「新潟青山の家」柱梁が建ち上がりました

「新潟青山の家」柱梁が建ち上がりました。図面や模型で頭の中でイメージしていた空間が建ち上がってくるのは、何度体験してもわくわくするものです。当然、イメージしていた空間と現実の空間がズレていないか、という緊張感もありますが。

組み上がった室内を歩き、空間の雰囲気を身体で感じ取っていきます。室内への陽の入りはどうか、窓からの景色は予想通りか、などなど。感じ取った情報を元に、変更しなければならない箇所は無いか、などイメージを更に膨らませていきます。現場で変更するなんて、と現場の人には思われそうですが、より良い空間が出来るのであれば、少しくらい手間を惜しんではいけません。(もの作りに関わる者であるならば!)

来週からは、もう12月。そろそろ雪の予報が出てきていますが。何とか外壁回りの工事だけでも急ピッチで進めていきたいと思います。竣工は来年の春。暖かくなる頃には完成していることを期待しつつ。

柱梁組
柱梁組
柱梁組

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です