「与板の平屋」内装下地工事進行中

「与板の平屋」現在、内装工事が進行中です。間仕切り壁下地材、屋根下地材が取り付き、各部屋の構成や雰囲気などがおぼろげながら見えてきました。最初は仕切りも無くがらーーーんとした空間だったのが、少しずつ住宅らしさが現れてきています。

まずは、天井を仕上げ、その後に床、最後に壁を仕上げていきます。一般的には、天井と壁の取り合いの部分には廻り縁、床と壁の取り合い部分には幅木という見切り材を取り付けるのですが、今回、納まりをシャープに見せるため天井と壁、床と壁が直接取合うような納まりを採用しています。

このような納まりとする場合、施工順がとても大切です。順番を間違えると予想以上に施工手間が掛かってしまいますので。何事も段取りが大事ですね。

内装工事
内装工事
内装工事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です