「千葉花園町の平屋」棟上げ完了

「千葉花園町の平屋」朝から始まった建て方作業。夕方には、無事に棟上げが完了しました。

大体皆さん、基礎の段階で現れた部屋の大きさ(間取り)を見ると「えっ!こんなに狭かったっけ?」と感じる事が多いようです。ただ、そう感じていたとしても、柱や梁が組み上がって3次元の空間が立ち上がってくると、広く感じてほっとされる方が多いようです。どうやら人間の知覚は、3次元よりも2次元の方が小さく感じる、ということがあるようです。

何も無かった場所に、一日で建物が組み上がっていくのを見るのは、いつ見ても感動的です。いつも見ている設計の私でさえ感動するのですから、きっとお施主さんはもっと感動を覚えるのだと思います。まずは無事に上棟して、ほっと一息。といっても、気は抜けません。設計者としては、既に内装仕上げや納まりが気になってきています。

木造建て方作業
木造建て方作業
木造建て方作業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です