「立川の3世帯住宅」造作家具工事

「立川の3世帯住宅」大工工事も、いよいよ最終段階に入ってきました。現在、各部屋の棚板やカウンターなどの造作工事が進んでいます。ちょっとした所に棚板やカウンターがあると、とても便利ですよね。まさにかゆい所に手が届くといいますか。

入居した後に気に入った家具を購入して設置するのも良いのですが、ちょうど良い寸法のものがなかったり、事前にコンセントなどの電気配線計画をしたおいた方がよかったり、強度上、工事途中で取り付けをしておいた方が良かったり、といった場合には、こまごまとした造作工事を大工さんに造作工事として現場で製作してもらいます。

寝室内のデスクカウンターや個室の本棚、リビングのテレビボードなど。別で家具を購入するとなると、建設費とは更に購入予算が掛かってしまいますし、それならいっそ、大工さんにお願いして作ってもらった方が、寸法もぴったり、自分の欲しい所に適切に、かつ割安で手に入れられます。

ただ、ここでのポイントは、大工工事で製作できる範囲で、ということ。大工さんでは製作できない複雑な形状・納まりのものは、家具工事となり特注家具製作となって高額ですので、注意が必要。あくまでシンプルな作りのものに限ります。設計段階で、どのような形状であれば家具工事でなく大工さんの技術で製作が可能か、などを踏まえながら、図面を製作しているのです。

造作家具工事 造作家具工事 造作家具工事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です