「上越高田の家」大工工事進行中

「上越高田の家」年末の建て方作業から年末年始の休暇を経て、現場の作業が再開しました。柱と梁の骨組みだけだった建物に屋根下地材と外壁下地材が貼られ、室内空間の骨格が見えてきました。

敷地に対して建物の角度を振り、ダイニングの正面に遠くの山々やお堀の橋などの景色を望めるよう、意識しました。景色の良い敷地の特性を積極的に活かす設計としています。

人の意識というものは、壁で囲われ視線が絞られることで、その切り取られた景色へとより意識がいくようなります。大きな開口部でフレーミングされた視線の先には、どのような景色が見えるのか、今から楽しみです。

外装大工工事
外装大工工事
外装大工工事
外装大工工事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です