「吉田の家リノベーション」インテリア模型の見方

「吉田の家リノベーション」インテリア(内装)模型が完成しました。この模型、どのように使うのかというと。。実際の建物の方位に合わせ、陽の当たる場所に置いて、中を覗くのです。

そうすると、窓からの陽の入り方や、床や壁に反射した明かりがどのくらい室内を照らすのか、などなど、図面やCGでは分からない情報を視覚的に理解することが可能になります。光の入り込んだ室内の明るさを判断し、仕上材の色目を明るめにするか、それとも暗めにするか、窓の大きさや位置を変えるなどの、最終調整を加えていきます。

もちろん現場の中に実際に立って、最終的な判断を行なうのも欠かせませんが、現場が始まる前に事前に何を調整した方が良いか、模型によって確認しておくことで、よりよい空間を作ることが可能になります。

インテリア模型 インテリア模型 インテリア模型

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です