「立川の3世帯住宅」室内への光の取り入れ方

「立川の3世帯住宅」内装工事が着々と進行中です。こちらの家は、南側で道路に接しているため、光を取り込もうと単純に南側に窓を設けると、前面道路から室内が丸見えになってしまします。いくら室内が明るいといっても、外から丸見えでは落ち着きませんよね。「立川の3世帯住宅」では、様々な工夫を加えながら、外からの光を取り込んでいます。

1階には吹き抜けを設け、吹き抜けの上部に高窓(ハイサイドライト)を設け、そこから光を取り入れています。上部から差し込む光は、壁に反射しながら下へと落ち、柔らかく室内を照らします。高い位置に設けた窓ですので、前面道路からの視線が気になりません。

2階には、隣家からの視線を遮る壁をぐるりと回したプライベートな中庭(プライベートコート)を設け、その中庭から光を取り込んでいます。斜め方向からシャープに差し込む光は、かちっとした硬質な照度で室内を照らします。

上から、斜めから、下から、反射させて、直接に、などなど光の取り入れ方一つで、空間の雰囲気が変わることが分かるかと思います。まったく同じ間取りでも、光の取り入れ方一つで、だいぶ異なる印象の空間が出来上がります。しかも太陽の光というのは、時間と共に、季節と共に、刻々と角度や強さを変えていきます。太陽の光は、変化しない建築空間に、変化を与える重要な要素です。積極的に取り入れることで、多様な場が出現します。

立川の3世帯住宅 立川の3世帯住宅 立川の3世帯住宅 立川の3世帯住宅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です