「燕の空家リノベーション」工事がスタートしました

「燕の空家リノベーション」いよいよ工事がスタートしました。まずは畳を剥がした2階の部屋に床を貼っていきます。

今回は畳の厚さ分、下地材で床上げして床仕上げを行います。大工さんは調整材を入れて床下地を平らに調整していくのですが、既存の床がフラットでないため、なかなか難航しているようです。

新築と違ってリノベーション工事は、既存の状況に合わせながら作っていく必要があります。壁や床が斜めだったり、壁が直角に交わっていなかったり。やはりそれなりに腕のある職人さんでないと対処出来ないというのが悩ましい所です。

床下地調整
床下地調整
床下地調整

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です