カテゴリー: 九州・沖縄

国場幸房設計「ホテル ムーンビーチ」を訪れて

沖縄本島の恩納村のムーンビーチを取り囲むように建つ「ホテル ムーンビーチ」。沖縄復帰直後の昭和50年(1975)に竣工したホテルは、地元沖縄の建築家、国場幸房によって設計されたリゾートホテルである。

エントランスロビーとレストランを中心に配置し、そこを中心に南北方向へと伸びる2棟の客室棟が美しいムーンビーチをややくびれて取り囲む構成となっている。客室棟の中央部には、全ての階層を上下に貫く吹き抜けが位置し、吹き抜けの上部からは沖縄の強い光と南国の緑が降り注いでいる。その吹き抜けの最上部には屋根は無く、廊下も含めて屋外空間となっている。とてもおおらかでダイナミック空間構成、内部・外部が交互に、かつ、等価に組み合わされた空間構成、それがこの建物の特徴となっている。

ついつい、設計者という職業柄気になってしまうのだが、こちらのホテル、客室エリアの割に、共用部の床面積の割合が非常に多い。ホテルであれば、宿泊費という売り上げ利益を稼ぎだす部分は、客室である。宿泊施設という経営面から考えれば、共用部分を減らしてでも、客室を増やそうと考えがちである。
リゾートホテルというのは、ビジネスホテルなどと異なり、長期で滞在するというパターンが多いのだろう、ゆえに、ある程度の長い期間をその場で過ごすことが想定される。直接的に宿泊費を稼ぎださない部分に、これだけの空間、つまり、建設予算を割くことによって、このホテル内で過ごす時間が豊かになり、他のホテルにはない独創的な滞在価値が生み出されている、と言っても過言ではないだろう。

武骨な作りの連続していく手摺、軽快な床の表現、吹き抜ける潮風、窓外に見える青い海、色々な空間要素が重なり、ホテル滞在中、まるでクルーズ客船に乗船しているような気分であった。設計者が何をイメージしてこの建物を設計をしていたのかは、今では想像するしか手はないのではあるが、このホテルを設計するにあたって、設計者は国外へ視察旅行へ出かけたという話がある。その旅の途中でクルーズ船に乗船し、そのイメージが頭の中にあったのではないかと、勝手に妄想などしてみる。

ホテルムーンビーチ

  • moonbeach_hotel
  • moonbeach_hotel
  • moonbeach_hotel
  • moonbeach_hotel
  • moonbeach_hotel
  • moonbeach_hotel
  • moonbeach_hotel
  • moonbeach_hotel
  • moonbeach_hotel
  • moonbeach_hotel

象設計集団+アトリエ・モビル設計「今帰仁中央公民館」を訪れて

沖縄本島の今帰仁(なきじん)に建つ「今帰仁中央公民館」を訪れてきました。こちらの建物は1975年竣工、既に45年という時間が経過しています。公民館ですので、特にこれといった明確な建築的機能がある訳ではなく、地域の人たちが集まる場所というのがこの建物に求められていた機能のようです。集まる場所といっても、この南国の温暖な気候の下では、雨が避けられる屋根さえあれば、集まる場という要求自体は満たせてしまいます。こちらの建物も、基本的には大きな屋根を掛け、その下に簡易な間仕切壁で仕切ったいくつかのスペースと、その周りに取りついた回廊というシンプルな構成で成り立っています。

大きなコンクリート屋根は、真っ赤な列柱で支えられています。列柱が配置された半屋外の回廊のどこからでも入ることができ、とても開放性が高く、建物というよりも、屋根のあるオープンスペースといった感じです。ただ、屋根の下に入ると、列柱に囲まれた半屋外空間は、適度に外からの視界が遮られ、落ち着きのある場が生まれています。列柱群が、閉じる訳でもなく、開きすぎる訳でもなく、ある種絶妙な境界を作り出しているようで、外部でありながら、同時に内部であるという両義的な空間が実現しています。真っ赤な列柱と濃い緑の樹々の対比が強く、赤と緑が互いの色を引き立てあい、とても印象に残ります。

屋根の下に佇んでいると、心地よい風が吹き抜けていきます。居心地よい場があれば自然と人が集まってくる、人が集まれば、そこが公民館としての性質を帯びる。人が集まる場所として秀逸な場が実現できているのを感じました。

今帰仁中央公民館

  • 今帰仁中央公民館
  • 今帰仁中央公民館
  • 今帰仁中央公民館
  • 今帰仁中央公民館
  • 今帰仁中央公民館
  • 今帰仁中央公民館
  • 今帰仁中央公民館
  • 今帰仁中央公民館
  • 今帰仁中央公民館
  • 今帰仁中央公民館
  • 今帰仁中央公民館
  • 今帰仁中央公民館
  • 今帰仁中央公民館

菊竹清訓設計「都城市民会館」を訪れて

宮崎県都城(みやこのじょう)市に建つ菊竹清訓設計の「都城市民会館」を見に行ってきました。こちらの建物は、私がまだ建築を学び始めた学生の頃、本を見て「なんだ?このすごい建物は!」と衝撃を受けた建物の一つです。トゲトゲの突起を持つ巨大な巻き貝のような外観は一度目にしたら忘れられないものでした。1966年の完成から53年経った今でも、地方都市の平和な町並みの中に明らかな異物として存在感を放って建っていました。

建物の中心に要となる鉄筋コンクリートの構造体を置き、その要の部分から鉄骨の門型フレームが扇状に広がり、円弧型の屋根を吊り下げています。噂によれば、ベビーカーの幌がデザインモチーフになっているとか。確かに昔のベビーカーの幌の形によく似ています。屋根形状が円弧でなく非対称となっているのは、どうやら内部空間の必要性から来ているようです。一方が客席空間、もう一方がステージ部分となっており、部分毎に要求される奥行きや天井高が異なり、それがそのまま外観の形に現れている様です。(既に建物は閉鎖中で、中に入れませんでしたので、私の予想でしかないのですが。)

気持ちがざわつくような圧倒的な外観。その「奇抜さ」は、今でも衰えること無く、そこに存在していました。まるで、その周辺環境を拒むかのように。このような建ち姿が果たして良いのかどうか、私には判断がつきません。建築というのは、(最初は違和感がありながらも)その場所に時間とともに馴染み、人々に大切に利用され、自然とその町に溶け込んでいくものだと思います。この建物が、今でも異物感ある建物だということを、良い意味ととるか、悪い意味ととるか、設計に携わる者として、じっくりと時間をおいて考えてみる必要があると、感じました。

都城市民会館 住所:宮崎県都城市八幡町11−1
2019年4月の時点で、建物は閉鎖中。(その後、2020年3月に建物は解体されました)

菊竹清訓「都城市民会館」
菊竹清訓「都城市民会館」

  • 都城市民会館
  • 都城市民会館
  • 都城市民会館
  • 都城市民会館
  • 都城市民会館
  • 都城市民会館
  • 都城市民会館
  • 都城市民会館
  • 都城市民会館
  • 都城市民会館
  • 都城市民会館
  • 都城市民会館
  • 都城市民会館
  • 都城市民会館
  • 都城市民会館
  • 都城市民会館
  • 都城市民会館
  • 都城市民会館
  • 都城市民会館
  • 都城市民会館
  • 都城市民会館
  • 都城市民会館

片岡献設計「聖クララ教会(与那原カトリック教会)」を訪れて

打合せのため、夏真っ盛りの沖縄へ。打合せの合間を縫って、以前から訪れたいと思っていた与那原の「聖クララ教会」を訪れてきました。

与那原へは県庁前からバスで約30分。バス停を降り、ふと見上げると、丘の上に中央が低くなったバタフライ型の特徴的な外観が見えています。その外観に誘われるように、丘の上へ上へと階段を上っていきます。敷地内は、地元の方の通り抜けになっているのか、途中、さまざまな人とすれ違います。教会というと何となく近寄りがたいイメージがあるのですが、こちらの教会はとても親しみやすく、敷地内には沖縄らしい柔らかな空気が流れています。

エントランスを通り抜け、中へ入ると、目の前には沖縄らしい濃い緑の樹々と光の溢れる中庭が広がっています。その中庭を取り囲むように配置された回廊をぐるりと廻り、聖堂へ。

聖堂内に入ると、右手には色とりどりの色ガラスの嵌まったガラスサッシ、正面には祭壇が見えてきます。入口から祭壇に向けては、次第に高くなっていく天井。その視覚的効果なのか、(実際に距離の割に)祭壇が間近に迫っているように感じます。これは、神を遠い存在ではなく、より親密に(身近に)存在として感じるよう、設計者が意図してデザインしたのかもしれません。そうだとすれば、さりげなくありながら、とても秀逸な仕掛けです。

椅子に座り目を閉じていると、海風が聖堂内を涼やかに吹き抜けていきます。色とりどりのガラスが嵌め込まれたガラスサッシは、部分部分、開けることが出来、その部分には網戸も取付けてあります。左右の開口部からは、途切れること無く風が流れていきます。ただ美しいだけでなく、とても使い勝手よく、気候風土を考えた合理的な造り。

写真から勝手に考えていたイメージではもっと硬質な崇高な空間だと思っていたのですが、実際にこの場を訪れて感じたのは、とても親しみやすく、温かな空間だというということでした。沖縄の、あの温度、あの湿度、あの静けさ。言葉や写真では伝えきれない沖縄の濃密な時間が、そこには存在していました。

聖クララ教会(与那原カトリック教会)
住所:沖縄県島尻郡与那原町字与那原3090-4
電話:098-945-2355
見学に関する問い合わせは直接教会へ

聖クララ教会 聖クララ教会 聖クララ教会 聖クララ教会