「鵠沼の家」タイル仕上げの浴室

写真は「鵠沼の家」の浴室です。窓から差し込む光がまぶしいくらい、明るく開放的な浴室となっています。正面に見えるのは屋上デッキテラス。大開口サッシ全開にして浴槽に浸かれば、まるで露天風呂に入っているような気分になれます。天気の良い日なら、風呂上りにそのままデッキへ出て、ビールをプシュッ!、なんて最高です。

こちらの建物の構造は、木造です。木造だと、浴室の選択肢はユニットバスだけと思われている方がいるかもしれませんが、防水下地処理をしっかりと行えば、どんな仕上げ材を使う事も可能です。こちらの浴室には、FRP防水を行った上で、床と壁にタイルを張り付けています。また、足裏がヒヤッとしないよう、足触りの良いリクシルのサーモタイルを採用しています。

夜に月を見ながら入浴するも良し、明るい時間に本を読みながら入浴するも良し、色々な形のリラックス時間を愉しめる浴室としました。

木造浴室タイル張り