「上越高田の家」平面スタディ

「上越高田の家」現在、先日作成した周辺模型を眺めながら平面をスタディ中です。最近は図面をパソコン上で(つまり、図面作成ソフト=CADで)書く事が多いのですが、最初の段階だけは、敷地図の上にフリーハンドで描き始めます。

なぜかと言えばその方が、基準線や敷地形状に縛られず、自由に線を走らせることができるからです。パソコン上で平面を描いていると規則的な形状が生まれ、手で平面を描いていると、くねくねと自由な線の動きが現れてくるような気がします。作り出す道具(ペン、又はパソコン)が、その形を決めていく、そんな感じ。

あまり深く考えすぎず、先ずは何案も何案も、手の動きに任せ、平面をスタディしていきます。手を動かすことで、頭の中がクリアになってくるまで。すると次第に手の動きと頭の中が直結していきます。しっくりくる案に至るまで、繰り返し、繰り返し、スタディを続けていきます。

平面スタディ 平面スタディ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です