「燕のガレージリノベーション」断熱内壁工事

「燕のガレージリノベーション」現在、大工工事が進んでいます。もともとの建物が車庫(倉庫)でしたので、壁や天井には断熱材が一切入っていませんでした。このまま仕上げをして見た目だけがきれいになっても、夏熱く冬寒いのでは、快適に過ごすことは不可能です。ですので、先ずは部屋をぐるりと囲うように断熱工事をしていきます。

通常の建物ですと、壁の内部に断熱材を入れてあるのですが、リノベーションに当たって、内壁全てを一度解体して、断熱材を入れ、再び内壁を仕上げていては、解体費の分、割高になってしまいます。そこで今ある壁を解体せずそのまま残し、その壁の内側に新たに壁を新設し、断熱材を入れるという方法を採用しました。魔法瓶のように内側で更に断熱するイメージというと分かりやすいかもしれません。

また、この方法を採用したもう一つの理由は、既存建物の精度でした。既存の建物はすでに傷みが進んでおり、壁や床がすでに水平、垂直ではないという状況でした。新たに設置する壁であれば、正しく水平垂直を出せるという事。かつ、内側に壁を建てることで構造的な補強にもあり、耐震性も上がるという事にも期待しました。 とうことで、まずは外壁に沿って内壁を設置中です。この下地の内側に断熱材を入れ込んでいきます。

内壁断熱工事
内壁断熱工事