カテゴリー: 建築を巡る

渡邊洋治設計「斜めの家」を訪れて(その1)

渡邊洋治の設計した建物を見るのはこれで2つ目。1つ目は「善導寺」だった。街の中に突如現れた艦船のような外観には驚かされた。斜めの家の竣工は1976年。善導寺が竣工して10年と少し後に経った後の建物である。こちらの建物も善導寺と同じように、住宅地の中に何の脈絡もなく、突然現れる。その特異な外観は明らかにその周囲の街並から浮き立ち、遠くからでもその存在感を感じることができる。

見た目は斜めにごろんと置かれた鉛色の箱。その箱の側面には小さな穴がいくつもランダムに穿たれている。どう贔屓目に見ても家には見ない。屋根が掛かっていることから、かろうじて建物であることだけは認識できる程度。家というよりも、どちらかといえば地中から浮上した潜水艦といった方がしっくりくる。鉛色の外壁がそのような印象を与えるのだろうか。こちらの壁、近くに寄ってみるとべこべこと皺が出来ている。とても薄い板を張り付けているようだ。調べてみると、銅箔仕上げをしているらしい。銅板ではなく、銅箔。それであの独特の表情が出ているのかと納得。

いくつも設けられた小さなポツ窓により、スケール感が掴みにくいが、とても小さな建物。タイトルにもあるようにこの家の内部は斜めのスロープでつながる部屋で出来ているらしい。今回は外からの見学だったので、内部を伺い知ることは出来なかった。ぜひ、機会があれば内部の空間も体験してみたい。一体、どのような空間が内部には広がっているのだろうか。やはり潜水艦の内部のような特異な空間が出来上がっているのだろうか。想像が膨らむ。

後日、内部を見学させていただきました。→ 渡邊洋治設計  斜めの家を訪れて(その2)

斜めの家
住所:新潟県上越市(非公開)
見学について:建物の一般公開はしていません。見学希望の方は下記HPへ問い合わせください。
参考HP:渡邊洋治設計『斜めの家』再生プロジェクト

斜めの家 斜めの家 斜めの家 斜めの家

アントニン・レーモンド設計「南山大学キャンパス」を訪れて

神言神学院に続いて、同じくアントニン・レーモンドが総合計画から建物の設計まで関わったという南山大学へ。南山というだけあって、こちらの大学は小高い丘の上に位置しています。キャンパスのメインロードは山の一番高い部分に設けられ、その部分を中心に山の斜面に沿う形でクラスター状(房状)に校舎群が配置されています。校舎内には山の傾斜がそのまま表れ、階段教室が出来上がっています。先ほど見た神言神学院では、構造的な力の流れがそのまま壁となり屋根となり、空間を造り出していると書きましたが、こちらのキャンパスでは、自然の地形がそのまま空間を作り出しているようでした。構造=即、空間に対し、こちらでは、地形(地勢)=即、空間。外壁には水平材や垂直材等のルーバー材が設けられ、外光を遮りながら教室内に一定の明るさを与えようと意図しつつ、その表情がそのまま外観の表情となるようなデザイン操作が行なわれていました。

南山大学HP
住所:愛知県名古屋市 昭和区山里町18
電話:052-832-3111(南山大学名古屋キャンパス)
※こちらは大学施設です。キャンパス内への立ち入りについてはご自身で確認ください。

南山大学 南山大学 南山大学 南山大学

アントニン・レーモンド設計「神言神学院」を訪れて

アントニン・レーモンドの設計した神言神学院(1966年竣工)へ。こちらの建物は名古屋大学から徒歩5分。坂を上っていくと独特の姿をした建物が次第に見えてきます。こちらの施設は、カトリックの司祭や修道者、宣教師になるための教育養成機関。中央に礼拝堂を置き、その廻りを事務室や教室等の建物が修道院の回廊のように取り囲んでいます。受付窓口に見学したい旨を伝え、礼拝堂を見学させてもらいました。正面の重厚な木製ドア開け礼拝堂へ。高さのある円錐形の鐘楼を中心に、5つのアーチ型屋根が掛かり、礼拝空間を作り出しています。コンクリート壁に穿たれた様々な形の窓には赤、黄、緑、青などの色ガラスがはめ込まれ、柔らかな光を堂内に落としていました。静寂の中に射し込む多彩な光はとても美しく、なんとも云えない荘厳な雰囲気で堂内が満たされていました。(堂内は撮影禁止のため写真はありません)
レーモンド建築を見ていつも思うのは、木造しかりコンクリート造しかり、構造的な力の流れが素直に建物の構成に現れているということです。構造=即、空間とでもいうような。即物的な形がつくった空間はとても力強く、率直に我々の心に訴えてきます。外観だけ見れば特異な造形に見えるかもしれませんが実際に内部空間を見れば、その形は構造的合理性から導いた素直な形なのだということが感じられると思います。内部は撮影禁止ですのでここには上げていませんが、写真では伝えきれない独特の静謐な空気が満ちています。ぜひ皆さんも実際にここを訪れ体験していただきたいと思います。

神言神学院
住所:愛知県名古屋市昭和区八雲町70
電話:052-832-2082
※一般公開はしていません。見学に関しては事務局へ問い合わせください。
※施設内での撮影禁止です。

神言神学院 神言神学院 神言神学院 神言神学院

槇文彦設計「名古屋大学豊田講堂」を訪れて

名古屋大学豊田講堂を訪れて。こちらの建物は1960年竣工、槇文彦が32歳で設計した建物です。内外とも打ち放しコンクリートの仕上げ、全体的にモノトーンでまとめられています。若々しさというよりも、どちらかというと成熟した落ち着きを感じる建物。意識的に派手さを抑制しているようにさえ感じます。
3層分の高さを持つエントランスポーチから玄関を入ると一転、天井の低いエントランスホール、その奥に再び大きく吹抜けたホワイエと、奥へ進むにつれて縦方向に伸びたり縮んだりと激しく空間が伸縮していきます。また今いる場所から奥の異なる空間が常に見え隠れし、吸い込まれるように建物の奥へと誘われていきます。
この建物の中を歩いて感じたのは、まるで街の中を歩いているのと同じような感覚でした。一見、人間的スケールを越えた冷たい建物のように感じますが中を歩けば、人間的な感覚から導き出した心地よい空間がそこに実現しています。都市的なスケールと人間的スケールの共存。この建物から受けたのはそんな印象でした。

名古屋大学豊田講堂
住所:愛知県名古屋市千種区不老町
電話:052-789-5111(代表)
※大学施設のため一般公開はしていません。見学に関しては大学へ問い合わせください。

名古屋大学豊田講堂 名古屋大学豊田講堂 名古屋大学豊田講堂 名古屋大学豊田講堂

オンデザイン設計「江ノ島ヨットハーバー」を訪れて

江ノ島ヨットハーバーのクラブハウスが建て替えられたという話は以前から耳にしていました。セイラーであり建築設計を生業にする者として、これは見なければいけないと思い、セイリングついでに江ノ島へ行ってきました。

建物へ近づいていくと、いくつもの波がうねっているような白い屋根が現れてきます。以前の尖った三角屋根のクラブハウスとは対照的。以前の建物は男性的であったのに対し、こちらはとても女性的に見えます。

内部へ入ると天井の高いがらんとした空間が広がっています。屋根だけでなく、ガラス壁面までがくねくねと独特のカーブを描いています。内部空間を歩いていくと、まるで洞窟の中にいるような感覚を覚えます。暗く囲われた空間としての洞窟ではなく、明るく開放的な現代的な洞窟。女性的な外観からイメージすればこの内部空間は子宮的空間なのかもしれません。三角屋根の尖った男性的シンボルに対して、柔らかな女性的子宮空間。この対比がとても興味深い。

江ノ島ヨットハーバー
住所:神奈川県藤沢市江の島1丁目12ー2
電話:0466-25-2211(受付)
開館時間:7時30分~19時
※館内への入場は自由。見学に関しては受付に問い合わせください。

江ノ島ヨットハーバー001 江ノ島ヨットハーバー 江ノ島ヨットハーバー

フランク・O・ゲイリー設計「MITスタータ・センター」を訪れて

MITチャペルと道を挟んで反対に位置するフランク・O・ゲイリー設計の「MITレイ&マリア・スタータ・センター」へ。グリッドで構成された隣に並んだビルとは明らかに異なる表情。斜めに傾斜した壁面や曲面を描いた壁面が立ち並ぶ、激しいくらい動的な外観。台形や円柱など様々な形状の塔が一カ所に密集し、一つの建物を構成しています。

正直、私はこの手の建物はあまり好きではありませんでした。上っ面だけを派手に作り、見た目だけで勝負している、そんな建物でしかないと思っていました。しかし今回、この建物の内部空間を体験して、その考えは大きく変わりました。様々な形状の塔が集まって出来た隙間をとても効果的に使い、複雑で魅力ある内部空間が作り出されていました。

建物の中を歩いていると突然、上部から日が射し込んできたり、こちらからあちらの空間が見える。空間はアップダウンを繰り返し、クネクネと曲がり、気がつくと元いた場所に戻っている。そんな不思議な空間体験をすることができます。建物の中を歩いていながら、街の中を歩いている、そんな感覚に陥ります。カラフルな壁面の色使いによって、移動に従い、めくるめくように空間の質が切り替わっていきます。まるで一つのインスタレーション作品を体験しているような気分でした。

MITレイ&マリア・スタタ・センター
住所:32 Vassar St,Cambridge, MA 02139,アメリカ合衆国
開館時間:不明
※見学に関しては施設に直接問い合わせください。
私が訪れた際には、エントランスドアは出入り自由でした。

スタタ・センター スタタ・センター スタタ・センター スタタ・センター

エーロ・サーリネン設計「MITチャペル」を訪れて

エーロ・サーリネン設計MITチャペルを訪れる。が、改修工事の真っ最中。仮囲いで囲われ、残念ながら外から覗き見ることしか出来なかった。外観は煉瓦積み仕上げ。煉瓦をみると、大小巾が異なるどころか、いくつかは厚みも異なっているようで、所々出っ張っている煉瓦もあり、陰影が面白い。周辺に植えた樹々の影が外壁に影を落とし、とても美しい表情を見せている。サーリネンは廻りに植える樹々もバランスを考慮ながら配置したという。均一な煉瓦積みの表情では、自然の樹々とのバランスが悪いと考えたのではないだろうか。敢えてランダムに、不均一に煉瓦を積上げることで、樹々とのトーンを合わせようと意図したのではないだろうか。足下はアーチを採用し、円筒形のずんぐりした外観を軽くみせようとしている。ずんぐりした胴体に短い足がなんとも、かわいらしく見える。

MIT Chapel
住所:48 Massachusetts Ave,Cambridge, MA 02139,アメリカ合衆国

MITチャペル MITチャペル MITチャペル

手塚由晴+手塚由比設計「キョロロ」を訪れて

越後妻有の大地の芸術祭でご存知の方もいるかと思いますが、キョロロは新潟県十日町松之山に建つ研究展示施設です。設計者は手塚由晴さん+手塚由比さん。緑の生い茂る林の中をクネクネと地面を這うような外観が印象的。 ぱっと見の姿は、地を這う大蛇そのもの。この地方にそのような伝承が昔からあって、それを設計モチーフにしたのかと思いきや、全く私の勘違い。伝承とは関係ないところからその形は生まれてきたのだそう。

錆(さび)色のコールテン鋼に覆われた外皮は、周囲に強い存在感放っています。しかし、樹々の濃い緑を背景にして見ると、その錆色は意外にも自然に馴染んでいます。きっと錆も樹木や草と同じように自然物だからなのでしょう。雨跡がついた外壁面は竣工直後よりも味が出てきたようです。

訪れた当日は真夏。陽に当たった外壁は触れないほどの熱さ。熱さで鉄板が延びる音なのだろう、外壁のあちらこちらからカリッコリッと音が聞こえてくる。建物自体がまるで音のアート作品のよう。

越後松之山森の学校キョロロ HP
住所:新潟県十日町市松之山松口1712-2
開館時間:9時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日:火曜日休館(火曜日が祝日の場合は翌日休館) 、12月26日~31日
入館料:大人500円、小中高生300円
電話:025-595-8311

松之山キョロロ 松之山キョロロ 松之山キョロロ 松之山キョロロ

青木淳設計「雪のまちみらい館」を訪れて

青木淳設計「雪のまちみらい館」を訪れて。設計者の青木さんといえば、動線体という設計コンセプトがまず頭に浮かぶ。設計コンセプト自体、非常に説明しにくいのだけれど、私なりに解説すれば、建物を目的空間ごとに分節して考えるのではなく、分節の出来ない無目的で勝手気ままな人の行動のまま、空間を分節をせずにずるずると繋げ一筆書きのような動線空間を実現する、というような意味。

そんなコンセプトを意識しつつ、建物内部を巡る。エントランスからは螺旋状スロープで上へと繋がっていきます。ポリカーボネイト板で覆われたスロープは半外部空間。まるで雁木を通り抜けていくような感覚。螺旋スロープは建物を取り巻いていて、一周廻ると再びエントランスへと戻ってきます。確かに、空間を分節することなく、広くなったり狭くなったりと変化をしながら、ずるずると繋がる不思議な空間。建物を巡って私が感じたのは、単純な空間ではなく、空間+時間が実現していること。空間+時間=体験。設計者は空間自体でなく、空間の体験を意識して設計したのではないだろうかと、思えた。

雪のまちみらい館HP
住所:新潟県上越市安塚区安塚 722 番地 3
開館時間:9時から16時(開館時間の詳細は直接施設へ問い合わせください)
休館日:土日祝
入館料:無料
電話:025-592-3988

雪のまちみらい館 雪のまちみらい館 雪のまちみらい館 雪のまちみらい館

平田晃久設計「桝屋本店」を訪れて

まるで林のようだ。コンクリート打放しの無機質な建物の中を歩いている時に浮かんだイメージは意外にも、林の中を歩いているような有機的な感覚だった。

コンクリートの壁がランダムに林立する室内空間。コンクリートの壁は下部で斜めに切り取られ、三角が逆さまに地面に突き刺さっているよう。いや、突き刺さっているのではない、コンクリートの壁が地面から上空へ広がるように生えているのだ。そのコンクリートの樹々の間を歩くように移動する体験。とても不思議な感覚。全ての壁の下部を斜めに切り取る。その至極単純なルールから生まれた空間は、とても複雑で有機的な空間であった。

桝谷本店
住所: 新潟県上越市三和区末野新田338
開店時間/休館日:
販売店舗ですので一般公開は基本的にしていません。
詳細は直接施設へ問い合わせください
電話:025-532-2340

平田晃久設計/桝屋本店 平田晃久設計/桝屋本店 平田晃久設計/桝屋本店

毛綱毅曠設計「くびき駅」を訪れて

ほくほく線くびき駅を訪れて。最初、訪れた時の印象は「ナンダコレハ?」であった。設計者の毛綱毅曠(もずなきこう)は、機能から建築を作ることを否定し、思想から建築を作り出していく建築家である。毛綱が設計した代表的建物「反住器」が示すように、アンチ住む器(住むことを否定する住宅)つまり、機能を放棄した建物を作っているという印象があった。

今回訪れた建物は駅舎である。毛綱の思想通り、反駅舎、つまり駅という機能を否定する建物であった。いわゆる駅という建築形式に頼るのではなく、行く人と訪れる人が交差する場として、駅の意味を再度捉えなおしている点で興味深い建築だった。電車で新たに駅を訪れる人に対しては、丸い目のような未来的外観、車や徒歩で駅を訪れるそこに住む人に対しては、杉板貼りの人間的外観が見える。ここに来る人、ここから他の場所へ向かう人。それぞれの感情に対し異なる表情を持つ建築となっている。

駅に掲げられた設計コンセプトには「駅とは本来、日常とは異なる場所への出発の場でした。(中略)駅本来の役割を訪れる人々に感じてもらえるようにと考えています。」とある。駅本来の役割、住宅本来の役割、既存の建築形式を考えも無くトレースするのではなく、それらを否定し、より本質的に求められている場を創り出す。そんな毛綱の設計姿勢がそのままストレートに形に現れている建物であった。

北越急行ほくほく線 くびき駅
住所: 新潟県上越市頸城区手島1021-2
開館時間/休館日:無人駅(詳細は直接施設へ問い合わせください)
電話:025-770-2820(北越急行)

毛綱毅曠くびき駅 毛綱毅曠くびき駅 毛綱毅曠くびき駅 毛綱毅曠くびき駅

渡邊洋治設計「善導寺」を訪れて

住宅が建ち並ぶ新潟直江津の街並。ありふれた風景の先に突如、その建物は現れました。まさに現れたという表現が相応しい外観。何の先入観も持たずこの建造物を見たなら、一体何を意図して作られたモニュメントなのだろうか、と考え込んでしまうでしょう。周辺の雰囲気とは明らかに異なる強い存在感を放ちながら、その建物は存在していました。

8本のコンクリートの柱塊によって、地面から力強く持ち上がられた、全長30メートル以上のコンクリートの塊。至る所で外観に現れている斜めのデザインは、上階へとアプローチするためのスロープや階段をそのまま表したもの。その外部階段を通り、屋上へ。屋上の真ん中には、ちょこんと突き出た展望台。設計者、渡邊洋治氏は陸軍船舶兵時の艦船乗船経験から、艦船のイメージを設計モチーフとして取り込んだのでしょう。展望台に上ってみれば、まさにそこは艦船の艦橋そのままということが分かります。

眼前には日本海の青い海。そう思えば、外観の造形も理解できます。1階のコンクリートの塊は船台であり、建物はその上に載せられた艦船なのです。そう思うと、今にも建物が船台から浮き上がり、動き出しそうな気がしてきます。勝手にイメージを膨らませれば、このお寺「善導寺」自体がノアの箱船のような存在に見えてきます。信仰を共にする者たちの魂を、現世から来世へと運んでいく箱船。竣工、昭和38年(1963年)。時代を振り返れば、私が生まれるずっと前に既にこの建物が竣工していたということに驚きます。そしてこの渡邊洋治の造形力。ただただ唖然とするばかりです。

善導寺
住所: 新潟県糸魚川市清崎10−3
開館時間/休館日:寺院ですので一般公開はしていません
(見学希望の方は直接施設へ問い合わせください)
電話:025-552-0187

渡邊洋治設計/善導寺 渡邊洋治設計/善導寺 渡邊洋治設計/善導寺 渡邊洋治設計/善導寺