物はその場の気配に馴染じみ、影を潜めているようでさえあった。稲掛け(はざがけ)をモチーフにしたという菊竹さんの言葉通り、上部に従ってスレンダーになっていく台形状のルーバーが稲掛けを思わせる。その上部に向かって細くなってゆく山形形状が、大社の屋根の形状と程よく馴染んでいるように見える。

しかし、近く寄ってみると、各部に施された装飾群に目を奪われる。プレキャストコンクリートに刻まれた矢羽根や、門扉の波紋の文様。過剰とも思える装飾の数々。稲穂、矢羽根、波紋。それぞれが神へ捧げる文様だとしても、現代建築家としてなぜここまで過剰に装飾を施さねばならなかったのだろうかと、少し疑問を感じる。内部へと入る。横ルーバーの隙間からもれる柔かな光に満たされた内部空間。ルーバーから射し込む光が時間の流れと共に空間の中を移動していく。空間の造形としては、一見、未来的な形をしているが、障子を通したような、とても柔らかい光に満たされ、とても日本的な空間が成立していた。とても静かで濃密な空間。

ARCHITRAVEL 出雲大社庁の舎

出雲大社hp
住所:島根県出雲市大社町杵築東195
参拝時間:6時〜20時
休館日:無休
電話:0853-53-3100(出雲大社社務所)
※現在、出雲大社庁の舎の内部公開はしていません。

出雲大社庁の舎 出雲大社庁の舎 出雲大社庁の舎 出雲大社庁の舎

「三徳山投入堂」を訪れて

鳥取県三徳山の投入堂を訪れて。投入堂とは、三徳山の中腹、標高470mの断崖の窪みに建てられているお堂のこと。麓から1時間程度山を登った所に位置しています。急な登山道を登りきると、上部に崖が張り出したお堂の裏手に廻り込みます。真っ暗で狭い洞窟のような通り道。まるで胎内に入ったような細い道を通過するということは、結界通過、イニシエーションを意味するのでしょうか。通り抜けた先に眼前に投入堂が現れてきます。

断崖よりすくっと立ち上がるスレンダーな柱。その上には能舞台のような床の張り出し。羽を広げたようにてテリ(そり)のついた複数の屋根。自然の中にしっかりと意志を持って存在している、そんな理知的な立ち姿。そんな理知的な佇まいとは対照的な生命感溢れるごつごつとした自然の岩肌。自然と人工物。神が作ったものと人が作ったもの。両者のコントラストがその場の神秘性を高め、まるで幻を見ている、そんな感覚を覚えました。

投入堂は、修験道の開祖、役小角(えんのおづ)が7〜8世紀に開いたと言われています。山の途中にはどうやってここまで移動したのか不思議な大きさの石が据えられた場所があったり、崖に跳ね出したお堂があったり。そこに至る道程が、修験道の修行行程になっています。

ARCHITRAVEL 三徳山投入堂

三徳山三佛寺
住所: 鳥取県東伯郡三朝町三徳1010
参拝登山受付時間:8時~15時(往復所要時間は受付所から約1時間30分~2時間)
参拝料:大人600円、小中学生300円
電話:0858-43-2666
※一人での入山は出来ません。必ず同伴者が必要です。
※登山の為、服装や靴などの指定があります。受付でチェックがあります。
その他、詳細はこちらを参照ください。三朝温泉観光協会

三徳山投入堂002 三徳山投入堂006 三徳山 三徳山

片山光生設計「奈良県庁舎」を訪れて

奈良県庁舎を訪れる。片山光生設計、竣工は1958年。奈良公園側からアプローチする。ピロティで持ち上げられた低層棟が中庭を取り囲むような構成。設計者曰く、飛鳥・奈良時代の伽藍配置をイメージしたという。確かに、ピロティの連続する柱がまるで伽藍回廊のよう。懐かしくもあり、かつ、新しい空間。伝統様式とモダニズムの融合。

中庭に入り、公園側を振り返ると、回廊を通して樹々の緑が目に飛び込んでくる。囲いつつ、開くという、まさに伽藍の空間の特徴を上手く表現している。庁舎の外観は、竣工時期が丹下健三設計の香川県庁舎竣工の7年後となるためか、とても似通った印象を受ける。しかし、より水平性を強調したデザインと高さをより低く抑えたスケール感など香川県庁舎をモデルにしながら、さらにそのデザインをその場所に合わせ、洗練させているのが分かる。

何よりも一番印象的であったのは、中庭でのんびりと草を食む鹿と、ピロティの下で休んでいる人たち。この空間が心地よいからこそ、自然とそこに人も動物も集まってくるのだなと感じた。

奈良県庁
住所:奈良県奈良市登大路町30
開館時間:午前8時30分~午後5時15分
休館日:土日祝
電話:0742-22-1101(代表)
※屋上のみ、土日祝でも開放している場合があります。詳しくはHPを確認ください。

012011013

磯崎新設計 なら100年会館 を訪れて

昨日に続き、再び奈良へ。
まずは奈良駅前、磯崎新設計のなら100年会館に向かう。
駅を出ると、目の前に大きな楕円形の建物が現れる。
風景の中で、明らかに異質な存在。
近づくにつれ、その外皮がグレーの瓦タイルで覆われてるのが分かる。
まるで、魚の鱗のようだ。
磯崎新氏によれば、
「古代の一本の木からくりぬいた船がモデル」
「奈良平城京の地を海原にみ見立て、悠久の歴史を進む文化の船」
イメージして設計したという。
確かに、その大きさといい、全面タイルで覆われた外観といい、
まるでノアの方舟のよう。
エントランスを入ったホール空間は、洞窟をイメージさせる。
この量塊的で重厚な建物を見ていると
法隆寺や東大寺の方がシンプルで軽快、現代的に見えてしまう。
この建物がよって立つのは、
奈良時代より遥か昔、狩猟生活をしていた太古の人の感覚なのかもしれない。

なら100年会館 なら100年会館 003_4