「吉田の家リノベーション」製作キッチンカウンター

「吉田の家リノベーション」のキッチンカウンター。以前にも書きましたが、こちらのキッチンは、長さ5mもある、とても存在感のあるキッチンカウンターです。 カウンターは壁付けとして完全にオープン、LDK空間の中に、堂々と存在しています。

カウンタートップには、厚さ2ミリの重厚なステンレス板。扉面材には、敢えて無骨なラーチ合板をセレクト。キッチン周りの壁にはグレーのフレキシブルボード。どの仕上げも、上品に仕上げるのではく、出来る限り素材のまま使用することを心がけました。素材同士のラフなトーンがちょうどバランスして、ざっくりとした独特の雰囲気を作り上げています。

このような、ぶっきらぼうで素っ気ない感じだと、がしがしと気兼ねせず料理ができて良さそうです。といっても、そのラフさの裏には、細かな気遣いや納まりがあったりして。いやらしく、作り込みすぎないよう、通常のデザインとは別の意味でとても気を使う必要があります。

製作キッチン
製作キッチン
製作キッチン