「岩室の平屋」スタディ模型完成

「岩室の平屋」スタディ模型が完成しました。太陽の光が当たる場所に、実際の方位に合わせて模型を置いて、中を覗き込みます。すると、室内にどのように陽の光が入ってくるかを疑似体験することができます。朝は、陽の光が東の窓から低い角度で差し込み、昼になると高い角度から落ちてくる光は庇で遮られ、床にバウンドした光が天井を柔らかく照らし、午後になると西へと光が移動していきます。

室内空間自体が、変形する訳ではないのですが、時間ごとや季節ごとに変化していく陽の光によって、室内空間の印象が刻々と変化していくのを感じる事ができます。窓の位置や大きさ、寸法に、少し操作を加えるだけでも多様な雰囲気の場が生まれてきます。窓一つとっても、その設ける位置には意味があるのです。その空間を生かすも、殺すも、窓次第。疎かにはできません。

模型内部写真