「吉田の家リノベーション」納まりスケッチ

「吉田の家リノベーション」現在、内装工事が着々と進んでいます。工事が始まる前に設計図面は描いてあるのですが、リノベーション(リフォーム)工事では、実際に工事が始まってみなければ納まりが分からない部分も多く、その都度、現場で大工さんと打合せをしながら進めていく必要があります。思い通りに行かないのが新築とは異なる部分。

現場でじっと目を凝らし、上手く納まらない部分を素早く見つけ、その場でささっと納まりスケッチを描いて、大工さんと打合せをしていきます。何かが起これば、直ぐに検討し、方向性を決める。これが現場をスムーズに進めていく秘訣。現場はライブだなと、感じる瞬間です。

その場で検討して決めたスケッチは、いつでも目を通せるよう、壁に張り付けておきます。図面よりもスケッチで描く方が大工さんはイメージがし易いようですね。個人的には、太めのマジックでスケッチを描くのが好みです。

納まりスケッチ 納まりスケッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です