国場幸房設計「ホテル ムーンビーチ」を訪れて

沖縄本島の恩納村のムーンビーチを取り囲むように建つ「ホテル ムーンビーチ」。沖縄復帰直後の昭和50年(1975)に竣工したホテルは、地元沖縄の建築家、国場幸房によって設計されたリゾートホテルである。

エントランスロビーとレストランを中心に配置し、そこを中心に南北方向へと伸びる2棟の客室棟が美しいムーンビーチをややくびれて取り囲む構成となっている。客室棟の中央部には、全ての階層を上下に貫く吹き抜けが位置し、吹き抜けの上部からは沖縄の強い光と南国の緑が降り注いでいる。その吹き抜けの最上部には屋根は無く、廊下も含めて屋外空間となっている。とてもおおらかでダイナミック空間構成、内部・外部が交互に、かつ、等価に組み合わされた空間構成、それがこの建物の特徴となっている。

ついつい、設計者という職業柄気になってしまうのだが、こちらのホテル、客室エリアの割に、共用部の床面積の割合が非常に多い。ホテルであれば、宿泊費という売り上げ利益を稼ぎだす部分は、客室である。宿泊施設という経営面から考えれば、共用部分を減らしてでも、客室を増やそうと考えがちである。
リゾートホテルというのは、ビジネスホテルなどと異なり、長期で滞在するというパターンが多いのだろう、ゆえに、ある程度の長い期間をその場で過ごすことが想定される。直接的に宿泊費を稼ぎださない部分に、これだけの空間、つまり、建設予算を割くことによって、このホテル内で過ごす時間が豊かになり、他のホテルにはない独創的な滞在価値が生み出されている、と言っても過言ではないだろう。

武骨な作りの連続していく手摺、軽快な床の表現、吹き抜ける潮風、窓外に見える青い海、色々な空間要素が重なり、ホテル滞在中、まるでクルーズ客船に乗船しているような気分であった。設計者が何をイメージしてこの建物を設計をしていたのかは、今では想像するしか手はないのではあるが、このホテルを設計するにあたって、設計者は国外へ視察旅行へ出かけたという話がある。その旅の途中でクルーズ船に乗船し、そのイメージが頭の中にあったのではないかと、勝手に妄想などしてみる。

ホテルムーンビーチ

  • moonbeach_hotel
  • moonbeach_hotel
  • moonbeach_hotel
  • moonbeach_hotel
  • moonbeach_hotel
  • moonbeach_hotel
  • moonbeach_hotel
  • moonbeach_hotel
  • moonbeach_hotel
  • moonbeach_hotel