「燕の空家リノベーション」現況調査

「燕の空家」をリノベーションします。敷地に建つのは、築50年の2階建て木造家屋。築年数から考えれば、建物としての価値は0。いや、ゼロというよりも、既存家屋の解体費用がかかる分、マイナス評価でした。土地の値段200万円。解体費—100万円。土地+建物の購入費用は、200万−100万=100万円。中古車を買うくらいの値段です。地方都市の土地の値段も、いよいよここまで来たか、という感じです。

地方都市では今後、高齢化と人口減少に伴い、同様の空家が増えていくことが予想されます。今は住んでいない家を壊すにも解体費が掛かってしまう。かといって、解体して土地を売っても、土地売却費が解体費と相殺して、手元に残るお金はほとんど残らない、そんなことが起こり始めています。もはや不動産とは呼べない、負動産が世の中に増えつつあります。

こちらの建物を購入したのは最近、燕市に移住した若い方でした。賃貸アパートに住んでも、毎月7万円程度の家賃が掛かります。例えば2年間住めば7万円×24ヶ月=168万円の家賃。仲介手数料や礼金などを考えれば200万円程度がかかります。が、賃貸は家賃を支払った所でそのアパートが資産として手元に残る訳ではありません。

そこで考えたのは、同じお金を支払うのであれば、中古家屋を購入し、リノベーションして資産にしようということでした。土地+家屋を100万円で購入し、100万円掛けてリノベーションすれば、2年間賃貸アパートに住むお金で、土地という資産を手に入れることができる。仮に2年間住んだ後、建物を解体して更地にして土地を売れば、少なくとも100万円は手元に残る、という計算になります。

という訳で、こちらの古い家屋を100万円掛けてリノベーションするプロジェクトがスタートしました。家屋の価値を考えればそんなに多くの工事費を掛ける訳にはいきません。最小限の予算で、最大限の効果を得る。それが今回のリノベーションの目標です。

リノベーション前現況
リノベーション前現況
リノベーション前現況
リノベーション前現況</a
リノベーション前現況

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です