「ベーシックハウス」隣地の緑を取り込む開口部

「ベーシックハウス」開口部にアルミサッシが取り付けられました。室内に立ってみると、窓の外には緑の樹々が目に入ってきます。窓の外に見えている緑は、どの緑も自分の敷地の外。近隣の緑を取り込んだ、いわゆる借景です。

前回も書きましたが、建築というのは外部環境を選別し、不必要なものは遮断し、必要なものは内部へ取り込むという機能を持っています。今回の計画地は、敷地の奥に防砂林、前面道路を挟んで公園に面する場所に位置していました。奥側にも、前面にも、緑の樹々が印象に残る敷地でした。今回、建物をプランニングするにあたり、この緑を積極的に借景として内部へ取り入れようと考えました。

敷地の状況を考慮して、窓の向きや高さ、大きさなどに気をつけて配置しています。室内から見るとどの向きを向いても、緑の樹々が目に入ってきます。今回の住宅は、ローコストを実現するため、床面積を抑えた決して大きな住宅ではありません。このような小さな住宅でも、外部へ視線を繋げることで、広がりを感じる室内空間を実現することができるのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です