「燕の空家リノベーション」床下断熱工事

「燕の空家リノベーション」2階の床工事が終わり、大工さんは1階の床貼り工事に入っています。こちらの1階の床下には断熱材を施工することにしました。

床板を剥がして覗いてみると、予想通り今回も断熱材は施工されていませんでした。古い家は床下には断熱材が全く入っていないことが多く、冬場はほんとうに足下が冷えます。昔の人は、本当に強かったのだなあと、感慨深くなります。当初、敷き込んであった畳を撤去したこともあって、さすがに床下にだけは断熱材を施すことにしました。

大工さんも作業の要領が分かってきたのか、どんどんペースアップしています。このような熟練した技術が必要な作業、特殊な工具・加工道具の必要な作業は、やはりプロに頼むのがオススメです。蛇の道はヘビ、もとい、餅は餅屋といいますか。素人でも時間と手間を掛ければ出来ない事はないのですが、途中で心が折れてしまう可能性が高い。

リノベーションのポイントは、自分たちでやれるDIY作業と、プロに頼む作業を見極めていくことです。

リノベ床下断熱
リノベ床下断熱

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です