カテゴリー: 設計について

仕事環境の変化

2020年初頭から世界中へ一気に感染が広がった「covid-19」ウィルス。人との接触を避ける事で感染拡大を防ぐという対策のため、オフィスへ出勤せず、家で仕事をすることになった人も多いだろう。私の周りでは、オフィスでなくホームワークするのは、とても困難だ、という話をちらほらと耳にする。事務所を設立してから今まで、通勤無し、目が覚めたら直ぐに業務開始というような職住一体、かつ、移動先や移動中にモバイルワークをやってきた自分にとっては、世の中がリモートワークへと移行していく事は歓迎だ。

これまでの日本国内での仕事の進め方というのは、直接相手と対面し、相手の目を見て話しをし、交渉を行うという形が大半だったと思う。特に大きな企業であるほど、その傾向が強かったように感じる。私の事務所では、個人住宅が業務の大半を占めることもあり、クライアント(依頼者)は個人であることが多い。そういった傾向があるため、依頼者は当然、平日は仕事をしている事が多く、直接会う事はせず、クライアント(依頼者)とのコミュニケーションは、メールやクラウド上のデータのやり取り、時によってはスカイプ上でのミーティングがメインで、必要な時には週末や仕事終わりに、月に数回、直接会って話をする、というケースが多かった。特に依頼者が離れた所に住んでいる場合には、打合せのための移動に伴う時間的・金銭的コストはかなり大きく、そのロスを最小限に留めるために、直接会わずにコミュニケーションをとる方法を取らざるを得なかったという状況も背景にはある。

私が設計事務所を始めた2000年頃までは、まだ設計業界は、紙に定規を当ててシャープペンシルで線を引き、図面を手で描いていた。建材メーカーからカタログを取り寄せ、分厚いカタログのページをめくって必要な情報を探し出し、ページをコピーし、現場へ指示事項をファクスで送る、といった業務をしていた。それから20数年後の現在、手で図面を描くという事は完全に無くなった。(今見ることは無くなったが、以前は図面を描く製図板というモノが設計事務所には必須アイテムだった。)現在は、パソコンのモニタ上でソフトを使って図面を描き、メーカーの建材はインターネット上で探し、PDFでデータ出力、メールで送信という風に、設計業務の形は、大きく変化をした。(きっと設計業界だけでなく、他の業種でも同じように業務環境は大きな変革があったはず。今思い返せば、手で図面を描いていた、そんな時代もあったなあと懐かしく感じるが、実はそれほど昔ではないという事に驚きを感じる。)

ここに来て「covid-19」ウィルスの影響により、リモートワークが一気に社会に普及し、今までは特殊だと思われていたwebミーティングなども、大手企業間でも当たり前に行われるようになってきた。アーリーアダプターな小さな事務所でなく、大手企業が変革に乗り出したとなれば、設計業務の変化が一気に加速していくのは確実だろう。現時点で既に、クラウド上にデータをアップし、離れた場所にいる個々が、一つのデータを同時に編集作業を行い、web上でミーティングをする、という事までは実用レベルで実現している。AIシステムが更に発達し、キーボードに入力しなくとも言葉で話すだけでテキストが入力され、話した言葉は同時に他の言語にも翻訳され、自分の行動や作図業務もAIにより最適化され自動化していく、というのも数年で実現されていく事だろう。
そのようなAI自動化の時代にあって、AIにとって代わられない、設計者にしかできない業務とは何か。じっくりと、かつ、急いで考えていかなければいけない時期に来ていると思う。 (人というのは、起こったことを直ぐに忘れてしまうというの本能があるため、私自身のメモのために今の状況をブログに記録しておこうと思ったのがこの記事を書いた動機)

模型作成
スタディ模型
スケッチ検討

「住宅」に求められるものとは?

大半の設計者は、住宅の設計を進めている際、住まい手の要望を盛り込み、できる限りその要望を実現しようという事で頭がいっぱいになっていることだろう。(当然、住宅を建てようと考えている住まい手も同時に)しかし、ふと手を止め、そもそも住宅とは?住まいとは?住まい手にとって家とは?と、根本から問い直してみたことはあるだろうか。キッチンカウンターをどう作ろうか?、どんな雰囲気の空間を作ろうか?、こんな仕上げ材を使おうか?、と具体的なモノの検討をするだけでなく、時には住宅に必要なものを抽象的に考えてみてはどうか、ということだ。

例えば、「住宅」を設計してほしいと依頼された際、その「住宅」というのは一体、何を意味しているのだろう。人によっては、ぐっすりと眠れる場所であったり、食材を買って料理を作る場所であったり、仕事をする場所であったりと、十人十色、人によって求める「住宅」の意味は異なる。そこに住む人が、住宅というものをどのような意味で認識しているのか、それがイメージできなければ本当の意味での、そこに住む人にとって満足のいく住宅を設計することはできないはず。(そんな事をいったら、「住宅」の定義なんてできないように感じてしまうかもしれませんが、、、)それなら住まいを建てようとしている人に、抽象的にどんな家がほしいですか?と直接聞けばいいじゃないか、と思われるかもしれないが、そもそもそれが分からないから設計者に頼んでいるのであって、それを依頼者に問うというのは、へたをすればバカにしてるのか、と仕事を失いかねない。

住宅の他にも、世の中には多くの建物や空間がある。オフィスであったり、カフェであったり、学校であったりと。それぞれの建物には、その求められる空間の質というものがあるはず。では、住宅に求められる空間の質とは何か。他の建物には無くて、住宅にしかない質とは、何か。私が考えるに、それは「日常性」だと思う。オフィスや学校では、ある程度の緊張感があり、日々、新鮮な発見や驚きに満ち溢れているべきだろうし、カフェや飲食店では楽しくウキウキするような雰囲気、つまり「非日常性」を持つべきだろう。しかし、そのような場に長く滞在するには、それなりに気を張っていなければならない。住宅にいる時くらいは、気を緩めて無防備になれる、そんな気楽な質をもつ空間、つまり、「日常性」が求められているのではないだろうか。普段通りに朝起きて顔を洗い、朝食を食べ、本を読んだり、洗濯したり、昼寝したり。そんな当たり前の日常を快適に、楽しく過ごせる住宅。(とはいえ、気が抜けすぎていて散らかっていたり、整っていない空間などは当然、論外ではあるのだが。)

きちんとした日常性を空間に与えるためには、派手な空間演出や見栄かかり上の美しさ、高級な仕上げ材を多用するのではなく、普通のことをきちんと設計する、細部一つ一つを丁寧に考えていく事が大切だ。そのように考えて作った住宅には、けして派手ではないが、時間を掛けて使えば使うほど味わい深く、愛着のわく、美しい日常性が宿ると考えている。

岩室の家
岩室の家
岩室の家
岩室の家

「岩室の家」玄関アプローチについて

岩室の家」は、道路から少し奥まった部分に玄関があり、そこへは格子戸を開け、ちょっとした通り抜け庭からアプローチしていくことになります。玄関開けたら、いきなり道路ではなく、できる事なら道路からの引きを設けて、少し歩ける程度のスペースを確保したいものです。それだけで建物の格がずいぶん上がります。狭い敷地でなかなか余裕がないという事もあるかもしれませんが、道路から直接玄関が覗けないようにする、少し回り込んでアプローチするなど、工夫次第で対応可能なケースもあるはずです。

竣工当初、殺風景だった「岩室の家」の玄関アプローチには、今では敷石が敷かれ、下草や苔が定着し、とても落ち着いた雰囲気の空間になっています。やはり建築というものは、建物だけでは成立せず、庭や樹々などの周辺環境が存在してこそ、引き立つものなのだと改めて感じさせてくれます。予算的に建物本体の工事分だけで精一杯、という方もいるでしょうが、できれば外構工事や植栽工事に余裕を持って予算を組んでいただいた方が、掛けた金額以上に建物の見栄えが一層引き立つのは間違いありません。場合によっては庭の植栽などは、自分たちで少しづつ整備するなど、お金でなく時間を掛ければできることもあります。

実はこちらの「岩室の家」の通り抜け庭は、ネットやオークションなどで樹を購入し、施主自らが樹を植えて作った庭です。特に庭などは、一気に作るのではなく、樹々の配置バランスを見ながら、少しづつ時間を掛けて(場合によっては数年掛けて)、植え足していくのが良いかもしれません。本来、庭という自然は、一朝一夕で作るものではありませんので。

玄関アプローチ
玄関アプローチ
玄関アプローチ
玄関アプローチ