「与板の平屋」建て方作業

「与板の平屋」ここの所、新潟県内でも集中豪雨があったりと、天気が優れない日が続いていました。予定していた建て方作業日は、雨の影響で遅れていました。梅雨の時期に建て方を行うのは、本当にタイミングが難しく、思うようにはいきません。晴れの合間を縫って本日、建て方作業が行われました。

基礎の上に敷き込んだ土台の上に、クレーンを使って、柱を立て、その更に上に梁、垂木を組み上げていきます。柱・梁接合部は既に彫り込み加工がしてあるので、順序よく組み上げていけば良いはずなのですが、そう簡単にはいきません。柱に傾きや梁に捩れがあると、接合部が上手く嵌まっていかないのです。そこで大工さんは、水平器を使って柱や梁を計測し、まっすぐになるよう何度も補正しながら、組み上げていきます。こちらをきつく締めすぎると、あちらが緩んでしまったりするため、全体のバランスも見ながら、正確に組み上げていく必要があります。

昼すぎには、梁が全て組み上がりました。午後には屋根垂木を組み、夕方までには屋根の下地板まで張ってしまいたい所です。まずは一服。昼休憩を挟んで、午後も気が抜けません。

木造建て方作業
木造建て方作業
木造建て方作業
木造建て方作業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です