「上越高田の家」平面スタディ

「上越高田の家」施主さんとの打合せ内容を元に、平面案を練り直しています。一つの案だけでは、その案が本当に、施主さんの生活イメージに合った空間となっているかは分かりません。そこで前回の提案とは異なる方向性で改めて平面案をスタディしています。

前回の案で良かった部分を活かし、更に施主さんの要望も盛り込み、新たな案を練っていきます。敷地図の上にトレーシングペーパー(半透明の紙)を重ね、ペンで書き込み、考え、消し込み、更に書き加え、考えと、何度も何度も納得いく案が出てくるまで、根気よくペンを走らせます。

ペンを走らせていくとある時に、あっという面白い案に辿り着きます。アイディアスタディする際は、手をひたすら動かす思考方法が、私には合っています。

平面スタディ 平面スタディ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です