ルイス・I・カーン設計「フィリップ・エクセター・アカデミー図書館」を訪れて

ボストン市街から列車に乗って約1時間、エクセター(Exeter)駅近くの「フィリップ・エクセター・アカデミー図書館(phillips exeter academy library)」へ行って来ました。こちらの図書館はエクセター・アカデミー(高校)のキャンパスに建つ付属図書館です。青々とした芝生と緑の樹々が眩しい広々としたキャンパスの中、赤茶色のレンガに覆われた四角い建物が見えてきます。外観の特徴といえば、規則正しく連続する窓と煉瓦張りの柱梁。素っ気ないほど端正な表情をしています。モダンな建物というよりは、古典的な(古風な)雰囲気を漂わせています。

こちらの建物の一番の見所といえば、建物中央に配置された屋根まで繋がる大吹き抜け空間です。吹き抜け空間の4周の壁には正円の開口が設けられており、吹き抜けの上部には全ての階の書架を望むことができます。上部ハイサイド窓から差し込む光は、十字形の梁にぶつかり、拡散して吹き抜け下部へと落ちていきます。ぐるり一周、どこの方向を見ても本棚。この場所にいると、本に囲われていることを感じる事ができます。

カーンの建物を見て感じるのは、ストイックなまでに仕上げ材が制限されているということです。レンガ、コンクリート、木、トラバーチン(石)、ガラス、アルミ。外装も内装も、それだけで全て仕上げられています。また、閲覧テーブルやカウンターなどの人が留まる場所には、レンガ、木、トラバーチンなどの柔らかな素材を、吹き抜けやホールなどの象徴的な場所には、コンクリートやガラスなどの硬質な素材を意識的に使い分けているようです。素材の使い分けによって、ヒューマンスケールの居心地の良い場所と、ヒューマンスケールを越えた超越的な場所を作り出されています。

また建物の大きさの割に、とても細かな作り込みが配慮してある点がても好感が持てました。閲覧テーブル脇の窓には、外光を調整できるよう引き戸が設けてあったり、荷物を置く収納が設けてあったり、ゴミ箱収納がきちんと綺麗に納めてあったり。使う人にとって、とても親切な工夫がそこかしこに読み取れます。本を読んで理解していたルイス・カーンの空間は、論理的で硬いという印象を持っていたのですが、実際に作られた建物を見ると、決して論理的でお硬い訳ではなく、むしろ使う人に寄り添った人間的な建物であるという風に感じました。

phillips exeter academy library
住所:2-36 Abbot Hall, Exeter, NH 03833 アメリカ合衆国
開館時間:Monday – Friday 8:00 – 4:00(その他の休館日はwebで確認ください)
受付カウンターで芳名帳に記名すれば見学が可能です。

phillips exeter academy library
phillips exeter academy library
phillips exeter academy library
phillips exeter academy libraryphillips exeter academy library
phillips exeter academy library
phillips exeter academy library
phillips exeter academy library

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です