「長岡希望が丘の平屋」新潟で必ず求められる部屋

新潟で住宅を設計する際、LDK、寝室、浴室などの主要な部屋の他に、必ずといってよい程、住まい手から要望される部屋があります。それは何かというと、洗濯物を干すための「物干し部屋」です。新潟で、と敢えて書きましたが、その他の地域では絶対条件ではないのに、新潟では他のスペースを多少削ったとしても実現したい、上位ランキングの要望という印象があります。

新潟の気候といえば、冬には、湿った雪が多くじめじめ、夏には、平野に田んぼが多いためかこれまたじめじめ、と普段の生活の中で、洗濯物が乾きにくい事を実感しているからなのかもしれません。

コンパクトな住宅の中に、物干し場の面積を捻出するのは、なかなか大変な事です。「長岡希望が丘の平屋」では、脱衣室を少し広めに設け、その一部を物干しスペースとしています。洗濯物を乾かすため、部屋の2面には通気用の窓を設けて、風の通り道を作っています。

物干しパイプの直ぐ下には、この場所で全ての家事作業が片付くよう、洗濯機置き場とマルチシンク、そして乾いた洗濯物をたたむためのカウンターと収納棚。様々な家事機能をこの場所に集約しました。

物干スペース
物干スペース