標準化住宅プロジェクト「ベーシックハウス」設計スタート

昨年再始動した、標準化住宅プロジェクト「ベーシックハウス」の設計がスタートしました。「ベーシックハウス」プロジェクトは、構造部材や仕様などの設計仕様の標準化を計り、かつ、施工を合理化することで、住宅としての質を保ちながら建設コストを抑えるという目標で考えられた標準化住宅プロジェクトです。デザイン性や断熱性などの仕様を落とす事無く、延べ床面積32坪、設計料+建築工事費+消費税込み=1500万円(坪単価にして、46万円/坪)という価格を実現しています。

今回のプロジェクトの計画地は新潟市内。土地探しからスタートしています。まずは、不動産情報の中から目当ての土地を探し、敷地形状を考慮しながら、建物の配置をスタディ中。新潟ですので、車の駐車スペースが当然、必要。しかも1人1台。敷地面積131.42㎡(39.75坪)。そこに建坪(建築面積)56.31㎡ ( 17.03坪)の建物を建て、最大3台の駐車スペースを確保します。配置スタディをした上で、土地を購入するかどうか、を施主さんは検討していきます。建てる建物のイメージがはっきりした上で土地購入できるというのは大きなメリットです。

敷地40坪でも、建物をバランスよく配置すれば、駐車スペースはちゃんと確保出来ます。この広さでは無理かな?と、判断する前に、設計者に相談してみるのが良いかもしれません。

標準化住宅模型
標準化住宅模型
標準化住宅模型

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です