「燕の空き家リノベーション」造作キッチンカウンター

「燕の空き家リノベーション」大工工事で作ったキッチンカウンター、その後の利用レポートです。竣工後、しばらくして写真を撮らせてもらいました。

写真を見ればわかる通り、とても良い雰囲気が出ています。この古い家にとても合っていて、まるで前からそこにあったかのような佇まいです。この感じは既製品のシステムキッチンには出せません。(といっても既製品システムキッチンがこのテイストを狙うとは思えませんが。。。)

この雰囲気は、カウンター上に並んだカトラリーのセレクトとお住まいの方のセンスから来るものだとは思います。シンプルさを極めていった先に、たどり着いた用の美しさ、とでも言えばよいのか。食器類を隠すのではなく、美しく見せる、収納の美。足すのではなく、引く。飾り立てるのではなく、そのまま見せる。その先に美しさが宿っているのを感じました。

造作キッチン
造作キッチン
造作キッチン
造作キッチン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です