標準化住宅プロジェクト「ベーシックハウス」DIY工事

標準化住宅プロジェクト「ベーシックハウス」本日は、外壁へ貼る杉板のDIY塗装を行いました。職人さんたちに全てを任せるのではなく、出来ることは自分たちでやる。DIYを行うメリットは、コストを落とすことが出来ると同時に、自分たちで住む家を自分たちで作り込む楽しさを体験できることだと思います。

今回、塗料として選定したのは、材木に塗り込むことで中まで浸透し、木の腐食を止めるという木材用塗料です。水で溶いて使えるため、とても塗りやすく、始めての人でも簡単に塗れます。DIYの材料選びで最も大切なことは、誰でも簡単に!出来るということです。

外壁に貼る前の板材を、倉庫に平置きして、一枚一枚、裏表共にローラーと刷毛で塗り込んでいきます。板に塗り込み、暫くすると表面がみるみるグレーへと変色し、アンティークの様な落ち着いた表情へと変わっていきます。塗り残し対策で2度塗り作業を行い、約6時間で作業完了。今回、塗装した外壁面は40㎡。約一日作業ですので、やる気さえあれば素人でも何とかなります。もし私もやってみたい、という方がいたら、手を挙げてください。材料の選定から、塗り方のコツなど、アドバイスいたします。

杉板DIY塗装
杉板DIY塗装
杉板DIY塗装

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です