「岩室の平屋」地盤調査

「岩室の平屋」工事に先駆けて、地盤調査を行いました。現在では、(確実に安全な地盤であると示せる場合を除き)建築基準法で地盤調査を行うことが規定されており、建物の瑕疵担保保険上でも、地盤面が安全であるかを確かめる必要があります。地盤調査の方法には、いくつかの方法があるのですが、今回は木造住宅平屋建てと建物の荷重が少ないことから、スウェーデン式サウンディング試験を採用しました。

スウェーデン式サウンディング試験というのは、鉄のロッドに1kgの荷重を載せ、ロッドを回転させ、何回転でロッドが地盤へ刺さるかを計測し地盤の強度を算定するというものです。刺さるまでに回転数を要した方が、地盤が強固という事になります。地盤が粘土層であれば回転はスムーズに、砂利層であればじゃりじゃりと、回転ロッドから伝わってくる振動で、おおよその土質も予測できます。深さ10mくらいまでの地盤調査を行う事が可能で、建物の荷重が浅い地層までしか伝わらない、比較的軽量な建物の地盤調査に採用されています。

参考までに、地盤調査の方法として採用されているのは、スウェーデン式サウンディング試験、平板載荷試験、ボーリング標準貫入試験、が主になります。後に書いた方が大掛かりな試験方法であり、検査費用が割高となります。

今回の計画地は川に隣接しているため、自然堤防であることが予想され、良好な地盤だろうと思っていたのですが、、、、試験の状況を見た所、そこまでは良い地盤とは言えない状況でした。試験結果を踏まえ、どのような地盤改良を行っていくか検討をしていきたいと思います。

スウェーデン式サウンディング試験