カルロ・スカルパ設計「カステル・ヴェッキオ博物館」を訪れて

1958-64年カルロ・スカルパ設計「カステル・ヴェッキオ博物館」。イタリア語でカステルとは「城」、ヴェッキオは「古い」、つまり「古城」を意味します。その名の通り、14世紀に建てられた城塞を改修し、博物館へ転用(コンバージョン)した、建築の世界で最も有名で、かつ、優れた改修事例として知られています。

アーチ形状や石積みなどの城塞の既存の古典的なデザインに対して、鉄、コンクリート、ガラス、木などの素材を用いた現代的なデザイン要素を加えていくことで、新しくも懐かしい独特の雰囲気を作り出しています。設計者カルロ・スカルパによって、各所に挿入された新たなデザインは、とてもシャープで現代的、古典的な部分とは対照的に見えます。しかし何故か、その相反する新旧要素は、混ざり合い、馴染み合い、せめぎ合い、まるで以前からそうであったかのように自然な融合を実現しています。古典的部分と新たに加えられた部分は、完全に対比を成していながらも調和し、また、調和しながらも、互いを引き立て合い、組み合わされたことで更なる価値を生み出しているようです。

スカルパは、この建物の改修設計を少しづつ、10年以上に渡って行ったようです。何か新たな要素を加えることによって、既存部分と融合して空間に変化が起こる。その変化を読み取った上で、更に新たな要素を加える。そのような新陳代謝を繰り返すような方法で設計が行われた事で、このような調和が生まれたのではないでしょうか。既存の城塞も、一度に建設したものではなく、時代と共に何世紀も掛けて少しづつ、ある部分を壊しては、ある部分を加えるというような方法で建設されてきたのでしょう。何世紀にも渡る時間の流れの延長線上に今があることを読み取った上で、昔ながらの価値観を尊重し、新たな要素を加わえ、解釈し直していく。まるで、古典建築に対して返歌するように。そのように考えてスカルパは、設計をしていったのかもしれません。

Museo di Castelvecchio
住所:Corso Castelvecchio, 2, 37121 Verona VR, イタリア
開館時間:月曜13:30~19:30、火曜~日曜8:30~19:30
参考web:museo di castelvecchio

カステルヴェッキオ美術館
カステルヴェッキオ美術館

  • カステル・ヴェッキオ美術館
  • カステル・ヴェッキオ美術館
  • カステル・ヴェッキオ美術館
  • カステル・ヴェッキオ美術館
  • カステル・ヴェッキオ美術館
  • カステル・ヴェッキオ美術館
  • カステル・ヴェッキオ美術館
  • カステル・ヴェッキオ美術館
  • カステル・ヴェッキオ美術館
  • カステル・ヴェッキオ美術館
  • カステル・ヴェッキオ美術館
  • カステル・ヴェッキオ美術館
  • カステル・ヴェッキオ美術館
  • カステル・ヴェッキオ美術館
  • カステル・ヴェッキオ美術館
  • カステル・ヴェッキオ美術館
  • カステル・ヴェッキオ美術館
  • カステル・ヴェッキオ美術館
  • カステル・ヴェッキオ美術館
  • カステル・ヴェッキオ美術館
  • カステル・ヴェッキオ美術館
  • カステル・ヴェッキオ美術館
  • カステル・ヴェッキオ美術館
  • カステル・ヴェッキオ美術館
  • カステル・ヴェッキオ美術館