標準化住宅プロジェクト「ベーシックハウス」上棟から約1ヶ月

標準化住宅プロジェクト「ベーシックハウス」、上棟から約1ヶ月が経ちました。柱と梁だけだった建物も外壁下地ボードが貼られ、アルミサッシも取りつき、建物らしくなってきました。柱梁が仕上材で隠れてしまう前のこの段階で、金物の取付け状況をチェックしていきます。現場では内装下地大工工事と設備配管工事、電気配線工事などが進んでいました。

屋根を支える垂木材や壁下地となる間柱材が、規律正しく均等に間隔で並んでいるのを見ると、美しいと感じるのは何故なのでしょうか。格子やルーバーなどもそうですが、規律ただしいリズムが、何か心に訴えかけてくるような気がします。今回は垂木材・間柱材、共に仕上材で隠してしまいますが機会があれば、連続したこの材を積極的に見せるような空間を作ってみたいと思います。

大工内装工事
大工内装工事
大工内装工事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です