カテゴリー: 北アメリカ

エーロ・サーリネン設計「MITチャペル」を訪れて

エーロ・サーリネン設計MITチャペルを訪れる。前回訪れた時は改修工事中で内部を見学する事が出来ませんでした。という訳で今回、初の空間体験をしてきました。

こちらの建物は、MIT(マサチューセッツ工科大学)のキャンパス内に位置しています。キャンパスに入ると、鮮やかな緑色の芝生と緑の木々の先に赤茶色の円筒形の外観が見えてきます。赤茶色のレンガで覆われた素っ気ない外観は、キャンパスの風景に溶け込んでいて、目を凝らしていないと見過ごして通り過ぎてしまいそうです。

礼拝堂には直接入る事が出来ず、礼拝堂から飛び出したガラス張りのエントランススペースから礼拝堂へとアプローチすることになります。円筒形の礼拝堂の周りには池が配置されており、キャンパスと礼拝堂を隔てています。池の上に掛かったエントランススペースは橋のように、こちらの世界と礼拝堂内を繋ぐ役目を果たしています。重厚な木製扉を開け、エントランススペースに入ると通路の両側の透明ステンドガラスが目に入ってきます。それぞれのステンドガラスは、微妙にテクスチャと色調が変えてあり、霞がかかった様に外部の緑や風景を遮っています。ガラスを透過した色調の異なる多様な光は静かに室内を満たしています。

池の上に掛けられた橋状のエントランススペースを抜け、いよいよ礼拝堂内部へと入っていきます。真っ暗な礼拝堂の正面に、光の柱が見えてきます。祭壇の上部から落ちる静寂な光。天窓から落ちる光は、ハリー・ベルトイアがデザインしたワイヤーアートに当たり、まるで天使の羽が天から落ちてくるよう。その美しさに息をのみます。

次第に暗さに目が慣れ、周囲がぼんやりと見えてきます。建物内部の壁は、祭壇から後方へとひだ状に波打っている事がわかります。(後方へいくに従って湾曲する波長が大きく変化していきます。)また、波打つ壁の下部スリットからは、外部の池に反射した陽の光が揺らぐように入ってきます。

平面図を見る限り、何故内側の壁が波打っているのか、想像できなかったのですが、実際にこの場所に立ってみて設計者の意図が何と無く分かりました。ただの円筒形の壁では、天から落ちてくる弱い光を受け止めることができないと考えたのでしょう。壁が波打っていれば弱い光でも、出っ張った部分には光が当たり、凹んだ部分には影が出来る。そう考えてひだ状の内壁としたのではないでしょうか。

上部から落ちる光は、雲の流れや太陽の動きに応じて、刻々と変化していきます。様々な角度を向けて取り付けられたワイヤーアートの反射板は、外部の光の変化だけでなく、堂内の座る場所によって、光の強さを変え、時には赤く、時には青く色調を変えていきます。同じ堂内、同じ時間でありながら、それぞれの人が異なる体験ができるという、とても面白い趣向があります。

設計者エーロ・サーリネンは、この建築(壁や屋根)を作る事を目的としたのではなく、建築を手段と考え、静寂な光を感じさせることをただ一つの目的としたのではないか、と感じました。あくまで光が主役、建築は脇役と考えて。(主役を引き立てる名脇役ではありますが。)

この空間に佇んでいると、自分がキャンパス内の華やかな場所にいる事を忘れてしまいます。もし皆さんが見学に訪れるなら、出来るだけ朝の早い時間に見学する事をお勧めします。照明でなく、ぜひ自然光でこの空間を体験してもらえればと思います。

MIT Chapel
住所:48 Massachusetts Ave,Cambridge, MA 02139,アメリカ合衆国
開館時間:7:00-23:00
イベント等が行われていなければ自由に見学が可能です。

MIT chapel
MIT chapel
MIT chapel
MIT chapel
MIT chapel
MIT chapel

ルイス・I・カーン設計「フィリップ・エクセター・アカデミー図書館」を訪れて

ボストン市街から列車に乗って約1時間、エクセター(Exeter)駅近くの「フィリップ・エクセター・アカデミー図書館(phillips exeter academy library)」へ行って来ました。こちらの図書館はエクセター・アカデミー(高校)のキャンパスに建つ付属図書館です。青々とした芝生と緑の樹々が眩しい広々としたキャンパスの中、赤茶色のレンガに覆われた四角い建物が見えてきます。外観の特徴といえば、規則正しく連続する窓と煉瓦張りの柱梁。素っ気ないほど端正な表情をしています。モダンな建物というよりは、古典的な(古風な)雰囲気を漂わせています。

こちらの建物の一番の見所といえば、建物中央に配置された屋根まで繋がる大吹き抜け空間です。吹き抜け空間の4周の壁には正円の開口が設けられており、吹き抜けの上部には全ての階の書架を望むことができます。上部ハイサイド窓から差し込む光は、十字形の梁にぶつかり、拡散して吹き抜け下部へと落ちていきます。ぐるり一周、どこの方向を見ても本棚。この場所にいると、本に囲われていることを感じる事ができます。

カーンの建物を見て感じるのは、ストイックなまでに仕上げ材が制限されているということです。レンガ、コンクリート、木、トラバーチン(石)、ガラス、アルミ。外装も内装も、それだけで全て仕上げられています。また、閲覧テーブルやカウンターなどの人が留まる場所には、レンガ、木、トラバーチンなどの柔らかな素材を、吹き抜けやホールなどの象徴的な場所には、コンクリートやガラスなどの硬質な素材を意識的に使い分けているようです。素材の使い分けによって、ヒューマンスケールの居心地の良い場所と、ヒューマンスケールを越えた超越的な場所を作り出されています。

また建物の大きさの割に、とても細かな作り込みが配慮してある点がても好感が持てました。閲覧テーブル脇の窓には、外光を調整できるよう引き戸が設けてあったり、荷物を置く収納が設けてあったり、ゴミ箱収納がきちんと綺麗に納めてあったり。使う人にとって、とても親切な工夫がそこかしこに読み取れます。本を読んで理解していたルイス・カーンの空間は、論理的で硬いという印象を持っていたのですが、実際に作られた建物を見ると、決して論理的でお硬い訳ではなく、むしろ使う人に寄り添った人間的な建物であるという風に感じました。

phillips exeter academy library
住所:2-36 Abbot Hall, Exeter, NH 03833 アメリカ合衆国
開館時間:Monday – Friday 8:00 – 4:00(その他の休館日はwebで確認ください)
受付カウンターで芳名帳に記名すれば見学が可能です。

phillips exeter academy library
phillips exeter academy library
phillips exeter academy library
phillips exeter academy libraryphillips exeter academy library
phillips exeter academy library
phillips exeter academy library
phillips exeter academy library

フランク・O・ゲイリー設計「MITスタータ・センター」を訪れて

MITチャペルと道を挟んで反対に位置するフランク・O・ゲイリー設計の「MITレイ&マリア・スタータ・センター」へ。グリッドで構成された隣に並んだビルとは明らかに異なる表情。斜めに傾斜した壁面や曲面を描いた壁面が立ち並ぶ、激しいくらい動的な外観。台形や円柱など様々な形状の塔が一カ所に密集し、一つの建物を構成しています。

正直、私はこの手の建物はあまり好きではありませんでした。上っ面だけを派手に作り、見た目だけで勝負している、そんな建物でしかないと思っていました。しかし今回、この建物の内部空間を体験して、その考えは大きく変わりました。様々な形状の塔が集まって出来た隙間をとても効果的に使い、複雑で魅力ある内部空間が作り出されていました。

建物の中を歩いていると突然、上部から日が射し込んできたり、こちらからあちらの空間が見える。空間はアップダウンを繰り返し、クネクネと曲がり、気がつくと元いた場所に戻っている。そんな不思議な空間体験をすることができます。建物の中を歩いていながら、街の中を歩いている、そんな感覚に陥ります。カラフルな壁面の色使いによって、移動に従い、めくるめくように空間の質が切り替わっていきます。まるで一つのインスタレーション作品を体験しているような気分でした。

MITレイ&マリア・スタタ・センター
住所:32 Vassar St,Cambridge, MA 02139,アメリカ合衆国
開館時間:不明
※見学に関しては施設に直接問い合わせください。
私が訪れた際には、エントランスドアは出入り自由でした。

スタタ・センター スタタ・センター スタタ・センター スタタ・センター

エーロ・サーリネン設計「MITチャペル」を訪れて

エーロ・サーリネン設計MITチャペルを訪れる。が、改修工事の真っ最中。仮囲いで囲われ、残念ながら外から覗き見ることしか出来なかった。外観は煉瓦積み仕上げ。煉瓦をみると、大小巾が異なるどころか、いくつかは厚みも異なっているようで、所々出っ張っている煉瓦もあり、陰影が面白い。周辺に植えた樹々の影が外壁に影を落とし、とても美しい表情を見せている。サーリネンは廻りに植える樹々もバランスを考慮ながら配置したという。均一な煉瓦積みの表情では、自然の樹々とのバランスが悪いと考えたのではないだろうか。敢えてランダムに、不均一に煉瓦を積上げることで、樹々とのトーンを合わせようと意図したのではないだろうか。足下はアーチを採用し、円筒形のずんぐりした外観を軽くみせようとしている。ずんぐりした胴体に短い足がなんとも、かわいらしく見える。

MIT Chapel
住所:48 Massachusetts Ave,Cambridge, MA 02139,アメリカ合衆国

MITチャペル MITチャペル MITチャペル

レム・コールハース設計 マコーミック・トリビューン・キャンパス・センターを訪れて

ミース設計のクラウンホールの道路向かい側に建つ、
レム・コールハース設計の
マコーミック・トリビューン・キャンパス・センターへ
こちらは、IIT(イリノイ工科大学)のキャンパス内にある学生センター。
いわゆる、日本の大学で言う生協って言われているような、
学生食堂や文房具屋さん、ホールやカフェ等が納められている複合施設。
鉄道の走る高架下に建物を半地下にして納めるという複雑な構成をとる。
スロープや階段で連続していく断面構成はさすが、コールハース的。
ジグザグとした直角をもたない平面と相まって、
室内を歩いていくと、目の前には様々なシーンが次々と広がっていく。
スケール感が薄れ、どこまでも空間が続いていく様な不思議な感覚だ。
平面と断面を絡み合わせることで、
ここまで変化に富んだ空間ができるのかと、空間の妙に感心する。
静的なミースグリッドに貫かれたキャンパス計画の中にあって、
とても動的でいきいきとしたコールハースの空間。
ミースとは対照的に生命力に満ちていると感じた。
ARCHITRAVEL McCormick Tribune Campus Center

031 032 034

ミース・ファン・デル・ローエ設計 イリノイ工科大学クラウンホールを訪れて

シカゴ大学を離れ、イリノイ工科大学へ向かう。
バスに乗り、約30分。
キャンパス内は、グリッド軸がきれいに通り、
道路や植栽が規律正しく並んでいる印象。
まるでキャンパスのマスタープランを行ったミースの
秩序感、規律正しさがそのまま反映されているかのようだ。
キャンパス内にはミースが設計した建物が22棟存在している。
その中でも、私が最もミースらしいと感じている建物、クラウンホールへと向かう。

緑の中に黒い建物が現れる。
緑と黒のコントラストが、とても美しい。
都市の中で見るミースの建物とは印象が異なる。
無機質な環境の中にあるよりも、このような豊かな自然の中にある方が
ミースの建物は映えるように思う。

ファンズワース邸と同時期に設計されたということもあり、
空間構成が非常に似ている。
床スラブを地面から持ち上げ、その床を支える柱は内部空間から外へと持ち出し、
室内には柱の全くない、ユニバーサルな(=均質で自由な)空間を実現している。
ファンズワース邸と異なるのは、そのスケールだ。
66m×36mという大空間を、8本の柱と4本の大梁で実現している。
クラウンホールというその名前に相応しく、堂々と佇んでいる。
 ARCHITRAVEL IIT Crown Hall

092 093 099

ミース・ファン・デル・ローエ設計 School of Social Service Administrationを訪れて

シカゴ大学キャンパス内に建つ、
ミース・ファン・デル・ローエ設計のSchool of Social Service Administrationへ。
高さ1.5層くらいの細長いシンプルな建物だ。
ミースらしく、黒いスチールとガラスだけで構成されている。
まさに、ミースの唱えた「Less is more.」
(より少ないことは、より豊かなこと)が、表現されている。
白いカーテンに落ちる樹々の影が風に揺れている。
ファンズワース邸と同様、樹々の影を室内に落とすことで、
室内に居ながら、外の環境を意識させようと意図したのだろうか。
スチールの黒、カーテンの白、芝生の緑、コントラストがとても印象的だ。

ファンズワース邸やクラウンホールとは異なり、床スラブが地面と接している。
つまり、基礎が地面の上にしっかりと根を下ろしている。
そのためか、ミースの他の建物よりも安定感を感じる。
しかし、ガラスを留めつけているスチール方立ては、
あくまで地面から縁を切り、つまり、浮き上がらせて見せることで、
垂直力を受けていないと、主張させているようだ。
ARCHITRAVEL School of Social Service Administration

041 042 043

エーロ・サーリネン設計 シカゴ大学法学部図書館 内部

エントランス扉を開け、内部へと入ってみる。
1階はレセプションホールのようだ。
丁度、レセプションの最中だったので階段を上がり、図書館エリアへ。
2階から上階は、法関係資料を納める図書館となっている。
中央には、吹き抜けのホール。
ワッフルスラブ天井がとても美しい。
構造がそのまま、表現として成り立っている。
外観の硬質で冷たい印象とは異なり、
内部空間は包み込まれるようなあたたかな雰囲気。
サーリネンらしい流麗なデザインに溢れている。
ソファに腰をかけると、
ついつい時間が経つのを忘れてしまうほど、居心地が良い。
ここシカゴでは、どこかよそよそしくてクールな印象の
ミース的建物を多く見てきたからか、
その対極にある、どこか人間的で包み込まれるような空間に
逆に癒されてしまうのだろうか。
ARCHITRAVEL University of Chicago Law School

003 004 005

エーロ・サーリネン設計 シカゴ大学法学部図書館を訪れて

シカゴグリーンラインに乗り、シカゴ大学へと向かう。
シカゴ市内からは約30分。
まず訪れたのは、エーロ・サーリネン設計のシカゴ大学法学部図書館。
サーリネンといえば、先日訪れた
TWAターミナルの有機的な曲線がまず頭に思い浮かぶ。
しかし今回の建物は、ガラスに覆われたシャープな表情の建物。
TWAターミナルが、女性的だとすれば、こちらは男性的。
柔らかな曲線美に対して、硬質で鋭敏。とても対照的だ。
同じ設計者が同じ時期に、こうも異なるデザインを残すということが非常に面白い。
周辺環境や設計条件によって、違うルートをとれば、
このような多様な回答が生み出されてくるということなのだろう。

伝統的なゴシック様式の建物が立ち並ぶキャンパス内に
突如現れるガラスのキューブ。モニュメントのように強い存在感だ。
まるで垂直線を強調しているかのような、ガラスの方立が特徴的。
周辺の古典的なゴシック建築に敬意を表し
ゴシック的な上昇感を表現したのだろうか。
1960年時代に思い描いた未来の建築。
その新しさの中に、ゴシック的な懐かしい香りが漂う。
この何とも言えないバランス感覚。秀逸だ。
ARCHITRAVEL University of Chicago Law School

006 007 008

ミース・ファン・デル・ローエ設計「ファンズワース邸」を訪れて

ミース・ファン・デル・ローエが設計した中で世界的に有名な建物といえば、ファンズワース邸だろう。シカゴを訪れた際には、実際に見てみたいと以前から思っていた建物だ。今回は、シカゴ建築財団が主催している見学ツアーに参加してみる。一日かけてバスでシカゴ市内のミースが設計した建物を巡り、最後にファンズワース邸を訪れるというもの。

高速道路を約1時間走り、シカゴ郊外へ。窓の外を見渡すと、どこまでも麦畑が広がる。雑木林の残る一角でバスを降り、小さな小道を抜けていく。暫く歩くと、緑の木立の奥に、真っ白な建物が突如現れる。

オブジェのようだ。繊細なガラスとスチールの物体。華奢な細いスチール柱で支えられた屋根と床、2枚の板。最初に感じたのは、非現実感だった。別荘というより、純粋建築といった佇まい。ただただ美しい。美しさの他に建築に何が必要というのか、と建物が語りかけてくるよう。まるで人が住むことを拒んでいるような建築。「生活することを禁じられた別荘」究極のニヒリズム。

ARCHITRAVEL Farnsworth House

001 003 004

フランク・O・ゲーリー設計 ジェイ・プリツカー・パビリオンを訪れて

ミレニアムパークの中に、夕日を受けてオレンジ色に輝く物体。
フランク・O・ゲーリー設計の野外音楽堂「ジェイ・プリツカー・パビリオン」だ。
ゲーリーといえば、くねくねとした外観デザインが特徴。
しかし、エーロ・サーリネン設計のTWAターミナルを見た後では、
なぜか表層的なデザイン操作に見えてしまう。
とても軽いのだ。
強い理由から出てきたデザインでなく、
まるで後から取ってつけたような。
野外音楽堂という建物の性格上、つまり、内部空間が無いため
表層(外装)の意味づけが弱くなってしまうのだろうか?
次は、ゲーリーのきちんと中身のある建築物を見てみたい。

008 009 012

摩天楼の街 シカゴを訪れて

ここシカゴは摩天楼発祥の街と言われている。
(なんと「シカゴ」という街の名前は、
インディアン言葉、「にんにく畑」からきているという。)
街を歩けば、小さな街区に所狭しと超高層のビルが建ち並ぶ。
むしろ、広域な範囲にだらだらと小規模な建物が立ち並んでいる
東京の風景の方が世界的には異質なのだろう。
新古典様式のシカゴトリビューンタワーをはじめ、
川沿いには、バートランド・ゴールドバーグ設計の「マリーナシティ」
その隣には、ミース・ファン・デル・ローエ設計「IBMビル」
建築を学んだ者であれば、その名を一度は聞いたことのあるビルを
街中いたる所でみることができる。

シカゴ摩天楼 シカゴ摩天楼 014