カテゴリー: 外装

屋根端部をすっきりと納める方法

「岩室の平屋」現場では現在、屋根工事が行われています。今回の屋根は、ガルバリウム鋼板葺きとしているのですが、ガルバリウム屋根葺きと一言で言っても実は、さまざまな葺き方があります。瓦棒葺き、縦ハゼ葺き、横葺き、と、その他多数。近年は、現場での施工手間を減らすため、パチパチと留め付けるだけで簡単に施工が完了するタイプの屋根葺き工法もあって、施工時間の短縮化、施工手間の軽減が大幅に図られています。(同時に防水性能の向上も年々、図られているようです。)

ガルバリウム鋼板自体も年々、性能が上がり、さび保証20年以上の高耐候製品や遮熱性能を持つ製品も現れてきています。工事コストと屋根防水性能を考えると、他に選択肢がないくらい、ガルバリウム屋根が国内の屋根業界を席巻しているのが現在の状況です。

今回、屋根葺きに採用したのは、昔ながらの手で締め付け加工を行う「縦ハゼ葺き工法」。なぜわざわざ、と思われるかもしれませんが、敢えてこの方向を選択したのは、見た目がすっきりと美しく納まるから。

・軒先に雨どいを取り付けないので軒先が良く見える
・平屋で建物の高さが低く、軒先が近くに見える
・平屋の特徴である水平ラインを強調したい

これらの要素を考慮し、縦ハゼ葺きのハゼ部分を軒先端部でつぶしたシャープなデザインにしたい、と考えました。そんな細かい所まで、と思われるかもしれませんが、そのような小さな部分を積み重ねることで、最終的な建物の見え方が大きく変わってきます。上の写真は、屋根の端部納まり部分。屋根端部でハゼの立上り部分を折り曲げ処理し、水平ラインがくっきりと、すっきりとします。

上の写真は、縦ハゼを締め込んでいくための道具「ハンドロールシーマー」。

職人さんの話では、近年、簡易型のキャップ式施工方法が主流で、手加工をしたのは、数年ぶりとの事。施工方法が簡易化・効率化していく流れの中、このような手間の掛かる工法は、いつか姿を消していくのかもしれません。

隣り合った屋根材の立上り部分を専用の道具で掴んで折り曲げていきます。折り曲げることで屋根材同士が一体化し、継ぎ目のない一枚の屋根となります。端部は大きなペンチのような道具(通称「がちゃ」と呼ぶそうです。)を使ってがちゃ、がちゃと締めこんでいきます。長い召し合わせ部分は、ハンドロールシーマ―で、立上りに沿ってローラーでぐいぐいと押し込んで締めていきます。


設計者としては年々、工法の選択肢が減っていくのは非常に悩ましいことではあるのですが。デザイン上、選べるものが無くなっていくことですので。もしかすると数年後には、手で加工するこのような工法を現場で目にすることが無くなっているかもしれません。

 

「上越高田の家」杉南京下見板外壁貼り

「上越高田の家」今年は珍しく、上越でも積雪が少ないため外回りの工事が順調に進んでいます。例年であれば、春までは屋根や外壁などの外回り工事は完全に止まってしまうのですが。

今回、外壁に採用したのは「杉南京下見板貼り」です。この工法は、上越地域で昔から伝統的に採用されていた外壁材で、昔ながらの建物には必ずと言って良いほどこの外壁材が貼られています。杉板という材料が最も安価で手に入り易かった事、また、積雪の多い地域において耐湿性・耐候性の高い材料という事から採用されていたのかもしれません。

サイディング貼りや板金貼りの建物が多い中、昔ながらの杉板貼りの建物は、なんだか懐かしさを感させます。着色も、敢えてアンティークな雰囲気になるような塗料を選び、新築でありながら、まるで以前からそこにあったような雰囲気をまとっています。また自然素材は、見る人に心理的な安心感を与えてくれるような気がします。

メンテナンス性や耐候性、コストなどを考えれば、サイディング貼りや板金貼りに軍配が上がるのでしょうが、自然素材には、それらを補って余りある独特の質感と特質があるように思います。

杉南京下見板貼
杉南京下見板貼
杉南京下見板貼

標準化住宅プロジェクト「ベーシックハウス」外壁杉縦羽目板貼り

標準化住宅「ベーシックハウス」外部足場が外れ、建物の外観が表れました。施主さん自らがDIY塗装した杉板を、縦羽目張りで大工さんに張り付けてもらいました。少し茶色掛かったグレー色がとても落ちついた雰囲気を醸し出しています。まるで竣工して暫く経ったかのような佇まいです。

杉板は自然材料ですので、時間の経過とともに更に表情が変化していきます。経年変化を楽しむのも、建築のまた一つ楽しみではないでしょうか。

杉縦羽目板貼
杉縦羽目板貼
杉縦羽目板貼

「与板の平屋」耐雪仕様の屋根について

「与板の平屋」こちらの建物が建つ地域は、冬期には2m近くもの積雪がある時があります。そのため、屋根の上に雪が積もっても屋根がたわんだりしないよう、高さ1.8mの雪の積雪荷重を見込んで屋根部材の構造計算をしています。冬の間、雪下ろしをせずに雪を屋根の上に載せたままとする、いわゆる耐雪住宅仕様となっています。

通常の建物の屋根垂木に比べ、かなり大きな屋根部材が狭い間隔で並んでいるのが写真で分かるかと思います。また、屋根上の雪が滑り落ちていかないよう、屋根勾配も緩く設定しています。

雪国で暮らす人にとって、雪おろしや雪かきは、毎日の生活の中において、かなりのストレスになります。ちょっとした工夫で冬場の快適さが増すのは、とても良いことですね。と、この記事を書いているのはお盆前の猛暑日。冬は、まだまだ先のことですが。

耐雪屋根仕様
耐雪屋根仕様
耐雪屋根仕様
与板平屋

「江ノ島小屋」自然素材の耐候性

「江ノ島小屋」こちらの建物、台風ともなれば屋根の上から波をかぶる程、海に隣接した敷地に建っています。塩に対する耐候性を考慮し、外壁にはパイン(松)の板を張り込みました。ステンレスでさえも、数年で腐食してしまうようなハードな外部環境。

竣工当初、赤茶色だった松板の外壁は、竣工から12年の歳月が経ち、すっかり灰色に変色し、味わい深い表情を見せています。色こそ変化しているものの、板が反ったり、剥がれ落ちたりすることもなく、雨風や日差しからしっかりと建物を守っています。汚れたという印象はなく、むしろ味わいを増した、という表現の方が良く合います。板金やサイディングなの新建材では、きっとこうはいかなかったでしょう。

自然素材というと、耐候性が低く、メンテナンス性の面でも手間がかかると思われているかも知れませんが、このようなハードな外部環境に対しては、新建材にも劣らない性能を持つ事が証明できたのではないでしょうか。時間が経つに従って、価値が減るのではなく、逆に価値を増すというのは、自然素材にしか出せない利点だと思います。

パイン外壁経年変化
パイン外壁経年変化

「上越高田の平屋」耐雪仕様の屋根

昨年末に引き渡しをした「上越高田の平屋」へ行ってきました。引き渡しを行なったといっても、最終チェックで手直しとなった部分の工事や棚や家具の追加工事など、やらなければいけないことがまだまだあります。また、冬という時期だけに、アプローチやカーポートなど、外構工事についてはまだ完了していません。まだ暫くは上越へ通うことになりそうです。

敷地内は雪が積もって真っ白に。例年と比べれば、雪は少ない方。こちらの住宅、屋根の上に2.5mまで雪が積もっても大丈夫な耐雪仕様で構造計算をしています。2.5mといえば、身長よりも高い雪の量。その地域に暮らしている人にとっては迷惑な話かもしれませんが、実際にそこまで雪が積もった建物の姿、一度見てみたいものです。

上越高田の平屋
上越高田の平屋
上越高田の平屋

「上越高田の平屋」見る角度によって変化する外壁

「上越高田の平屋」外部足場が解体され、外観の全貌が現れました。敷地一杯に広がる平屋の建物。やっとここまできたなあと、感慨深いものがあります。

以前ににも書きましたが「上越高田の平屋」の外壁にはガルバリウム鋼板の「横はぜ葺き」を採用しています。一枚一枚が微妙に角度を持ち、魚の鱗のように光を乱反射して、艶やかな表情を見せてくれます。見る角度や時間によって、青空や夕陽の色、雲の色、樹々や土の色など、周囲の風景を移し込み、さまざまな色へと変化していくのが分かります。ある時には青みがかって、またある時には墨色であったり、オレンジ色であったり。

まるで建築に命が吹き込まれたかのようです。変化しない建築に変化を与えてくれる光と反射というものは、まだまだ奥が深いと改めて思いました。今回の外壁仕上げは、私の予想を遥かに上回るほど素晴らしい効果を上げててくれています。

動きのある板金外壁 動きのある板金外壁 動きのある板金外壁 動きのある板金外壁

「上越高田の平屋」表情を豊かにする外壁板金の張り方

「上越高田の平屋」年末の完成まで、後1ヶ月を切りました。先日まで暑い暑いといって汗をかいて現場作業していたのが、気がつけば朝夕、肌寒ささえ感じるようになりました。ここ上越は新潟県内でも雪の多い地域。例年であれば12月になれば、そろそろ初雪の降る頃です。今後の工事進行を考えれば、雪が積もる前に何とか外回りの工事を終わらせてしまいたいところです。が、現在、外壁の板金工事の進捗状況は1/5くらい。まだまだ時間が掛かりそうです。

今回、外壁に選んだガルバリウム鋼板の張り方は、「横はぜ葺き」という工法。板金ピースの端部を引っかけて一枚一枚、手仕事で張りつけていきます。手作業のため、ジョイント端部には少しヨレができ、無機質になりがちなガルバリウム鋼板の表情に温かみが生まれてきます。また、少しへこんだ部分には影ができ、のっぺりした印象になりがちな立面に立体感が生まれてきます。

ガルバリウム鋼板のような工業製品を使うとどうしても、つるっとした味気ない表情になってしまうのですが、このような現場での手仕事が必要な工法を敢えて使うことで、職人さんの手跡の残る、愛着ある表情を作り出すことができます。

とはいえ、工場生産された外壁材をただ貼っていくのと違って、やはり手間と時間が掛かります。ただ、そこまで手間を掛けてつくった以上の価値がそこにはあります。残された時間は後少し。少しでもペースを早めて次の工程へと繋げていきたいところです。

ガルバ横はぜ葺き ガルバ横はぜ葺き ガルバ横はぜ葺き ガルバ横はぜ葺き

「亀田東町のコートハウス」外壁をチープに見せないための工夫

亀田東町のコートハウスの外壁は、耐候性能が高く、軽量で施工コストが安いという理由からガルバリウム鋼板張りとしています。しかもその中でも最も安価な「小波板」という形状の鋼板を選択しています。ですので、ちょっと使い方を間違えると、だたのチープな倉庫に見えてしまいかねません。張り方に細心の注意を払い、かつ色選びを慎重に行ないました。

ガルバリウムの色はトーン抑えめの「いぶし銀」で落ち着いた雰囲気に。またガルバリウム鋼板だけでは味気ないので、ポイントとなるよう部分部分で木の板を張り、少し明るめの茶色に着色しています。ローコストといえども、工夫次第で他の建物に劣らない程の堂々たる雰囲気になります。いかがでしょうか?チープにはみえないでしょ。

ガルバリウムいぶし銀 ガルバリウムいぶし銀 ガルバリウムいぶし銀

「岩室の家」6年目の杉板外壁の表情

「岩室の家」の外壁は杉板貼りです。杉板の表面には仕上げ鉋を掛けず、荒加工のまま、杉板表面を塗装せず、素地仕上げで外壁に張り込みました。竣工当初は肌色に近い明るい色目だった杉板は、6年の時を経て、落ち着いた灰色へと表情を変えています。灰色の外壁が庭木の緑の背景となり、より一層緑を引き立てています。杉板の白身の部分(柔らかい分)は雨風に削られ、赤身の部分(木目の硬い部分)が残り、うづくり加工をしたように木目がきれいに浮き出して見えます。

自然素材を仕上げに使う良さは年月とともに、味わいを増していくことだと思います。近年の工業化された外壁材ではこのような味わいは実現できません。新建材では、経年変化は、劣化や汚れとして見えてしまいます。自然素材を使う為には、定期的なメンテナンス必要となり多少手間が掛かってきますが、この表情は何にも代え難い価値だと思います。唯一、時間だけが作り出せる価値です。数年後、更にどんな表情へと変化していくのか、とても愉しみです。

杉板経年変化
杉板経年変化
杉板経年変化

新潟浦山のコートハウス 外壁吹付け工事

新潟浦山のコートハウス。外壁の塗装工事が完了した連絡を受け、状態確認のため現場へ。施主さんと一緒に外壁サンプルをじっと睨みながら選んだ仕上がり。どんな風に仕上がっているか、期待が高まります。サンプルで見ている塗装仕上げは30センチ角程度の大きさですので、大きな面に塗ったものよりもやや色が暗めに見えます。いわゆる、面積効果というものです。そのため、サンプルで見ているものよりも、実際に塗る色は1段階か2段階、濃い色目を選ぶ様にしています。また、ざらっとしたテクスチャーも小さなサンプルで見ているものと、大きな面に塗ったものとは、印象が変わるため、サンプルで見ているものよりもよりラフなものを選ぶようにしています。その辺りのさじ加減調整は設計者の経験による所が大きいのかもしれません。
そんなこともあり、選んだ仕上げが実際にイメージ通りになるかどうは、最後仕上がってみるまでは分かりません。(といっても、判断を放棄している訳ではありませんのでご心配なく)現場を訪れて実際に仕上がりをみると、落ち着きのある表情に仕上がっていました。でこぼこと凹凸のある仕上げのため、陽の当たる方角によって見える印象が異なり、それもまた趣があって面白いと感じました。

外壁吹付け仕上 外壁吹付け仕上 外壁吹付け仕上

新潟浦山のコートハウス 外壁仕上げサンプル

新潟浦山のコートハウス、内装工事は着々と進んでいます。今年は予想以上に早い時期に雪が積もり、外壁工事がストップしていましたが、そろそろ天候の合間を見て仕上げに取り掛かっていきたいところ。新潟での冬の工事は天候に左右されます。今回は吹き付け塗料で外壁仕上げを行ないます。メーカーから取り寄せた塗装サンプルを現場内に並べ、施主さんと打合せ。カタログ写真で見るのと、実際の立体的な塗装面を見るのとでは全く印象が違います。多くのサンプルの中から悩みに悩んで一枚を選択。天候の回復を見て、塗装工事に取りかかっていきます。

外壁塗装サンプル 外壁塗装サンプル