カテゴリー: 断熱・ZEH

「岩室の平屋」軒先長さの検討

「岩室の平屋」スタディ模型を使って、軒先長さを検討中です。「岩室の平屋」は、真南の面をガラスの大開口という構成にしています。これだけの面に真夏の日が当たれば、かなりの日射熱が室内に入り込んでしまいますので、真夏の日差しを遮る庇を設けています。逆に、冬場であれば、できる限り日差しを室内に取り込んで、室内を暖めたい、と夏と冬では、日差しを遮る条件が異なります。

南側から差し込む日差しは、夏と冬では、差し込んでくる太陽高度が大きく異なるので、軒の長さをうまくコントロールすることで、夏には陽を遮り、冬には陽を取り込むという調整ができるようになります。できるだけ空調機などの機械の力に頼らず、自然の力を使ったパッシブ(受動的)な室内環境を実現しようという考え方です。

南側に面したガラス窓の高さと軒先の長さから算出すると、日差しの角度が約64度を超えれば、室内に日差しが入らないという事になります。
新潟の太陽高度から算出してみると、
6月中旬~7月中旬は、午前10時から13:00頃まで、
8月上旬から下旬は、午前11時から12:30頃まで、昼の前後に掛けては陽差しを完全に遮ることができる事が分かります。

逆に、10月から5月頃までは、室内へ一日を通して日差しを取り込む事ができるという事になります。
特に寒い12月頃の太陽高度を見てみると昼くらいに29度ですので、かなり室内の奥にまで陽が差し込む計算になります。(天気が晴れればですが)

日差しを遮りたい期間を考慮すると、もう少し軒先を長くしても良いかな、という感じですが、今回、窓際には障子戸を設けますので、ある程度の陽差しのカットは障子戸でも調整できるだろと考えて、庇長さ:窓高さ=1:1.8という比率で設定しました。

寒い地域であれば、もっと軒を短くして日射熱を取り込む方が有利でしょうし、暑い地域ではもっと軒を伸ばして遮る方が有利でしょうし、冬場に太陽が出る日数が多い・少ないで、そのバランスは変わってきます。軒の長さは、建物が建つ地域の気候特性によって異なりますので、いくつが最も適しているかは、一概に言い切ることはできず、気候条件を判断した上で決定していく必要があります。

軒先長さ確認

「上越滝寺の店舗併用住宅」軒先長さと窓高さのバランスについて

「上越滝寺の店舗併用住宅」こちらの住宅は、南側に面して大開口を設ける構成を採用しています。室内を明るく、開放的にしようと安易に大きな窓を設けてしまうと、夏場に日差しが差し込み、(見た目は良いが)暑くて快適に過ごせない空間となってしまいます。そこで、こちらの住宅では窓の上部に大きく軒を張り出し、夏の日差しを遮るような作りとしています。

軒の長さと窓の高さのバランスによって、どの季節に陽差しを遮るかが決まってきます。今回、軒長さ:窓高さ=1:1.3という比に設定しています。1:1.3を角度に換算すると、約52度。太陽高度が52度を超えれば陽差しを遮り、52度を下回れば、陽差しが差し込んできます。上越という場所で算定してみると、
5月中旬から7月中旬:午前9時頃から14時30分くらいまで、
7月中旬から9月中旬:午前10時30分頃から13時くらいまで、
と、およそ夏の暑い時期の昼にかけての時間帯、陽を完全に遮ることができると分かります。
これはかなり有効な数字で、夏場には有利に働くと予想されます。

ちなみに、10月中旬から3月中旬までは一日を通して室内に陽が差し込み、室内を暖める効果が期待できます。冬場の太陽高度は約30度と低く、もし晴れれば室内へ多くの陽が差し込むのですが、雪の日が多い上越では、冬季の日射熱効果はあまり期待しない方が良いかもしれません。という事で、南側の開口部のガラスといえども、日射取得型ではなく、日射遮蔽型を採用していく方が良いかと。近年、温暖化が急速に進んでいるようで、ここ上越でも雪が少なくなってきています。温熱環境を判断する上でも、冬季よりも、夏季を基準に検討していった方が今後は良いのかもしれません。

軒先長さ

「燕のガレージリノベーション」断熱内壁工事

「燕のガレージリノベーション」現在、大工工事が進んでいます。もともとの建物が車庫(倉庫)でしたので、壁や天井には断熱材が一切入っていませんでした。このまま仕上げをして見た目だけがきれいになっても、夏熱く冬寒いのでは、快適に過ごすことは不可能です。ですので、先ずは部屋をぐるりと囲うように断熱工事をしていきます。

通常の建物ですと、壁の内部に断熱材を入れてあるのですが、リノベーションに当たって、内壁全てを一度解体して、断熱材を入れ、再び内壁を仕上げていては、解体費の分、割高になってしまいます。そこで今ある壁を解体せずそのまま残し、その壁の内側に新たに壁を新設し、断熱材を入れるという方法を採用しました。魔法瓶のように内側で更に断熱するイメージというと分かりやすいかもしれません。

また、この方法を採用したもう一つの理由は、既存建物の精度でした。既存の建物はすでに傷みが進んでおり、壁や床がすでに水平、垂直ではないという状況でした。新たに設置する壁であれば、正しく水平垂直を出せるという事。かつ、内側に壁を建てることで構造的な補強にもあり、耐震性も上がるという事にも期待しました。 とうことで、まずは外壁に沿って内壁を設置中です。この下地の内側に断熱材を入れ込んでいきます。

内壁断熱工事
内壁断熱工事

「上越高田の家」充填断熱工事

「上越高田の家」現在、断熱工事が進行中です。ここ上越地域は新潟県の中でも、冬の期間が長く、積雪量の多い地方ということを考慮し、断熱性能を高めに設定しています。

床、外壁、天井と、建物全体をぐるっと魔法瓶のように断熱材で囲っていきます。今回の建物で採用しているのは、充填工法と呼ばれる在来木造の一般的な断熱工法です。気密性を確保するため、断熱フィルム同士の隙間がないよう、重ね合わせ寸法などをチェックしていきます。

断熱工事
断熱工事
断熱工事

標準化住宅プロジェクト「ベーシックハウス」断熱性能について

標準化住宅プロジェクト「ベーシックハウス」現在、断熱工事が進行中です。ベーシックハウスは、ローコストを目標とした建物ですが、標準仕様で断熱等級4=フラット35S断熱(新潟地域)仕様に対応しています。断熱等級4とは、改正省エネ基準(H25年基準)での最高等級となります。もうワンランク仕様を上げれば、ZEH(ゼロ・エネルギー住宅)にも対応することも可能です。

金利メリットがあって、かつ、暑さ寒さに強い家。心地よさや見た目などのデザインも重要ですが、断熱性能や耐震性能などの基本性能も疎かにしないように考え、設計をしています。デザインは良いのだけど、断熱性能はちょっとね。。。なんて建物では、やっぱり住みにくい住宅になってしまいますので。

断熱工事
断熱工事
断熱工事

ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)に対応いたします。

ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)ビルダー登録設計事務所となりました。金子勉建築設計事務所では、ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)の新築、または、既存住宅をZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)へ改修する際の補助金(補助額75万円)申請業務を行うことが可能となりました。
当事務所のZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現目標等はこちらをご覧下さい。

「ベーシックハウス」断熱工事と断熱仕様について

「ベーシックハウス」サッシ取り付けに続いて、現場は断熱工事に入っています。木造の場合、断熱工事といっても、断熱工事専門の職人さんが行う訳ではありません。やっぱりここでも大工さんの登場です。大工さんは木工事を行うだけでなく、アルミサッシの取り付けをしたり、断熱材を入れたりと、多彩に工事をこなしていきます。断熱材を手際良く、外壁内部に隙間なく押し込んでいきます。

今回採用したのは、コストと性能の面で優れているグラスウール断熱材。建物の断熱仕様は、寒いのが苦手というお施主さんのため、フラット35断熱性能等級4(次世代省エネルギー基準の最高等級)としています。ローコストだけを目標とするのでなく、お金をかける所にはきちんと手間とお金を掛けていきます。



「燕の空家リノベーション」床下断熱工事

「燕の空家リノベーション」2階の床工事が終わり、大工さんは1階の床貼り工事に入っています。こちらの1階の床下には断熱材を施工することにしました。

床板を剥がして覗いてみると、予想通り今回も断熱材は施工されていませんでした。古い家は床下には断熱材が全く入っていないことが多く、冬場はほんとうに足下が冷えます。昔の人は、本当に強かったのだなあと、感慨深くなります。当初、敷き込んであった畳を撤去したこともあって、さすがに床下にだけは断熱材を施すことにしました。

大工さんも作業の要領が分かってきたのか、どんどんペースアップしています。このような熟練した技術が必要な作業、特殊な工具・加工道具の必要な作業は、やはりプロに頼むのがオススメです。蛇の道はヘビ、もとい、餅は餅屋といいますか。素人でも時間と手間を掛ければ出来ない事はないのですが、途中で心が折れてしまう可能性が高い。

リノベーションのポイントは、自分たちでやれるDIY作業と、プロに頼む作業を見極めていくことです。

リノベ床下断熱
リノベ床下断熱

「燕の空き部屋」セルフリノベーション断熱工事

季節は夏に近づき、日に日に暑くなってきました。晴れた日には、部屋の中は熱さでサウナ状態に。断熱材がどれくらい使われているか、確かめる為に壁に穴を空けてみると。。。なんと断熱材が入っていません。それどころか、内壁ボード1枚裏は外。暑い訳です。これでは夏の暑さだけでなく、冬の寒さも相当なものでしょう。外壁が断熱されていないということは、屋根も同様に断熱されていないことが予想されます。今回、デザインだけでなく、住居性能を上げることも目標にしていることもあり、そのまま見ない振りをして内装だけを仕上げる訳にはいきません。工事の最初は断熱工事を行なうことに決定しました。

壁や天井を全て剥がし、一から断熱材を入れることもできるのですが、解体に更に手間がかかること、解体材の処分に費用が掛かることなどを考慮し、既存の壁天井は残し、その上に断熱を施し、内装仕上げを行なうことにしました。内断熱という方法で、部屋の中にもう一重、内装を作るようなイメージです。室内の容積が少し減ってしまいますが、DIYで工事を行なうことを考えると、なるべく工事を大きくしない方法を選択しました。

壁と床にはスタイロフォームを張り付け、天井にはグラスウールを入れ込みます。まだ断熱工事が半分終わったくらいなのですが、大分涼しくなりました。断熱材の効果は絶大。何とか真夏になるまでには断熱工事を終わらせたいと思います。

リノベーション断熱工事 リノベーション断熱工事 リノベーション断熱工事