「上越高田の家」周辺建物のスタイロ模型作り

「上越高田の家」敷地周辺の模型を作製しています。まず最初に敷地の形状をボードから切り出し、続いて現地調査した写真を元に周辺に建つ建物の形をスタイロフォームから切り出していきます。周辺建物を一つ一つ、屋根形状や高さを現実の建物に合わせながら、切り出します。

スタイロフォームの切り出しには、スタイロカッターという道具を使います。ニクロム線に電流を通し、熱を発生させ、線状にカットしていくものです。原始的な構造ですが、使い方次第で複雑な形状も切り出す事が出来ます。

切り出しが終われば、後は敷地に並べていくだけです。

スタイロカッター スタイロカッター スタイロカッター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です