「岩室の平屋」建物解体時のお仏壇の扱いについて

解体しようと思っている建物にお仏壇がある場合、皆さんはどうされているでしょうか。当然、解体前に仏壇に「魂抜き(たましいぬき)」の法要(ほうよう)をしておく必要があります。

ご本尊がいらしたお仏壇ですので、当然のことながら、何もせずそのままゴミとして処分してしまうことはできません。処分前には、お坊さんにお経を読んでもらい、お仏壇に宿っている魂を抜いてもらう必要があります。その法要の事を「魂抜き(たましいぬき)」、「お性根抜き(おしょうねぬき)」、「閉眼供養(へいがんくよう)」といいます。(詳しくは、お付き合いのあるお寺さまに相談してみるのが良いと思います。)

供養を終えた仏壇は、建物の解体時に解体屋さんにまとめて処分してもらって構いません。近年、仏壇を置くという家は少なくなりました。置くとしても、昔ながらの大きな仏壇でなく、比較的小さな置き家具のようなお仏壇を置く方も増えてきました。お仏壇の大きい、小さいは関係なく、ご先祖さまに感謝する気持ちを忘れない事は大切だと思います。

仏壇処分