「燕の空家リノベーション」DIY壁塗り工事

「燕の空家リノベーション」いよいよ壁塗りDIY工事に入ります。つるっとした平滑な壁に仕上げるのは、やはり熟練の職人技が必要になってきますが、今回はできるだけラフな表情で仕上げることが目標でしたので、壁塗りは施主さんを交えた素人部隊で行いました。仕上げ材は、しっくい塗装。砂壁の上に直にコテで塗りつけていきます。

最初から厚く塗るのではなく、まずは下地をつくる要領で薄く塗るのがコツです。一発で仕上げようとせずに、一度目はムラや塗り残しなど気にせず、全体を塗ってしまいます。続いて下塗りがきちんと乾いた後に、今度は仕上げ塗りを行って仕上げていきます。

ベージュ色だった壁が白く塗られると光が反射し、室内が明るく、そして広くなったように感じられます。家一軒、さすがに一日では塗装工事は終わりません。音楽でも聴きながら、こつこつと根気よく作業するのが良いかもしれません。

しっくい塗りDIY
しっくい塗りDIY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です