カテゴリー: 東アジア

丹下健三設計「台北聖心女子大学」を訪れて

台北中心部より電車で北へ30分、更にバスに乗り換え、計1時間。ゆうゆうと流れる淡水河畔、牧歌的な町並みが広がります。台北市街地とは異なり、ここでは少し時間がゆっくり流れているようです。今回の旅の目的は1967年竣工、丹下健三設計による「台北聖心女子大学」です。

淡水河を見下ろす丘の上に建ち、丘の起伏を利用した空間構成が特徴的。平面は、一筆描きのように丘の上をクネクネと這うように折れ曲がりながら、奥へ奥へと続いています。円筒状の垂直コアとそれに架け渡した水平スラブ(床)によって構成されています。同時期に設計された「山梨文化会館」や「静岡新聞・静岡放送東京支社ビル」などの建物と同様の造り。が、他の建物と異なるのは、円筒状コアがランダムに配置されており、より動きのある平面空間が生まれていること。

雑誌で見ていたランダムな平面は、ちょっとデザインが過剰すぎるのではないか、と思ってましたが、実際にここを訪れて感じたのは、不条理さが一切ないということでした。丘のアップダウン、緑の樹々と相まって、このランダム平面がとても自然に感じられました。この環境で、真っすぐな平面を配置したのでは逆に、周囲から対立し、浮き立ってしまったでしょう。流石、丹下と脱帽しました。このような敷地の質の読み取りを丹下健三がしていたかどうかは、私の想像でしかありませんが。

建物内には、そこかしこにベンチや空間溜まりが用意されており、学生達は思い思いに腰をかけ、本を読んだり、話をしたりしています。建物のスケールが大きい割に、細部の作り込みはヒューマンスケールで、居心地の良さを感じます。各所の曲面ディテールや、外壁仕上げのざらっとした表情のテラゾー(人造研ぎ出し)が、一役買っているのかもしれません。

日本国内で見る丹下健三の建物とは少し異なる優しい空間が生まれているように感じました。それは、台北の気候や風土が作り出したのかもしれませんね。

台北聖心女中学校
住所:新北市八里區龍米路一段263號
電話:
※見学に関しては施設へ直接問い合わせください。
私が訪れた際は、警備員室から担当者に許可を得て特別に見学させてもらいました。

台北聖心丹下健三
台北聖心丹下健三 台北聖心丹下健三
台北聖心丹下健三
台北聖心丹下健三

ジャン・ヌーベル設計「サムスン美術館Leeum/Museum2」を訪れて

前回に続いて、サムスン美術館リウムのレポートです。マリオ・ボッタ設計のミュージアム1に続いて、ジャン・ヌーベル設計のミュージアム2へ。2つの棟は地下のエントランスホールで繋がっています。こちらはジャン・ヌーベルらしい大屋根が掛かった直線的な建物。どの建物も個性的でお互いに競い合って建っているよう。マリオ・ボッタの中世的な表情に対して、こちらは現代的。

外壁からランダムに突き出した黒い箱の中が展示スペースとなっています。展示空間の中からは、黒い箱の中に展示された作品と、ガラス窓(場所によっては内側は遮光スクリーンが下ろされていますが)が交互に並び、まるで展示作品と外の景色が等価に扱われているように見えます。こちらはミュージアム1に比べて、明るく開放的な展示空間となっています。ミュージアム1には青磁などの古典的な作品、ミュージアム2にはモダンアートと、展示される作品の性格に合わせ全く異なる展示空間が用意されたのかもしれません。作品の大きさや見る方向も多様なモダンアートにとって、このようなランダムな配置方法は有効に働いているように思えます。

レム・クールハースの設計した児童教育センターは時間の関係で残念ながら中を見ることができませんでした。2つの建物を見るだけで既にお腹いっぱいになってしまったこともありますが。それはまた次の機会に。このような3人の世界的建築家の建物を同時に体験できるのは、他にはないことだと思います。

サムスン美術館ミュージアム2web
住所:ソウル特別市竜山区イテウォンロ55ギル, 60-16
開館時間:10時30分〜18時
休館日:毎週月曜日、1月1日、旧正月連休、秋夕連休(詳しくはwebで確認ください)
入館料:常設展10,000ウォン/企画展8,000ウォン
電話:02-2014-69013

サムスン美術館Museum2 サムスン美術館Museum2 サムスン美術館Museum2 サムスン美術館Museum2

マリオ・ボッタ設計「サムスン美術館Leeum/Museum1」を訪れて

韓国ソウルで以前から訪れてみたかったサムスン美術館リウムに行ってきました。世界的な建築家マリオ・ボッタ、ジャン・ヌーベル、レム・クールハースの3人によって設計された3棟の建物で構成されてます。それぞれ個性的な建築をつくる3人ですので、各棟は立面的にそれぞれ独立して建ち、地下のエントランスホールからそれぞれの建物へアクセスできるようになっています。

逆さまにして地中に差し込んだような円錐形と長方形が並んだミュージアム1。こちらはマリオ・ボッタ設計。シンプルな幾何学形態はマリオ・ボッタのトレードマークともいえる赤茶色のテラーコッタ・レンガ仕上げで覆われています。

平面は、螺旋階段とトップライトを中心に設け、その廻りをぐるりと展示スペースが取り囲むドーナツ形をしています。展示空間には一切窓がなく、暗い室内の中で作品が照明に照らされています。壁には外形の逆円錐形の傾きがそのまま現れています。この傾きによって、空間に流動性が生まれているように感じました。奥へ奥へと導かれるように進んでいきます。白い壁に触ってみるとざらっとした独特の質感。磨き漆喰のようです。ほんの小さな操作ですが、壁の傾きや質感がこの空間を成り立たせている重要な要素なのでしょう。

ぐるっと一回りするとその階の展示が見終わります。次の階へは中央の螺旋階段を通って移動します。明るさを抑えた展示空間から一転、トップライトから降り注ぐ真っ白な空間へ。突然、現実に引き戻されたような気分になります。

展示空間から移動空間へ。そして、移動空間から展示空間へ。暗と明。オンとオフ。緊張と開放。対比する空間を交互に通り抜けていきます。シンプルな構成ながら、集中して作品鑑賞することができるとても優れた展示空間だと感じました。

サムスン美術館ミュージアム1web
住所:ソウル特別市竜山区イテウォンロ55ギル, 60-16
開館時間:10時30分〜18時
休館日:毎週月曜日、1月1日、旧正月連休、秋夕連休(詳しくはwebで確認ください)
入館料:常設展10,000ウォン/企画展8,000ウォン
電話:02-2014-69013

サムスン美術館museum1
サムスン美術館museum1 サムスン美術館museum1  サムスン美術館museum1

ザハ・ハディド設計「東大門デザインプラザ」を訪れて

韓国ソウル、東大門に2013年に竣工した東大門デザインプラザ(DDP)。設計者は今、新国立競技場の設計者白紙撤回で話題となっているザハ・ハディド氏。デザインプラザの名の通り、こちらの建物は美術館やイベントスペースやショッピングモールなどが複合した施設です。

その異様で巨大な外観は、遠くからでも目にとまります。ビルが建ち並ぶ街の中にその姿を見つけた時、頭に浮かんだイメージは「不時着した宇宙船」でした。艶かしいシルバーの曲面外皮、重力を無視したかのような不安定なバランス、窓などの建築的な手掛かり全く見えないつるりとした外形。どこをとってもこれを建築と定義する要素が見つかりません。今にも地面からふわりと浮いて、宇宙へと飛び立っていきそうな佇まい。

敷地周辺には、歴史的建造物の東大門や人々が屋台で賑わう東大門市場などの昔ながらの雑多なアジアな街並が広がっています。なんの脈絡もなく巨大な塊を街の中にごろんと置いた、ぶっきらぼうさを感じました。必要なのは、周辺の街のコンテクスト(脈絡)よりも「新しさ」だとザハはコメントしているようですが、その巨大なスケールは余りにも暴力的です。確かに新しさという設計コンセプトは実現しています。新しすぎて地球上の物体に見えないくらい。周辺の文脈を読み取るか、それとも無視するか。どちらが正しいとははっきりとは言い切れないのでしょうが、少なくとも私には周辺と調和しているとは感じられませんでした。

あいにく訪れたのは開館前で内部に入ることはできませんでしたが、内部に入ればまた印象は変わるのかもしれません。外皮の中には、きっとザハらしいスピード感のある内部空間が広がっているのでしょう。んっ?でもそれって宇宙船感をさらに冗長してしまうのかな。それはまた次の機会に。

東大門デザインプラザweb
住所:ソウル市 鍾路区(チョンノグ) 乙支路7街(ウルチロチルガ)2-1
開館時間:10時〜19時、21時、22時(閉館時間は施設毎に異なりますのでwebで確認ください)
休館日:無し(詳しくはwebで確認ください)
入館料:企画展毎に異なります
電話:02-2153-0408(英語のみ対応)

東大門デザインプラザ 東大門デザインプラザ 東大門デザインプラザ 東大門デザインプラザ