「吉田の家リノベーション」インスタレーション?

「吉田の家リノベーション」写真では、インスタレーションのようになっていますが、天井張りの作業中です。石膏ボードを貼った上に、接着剤とフィニッシュ釘でラワン合板を張り付けています。何本も立っている棒は、接着剤が乾くまで支えるつっかえ棒です。

以前の天井には、凸凹があり、天井に影ができることで、折角の天井高を高く感じませんでした。今回の工事で、天井の凸凹の下がりを取り外し、フラットな天井としました。実際には天井高さは低くなったのですが、広がりが出ることで、以前よりも天井高さが高くなったように感じます。錯覚なんですが。。。

また、天井をフラットにすることで、光が室内奥にまで廻るという利点もあります。窓付近だけが明るく、部屋の奥が暗いなんて場合には、天井をフラットにし、明るめに仕上げる方法は、とても効果的です。

吉田インスタレーション 吉田の家インスタレーション 吉田の家インスタレーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です